サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【48】/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
連載
オトメゴコロ乱読修行【48】

『失恋ショコラティエ』を読んで女たちは“第二希望”にまみれた現実を受け入れた

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1904_siturensyokoratelie_200.jpg

「愛されメイク」「愛されコーデ」という言葉がある。男ウケのいい化粧やファッションのことを指すが、その先には「いい男をつかまえたい(≒高収入のイケメンと結婚したい)」という女たちの明確な目的がある。……とネット上で多少なりとも口にすれば、多方面から執拗な反発を食らうのが2019年の日本だ。

 今や男に媚びることを基本原理とした女の「愛され」欲求は、どんな文脈でどう言及しようがアウトであり、知的・進歩的・自立的・リベラルな同性からは蔑まれ、フェミ界隈からは激しく唾を吐きかけられる。そればかりか、女性の「愛され」欲求に1mmでも肯定的な見解を示した男性は、ツイッター界隈のフェミ警察に目ざとく発見され、吊るし上げられ、晒し者にされ、もし彼がメディア関係者や著名人であれば、社会的に息の根を止められるのが関の山だ。あなおそろしや。

 しかし2010年代前半、20代女性読者の圧倒的支持をとりつけた恋愛マンガのヒロインは、そんな「愛され」至上主義の権化だった。その作品とは『失恋ショコラティエ』。第36回講談社漫画賞・少女部門受賞、2014年には石原さとみ主演でドラマ化もされている。主人公は才能豊かなチョコレート職人・小動爽太(25歳)。その片想い相手である専業主婦のサエコ(26歳)こそが、この「愛され」至上主義の権化ヒロイン、その人だ。

 サエコはたいして美人ではない。知性にあふれているわけでも、キラリと光る個性やキャリアがあるわけでもない。高価な舶来チョコが好物で、イケメン好きな、単なるミーハー。サイゾー読者系男子からすると、まあ鼻につく。

 しかしサエコはモテる。高校時代から、怪物的にモテる。ほとんど魔性の女だ。その理由は、サエコと爽太の同僚・薫子との会話にほぼ集約されているので、少し長くなるが引用しよう。『失恋ショコラティエ』という作品の真髄は、ここに凝縮されていると言っても過言ではない。

サエコ「あたし、爽太くんに、あたしのこと好きになってほしいって、本気で思います。(略)頑張ってあたしのこと一番好きになってもらおうって。それが『本気で好き』ってことですよね」

薫子「いや、それは違うでしょ!! そういうのはゲームみたいなものでしょ!? それが遊びだって言うんですよ!! 野球や将棋じゃないんだから!!」

サエコ「(略)野球や将棋だって、やる人は本気で頑張ってますよ? 一生懸命自分を磨いて鍛えて…相手の気持ちや自分にできることを考えて…」

薫子「違う違う違う!! 全然違うよ!!」

サエコ「(略)えっ、じゃあ…どういうのが『本気で好き』ってことになるんですか?」
薫子「だからたとえば!!」

 しかし薫子は言葉を継げない。「本気で好き」を定義できず、サエコに論破されてしまうのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』