> 201212の検索結果

201212 の検索結果

第1特集
【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”

【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”

―― 男性読者諸氏にはあまりなじみがないかもしれないが、女性向けマンガも少女マンガやレディースコミックに限らず、昨今はBL、TL、サブカル系と細分化が進み、ある種、男性向け以上に幅広い展開を見せている。

【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.05

厚労省主導で進む健康情報の電子化は 「究極の殺人者」を生む可能性さえある!?

―― 昨今、病院で治療を受けた際、診療内容の明細をプリントアウトされて受け取ることが普通になった。一見便利になったかにも思われるこの状況の背景には、「医療データの電子化」という”国策”があった。

 厚労省主導で進む健康情報の電子化は 「究極の殺人者」を生む可能性さえある!?
連載
性具知新。 第2回

ティアが学ぶアダルトグッズの女性購買者の変化「バイブも男性も「一回だけ」では女心はつかめない!」

―― 2回目は、アダルトグッズの企画・開発を手がけ、渋谷から沖縄までの日本8店舗に加えて、広州や香港でも販売を行うワイルドワンの代表取締役社長・武藤哲哉氏が登場。美形ルックスでファンを魅了するAV女優のティ...

ティアが学ぶアダルトグッズの女性購買者の変化「バイブも男性も「一回だけ」では女心はつかめない!」
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【7】

ブラック企業アナリスト・新田龍が解説! 元リクルート社員が"ブラック業界"に行く理由

―― ――リクルートの出身者たちが立ち上げた企業をよくよく見ると、「過酷な労働の割に給料が安い」といった”ブラック企業”が乱立する”ブラック業界”への参入が多いような……。ブラック企業アナリストの新田龍氏が...

ブラック企業アナリスト・新田龍が解説! 元リクルート社員が
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【6】

経済ジャーナリスト・町田徹に聞くリクルートの意義「一部上場は日本経済に大きな影響を与えない」

―― ──今回のリクルート上場が日本経済に与える影響とは? リクルート事件当時より同社を知る、経済ジャーナリストの町田徹氏に、リクルートが上場する意義を聞いた。

経済ジャーナリスト・町田徹に聞くリクルートの意義「一部上場は日本経済に大きな影響を与えない」
第1特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【5】

リクルート出身の人材コンサルタント・常見陽平が喝破「リクルートはもはや先進企業ではない」

―― ──上場によってリクルートはどのように変わるのか? 元リクルート社員で、「とらばーゆ」編集部などを経て、現在は人材コンサルタントとして活躍する常見陽平氏に話を聞いた。

リクルート出身の人材コンサルタント・常見陽平が喝破「リクルートはもはや先進企業ではない」
連載
町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」第1回

お好み焼き――純粋を志向する魂に種種雑多なものが混入していくこと。それこそが大阪の魂の回復。

―― 今から数箇月にわたって、お好み焼き、の話をしようと思っている。それは誰が。私が、である。私が、お好み焼きの話をしよう。と思いながらこれを書いているのである。と、文章が無茶苦茶になるのは自分のなかに迷い...

お好み焼き――純粋を志向する魂に種種雑多なものが混入していくこと。それこそが大阪の魂の回復。
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【4】

NHK、楽天、グーグルに"リクナビ"するスタッフたちも! リクルート編集者がバラす金と洗脳

―― 「リクルートといえば営業」というイメージが強いが、そんな営業が取ってきた広告を掲載するためのメディアを支えている編集者の存在もまた、同社にとっては欠かせない。ここでは、そんな媒体編集者たちに、分社後の...

NHK、楽天、グーグルに
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【3】

感涙必至のマンガでわかる! リクルート・新人女子社員の営業物語『ルーキーをねらえ!』

―― 4月。憧れのリクルートに入社した新入社員、太田ひとみ。制作を志望していた彼女は、入社早々、同社の"洗礼"を受けることになる──。(※すべて、実話です)

感涙必至のマンガでわかる! リクルート・新人女子社員の営業物語『ルーキーをねらえ!』
連載
友達リクエストの時代【第1回】

「ぼっち」小田嶋隆は考える 「友だちもろくにいない淋しい人間」という文句は恥辱なのか?

