サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第63回

【クロサカタツヤ×高須正和】世界を駆け巡るメイカーの伝道師が語る日本人が目指すべき道

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1904_P116-118_graph001_520.jpg
●就労者におけるデジタルファブリケーションの認知度(日米)
出典:総務省「情報通信白書」(平成28年版より)

――日本にはイノベーションが足りない、ジョブズが出てこない、なんて日本を卑下するご意見をよく目にします。でも、よくよく考えてみると日本にはおもしろいものがたくさんあるし、日本発で世界に広まったものってたくさんある。そんな日本人のクリエイティビティが爆発しているのを実感できるのが、メイカーと呼ばれている人たちが集まるメイカーフェア。そして、世界数百カ所で開かれているメイカーフェアに、最もたくさん参加している日本人が、高須正和さん。高須さんに日本人のクリエイティビティが世界からどう見られているのか聞いてみた。

クロサカ 18年10月に『ハードウェアハッカー』(技術評論社)というスゴい本が出ました。ハードウェア、DIY、メイカームーブメント、バイオ、深圳といったキーワードが引っかかる人はぜひ手に取ってみてください。今回は、同書を翻訳した、高須正和さんをお招きしました。

高須 著者のアンドリュー・“バニー”・ファン【1】は、独自のハードウェアを開発するハッカーとして有名ですが、日本ではあまり知られていません。この本も最初はとにかく僕が読みたいから出版のあてもなく、翻訳していたんです。

クロサカ 実は僕も本を読んでから、いろいろ記憶がつながりました。高須さん、ほとんど日本にはいなくて、世界中のメイカーフェアを訪れて回るという、生活を送っていますよね。

高須 生活拠点は中国の深センで、年の6割以上はいろんな国のメイカーフェアに行っています。日本にはほとんどいません。僕はアジアで行われているメイカーフェアに、世界で一番多く参加しているはずです。

クロサカ ただ正直、日本では大流行というほどではないですよね。メイカーフェアは、世界でどのくらい盛り上がっているんですか。

高須 DIYは、どの国の景気が一番良いかは別にして、世界全体で盛り上がっています。アメリカにはスタートアップのカルチャーがあり、イギリスではマイクロビット【2】が出てきて、中国は政府がファブラボ【3】に補助金を注ぎ込んだ。日本も、秋葉原に行くと電子部品のお店が何十年も前から続いている。世界で一番規模が大きいサンフランシスコの10分の1程度ですが、東京のフェアも来場者数が2万4000人と、毎年少しずつ増えてきています。

クロサカ アメリカはオバマ大統領時代に、全米の中学校にファブラボを設置したりホワイトハウスでメイカーフェアを開いたりしていましたよね。中国も「大衆創業、万衆創新」戦略でシリコンバレーに追いつけ追い越せと多額の投資をした。日本ではそういう政策がなかったことが、良くも悪くも影響しているんでしょうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』