サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【48】/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
連載
オトメゴコロ乱読修行【48】

『失恋ショコラティエ』を読んで女たちは“第二希望”にまみれた現実を受け入れた

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1904_siturensyokoratelie_200.jpg

「愛されメイク」「愛されコーデ」という言葉がある。男ウケのいい化粧やファッションのことを指すが、その先には「いい男をつかまえたい(≒高収入のイケメンと結婚したい)」という女たちの明確な目的がある。……とネット上で多少なりとも口にすれば、多方面から執拗な反発を食らうのが2019年の日本だ。

 今や男に媚びることを基本原理とした女の「愛され」欲求は、どんな文脈でどう言及しようがアウトであり、知的・進歩的・自立的・リベラルな同性からは蔑まれ、フェミ界隈からは激しく唾を吐きかけられる。そればかりか、女性の「愛され」欲求に1mmでも肯定的な見解を示した男性は、ツイッター界隈のフェミ警察に目ざとく発見され、吊るし上げられ、晒し者にされ、もし彼がメディア関係者や著名人であれば、社会的に息の根を止められるのが関の山だ。あなおそろしや。

 しかし2010年代前半、20代女性読者の圧倒的支持をとりつけた恋愛マンガのヒロインは、そんな「愛され」至上主義の権化だった。その作品とは『失恋ショコラティエ』。第36回講談社漫画賞・少女部門受賞、2014年には石原さとみ主演でドラマ化もされている。主人公は才能豊かなチョコレート職人・小動爽太(25歳)。その片想い相手である専業主婦のサエコ(26歳)こそが、この「愛され」至上主義の権化ヒロイン、その人だ。

 サエコはたいして美人ではない。知性にあふれているわけでも、キラリと光る個性やキャリアがあるわけでもない。高価な舶来チョコが好物で、イケメン好きな、単なるミーハー。サイゾー読者系男子からすると、まあ鼻につく。

 しかしサエコはモテる。高校時代から、怪物的にモテる。ほとんど魔性の女だ。その理由は、サエコと爽太の同僚・薫子との会話にほぼ集約されているので、少し長くなるが引用しよう。『失恋ショコラティエ』という作品の真髄は、ここに凝縮されていると言っても過言ではない。

サエコ「あたし、爽太くんに、あたしのこと好きになってほしいって、本気で思います。(略)頑張ってあたしのこと一番好きになってもらおうって。それが『本気で好き』ってことですよね」

薫子「いや、それは違うでしょ!! そういうのはゲームみたいなものでしょ!? それが遊びだって言うんですよ!! 野球や将棋じゃないんだから!!」

サエコ「(略)野球や将棋だって、やる人は本気で頑張ってますよ? 一生懸命自分を磨いて鍛えて…相手の気持ちや自分にできることを考えて…」

薫子「違う違う違う!! 全然違うよ!!」

サエコ「(略)えっ、じゃあ…どういうのが『本気で好き』ってことになるんですか?」
薫子「だからたとえば!!」

 しかし薫子は言葉を継げない。「本気で好き」を定義できず、サエコに論破されてしまうのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』