―― 「◯山◯太郎さんからFacebookの友達リクエストが届いています。」知らない名前だ。誰だろう。11年の7月にフェイスブックのアカウントを作って以来、同じ調子のメールが断続的に届くようになった。

「ぼっち」小田嶋隆は考える 「友だちもろくにいない淋しい人間」という文句は恥辱なのか?
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【2】

創業者の名言、過酷な新入社員の1年、業績変化から徹底解析! リクルートってこんな会社です!

―― そもそもリクルートとは、どんな会社で、どんな企業精神を持っているのか、営業成績や創業者の言葉から見ていこう。

創業者の名言、過酷な新入社員の1年、業績変化から徹底解析! リクルートってこんな会社です!
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【1】

株式公開にメリットなし!? 時価総額1兆円以上のリクルート上場の”暗雲”と”胸算用”

―― 2013年4月の株式上場に向けて、今年の10月1日付で組織の再編を行い、持ち株会社「リクルートホールディングス」を設立したリクルート社。今や就職活動には欠かせないツールとなった「リクナビ」をはじめ、そ...

株式公開にメリットなし!? 時価総額1兆円以上のリクルート上場の”暗雲”と”胸算用”
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【15】

神様と交信できちゃった!? ロリ系AV女優が語るアマゾンでの媚薬エッチ

―― 【今月のセクハラ問答相手】AV女優沢田あいりさん(19歳)1993年生まれ。身長144センチのロリ巨乳美少女。B80W60H82。

神様と交信できちゃった!? ロリ系AV女優が語るアマゾンでの媚薬エッチ
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「カツカレー批判はネットの捏造!?」

―― ちょっとした小ネタとして報じられた「カツカレーの値段」が、なぜか2ちゃんねるやツイッターで「政治とマスコミ」をめぐる大騒動に発展。ネタ元がわからないままカツカレーという言葉だけが独り歩きし、その日カツ...

人気エントリー定点観測@はてな 「カツカレー批判はネットの捏造!?」
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第8回

「まるで老人の山歩き」!! キンコメ・高橋と小明が明かす、サークル的なノリが皆無の学生時代

―― 今月の格言「ずっと学生気分のままでいろ。それが心に弾みを持ち続ける手段だ。」飯田亮(いいだ・まこと)1933年、東京都生まれ。セコム株式会社創業者。

「まるで老人の山歩き」!! キンコメ・高橋と小明が明かす、サークル的なノリが皆無の学生時代
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.08

佐野眞一の「ハシシタ」は橋下に対する男の嫉妬、団塊世代の負け犬の遠吠えだ!

―― 「週刊朝日」10月26日号(朝日新聞出版)が、橋下徹大阪市長の出自に関する佐野眞一の連載「ハシシタ 奴の本性」を掲載し、橋下市長から厳しい抗議を受けて謝罪した。翌週の「週刊朝日」でお詫び記事を掲載し、...

佐野眞一の「ハシシタ」は橋下に対する男の嫉妬、団塊世代の負け犬の遠吠えだ!
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第54回

アマゾン「キンドル」から見えてくる、コンテンツとプラットフォームの新関係

―― 関係者やユーザーたちが首を長くして待っていた「キンドル」が、ついに日本でもサービスを開始した。今回の本連載では、そのハードとしての性能ではなく、アマゾンが作り上げようとしている新たなビジネス形態につい...

アマゾン「キンドル」から見えてくる、コンテンツとプラットフォームの新関係
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【3】

警察・検察を押さえてこそ政権は真に奪取される

―― 2009年8月に実施された衆議院総選挙において、戦後初の本格的な”政権交代”を実現させた民主党ですが、基地問題への対応から始まり、閣僚の不祥事、震災対応、そして今般の尖閣・竹島問題と迷走が続き、国民か...

警察・検察を押さえてこそ政権は真に奪取される
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第62回

パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実

―― 2009年1月15日、筆者がニューヨークでの取材を終えて、自宅のあるカリフォルニアに帰るため、バスでラガーディア空港に着くと、空港は騒然とし、テレビの前に人々が集まっていた。先ほど、この空港から飛び立...

パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実
第1特集
「週刊少年ジャンプ」は腐女子に媚びたのか?

なぜ「ジャンプ」は変わったのか? フリー化された解釈に見る「ジャンプ」腐女子化の理由

―― 「『ジャンプ』は腐女子に媚びだしてから終わった」──。マンガ好きなら、こうした論調を耳にする向きも多いだろう。だが、これは果たして正しいのだろうか? 消費社会論と腐女子の消費傾向から、「ジャンプ」作...

