サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > AKB48・峯岸みなみ、イケメン俳優との路上ハグよりヤバイ2人の男との“つながり”
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

AKB48・峯岸みなみ、イケメン俳優との路上ハグよりヤバイ2人の男との“つながり”

+お気に入りに追加
1904_minegishi.jpg
『私は私 峯岸みなみフォト&エッセイ』(竹書房)

 次にやらかしたら「坊主」じゃ済まない?

 4月18日発売の「女性セブン」(小学館)が、AKB48・峯岸みなみの“ビッチな夜”を報じている。

「峯岸は舞台で共演中の細貝圭と公演後にハグしている姿を激撮されています。15分ほど身を寄せ合ったあと、細貝と別れた峯岸はその足で六本木に向かい、今度は別のイケメン男性2人組と合流し、飲食店が軒を連ねる雑居ビルに入っていたといいます。さらに、その1週間後にはクラブのVIPルームで深夜、巨人の原辰徳監督の息子の誕生パーティーに体のラインが見えるセクシーな衣装で参加。隣には、2月に1億8,000万円を脱税した疑いで逮捕された“青汁王子”こと三崎優太被告もいたとのことです」(週刊誌記者)

 峯岸は合コン好きとして知られ、2013年に“お泊まり愛”を「週刊文春」(文藝春秋)にスクープされ、自ら頭を丸刈りで反省の意を示した。今回も「軽率な行動だった」とSNSで謝罪したが、教訓は生かされなかったようだ。

「細貝とのハグよりも、原監督の息子や青汁王子と“つながっている”ことのほうが問題視されるかもしれません。原監督の息子といえば、昨年『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)にて違法薬物の容疑でガサ入れされたことが報じられており、原監督もそれを認めています。その時は“シロ”でしたが、彼の人脈は“かなりヤバイ”ともっぱらのウワサです。また現在、裁判を待つ身である三崎被告ですが、昨年10月に出演したテレビ番組では『峯岸みなみさんと付き合いたい』と猛アピールしており、その人物と実際に会っていたことで、ネット上では『すでに親しい仲になっているのでは』『尻軽なイメージ』『ビッチ感がハンパない』といったコメントが飛び交い、イメージダウンは免れないでしょう」(アイドル誌編集者)

 AKB48では最後の1期生である峯岸だが、グループに迷惑をかけるのなら、もう引退してはどうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』