なぜ「ジャンプ」は変わったのか? フリー化された解釈に見る「ジャンプ」腐女子化の理由
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.7

『桐島、部活やめるってよ』──ゼロ年代スクールカーストものへの批評性を得た、距離感の勝利

―― 今年8月に公開され、じわじわと人気を広げてロングランヒット上映中の本作。ゼロ年代に文芸を中心に流行したいわゆるスクールカーストものであり、不在の人物をめぐる群像劇でもある。公開後にはさまざまな読み解き...

『桐島、部活やめるってよ』──ゼロ年代スクールカーストものへの批評性を得た、距離感の勝利
第1特集
専門マンガ誌編集者がセレクトするオキテ破りのBL【4】

教師と生徒が全裸で跳び箱! 全然ヌケないギャグエロBL――「コミックJUNE」水野正文編集局長

―― オキテ破りということでいえば、藤井あやさんの『男巫女』【6】を挙げておきたいですね。女体化のBLです。巫女なのに男性で、しかも満月の夜には体が女性になってしまう。

教師と生徒が全裸で跳び箱! 全然ヌケないギャグエロBL――「コミックJUNE」水野正文編集局長
第1特集
専門マンガ誌編集者がセレクトするオキテ破りのBL【3】

1冊まるごとケンタウロス! 作者の愛があふれる超異色作――「onBLUE」編集部・梶川恵さん

―― 今回挙げさせていただくのは、手前味噌ですが、小社から出ている”えすとえむ”さんの『equus』【5】です。内容は全編、ケンタウロスがテーマのボーイズラブ。

1冊まるごとケンタウロス! 作者の愛があふれる超異色作――「onBLUE」編集部・梶川恵さん
第1特集
専門マンガ誌編集者がセレクトするオキテ破りのBL【2】

業界初の逆輸入! アメコミ作家のBLサスペンスがブレイク――「マガジンBE×BOY」三好久子編集長

―― まず筆頭に挙げたいのが、今年の大ブレイク作品『IN THESE WORDS』【1】。どのあたりがオキテ破りかというと、この作品、アメリカから逆輸入されてるんです。

業界初の逆輸入! アメコミ作家のBLサスペンスがブレイク――「マガジンBE×BOY」三好久子編集長
第1特集
専門マンガ誌編集者がセレクトするオキテ破りのBL【1】

際どすぎるボーイズラブ! 本場産アメコミから女体化まで、オキテ破りのBLで男も濡れる!

―― 今や書店のマンガ売り場でも大きなスペースを占める一大ジャンル・BL。主な読者は当然女性だが、実は男も楽しめるようなとんでもない作品はあるはずだ。女性だけに読ませておくのはもったいない!

際どすぎるボーイズラブ! 本場産アメコミから女体化まで、オキテ破りのBLで男も濡れる!
ニュース
大企業の労働組合関係者がずらり!!

民主党を崖っぷちに追い込んだ「勲章狙いで閣僚入り」民社協会の正体

―― 「野田首相は、小沢グループが民主党からごっそり飛び出していったことにおじけづき、情けないまでの守りに入ってしまったね。政権浮揚につながるラストチャンスだった10月の内閣改造を姑息な論功行賞におとしめ、...

民主党を崖っぷちに追い込んだ「勲章狙いで閣僚入り」民社協会の正体
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.84

【今月の教訓】オレ流“こだわり”はほどほどに

―― 近年では「こだわりの逸品」みたいな言い方も珍しくなくなったが、「こだわる」とは元来、「ちょっとしたことを必要以上に気にする」「拘泥する」といった否定的ニュアンスの言葉である。とはいえ、言葉は時代ととも...

【今月の教訓】オレ流“こだわり”はほどほどに
第1特集
国粋マンガだけじゃない! 戦時下のマンガ史【2】

スーパーマン、アイアンマン……“正義の味方“に見るアメコミと愛国の関係

―― アメリカでも何かしらナショナリスティックな内容のマンガは描かれてきたのか? スーパーヒーローのコミックを中心に、同国におけるマンガと愛国のかかわりを追いたい。

スーパーマン、アイアンマン……“正義の味方“に見るアメコミと愛国の関係
第1特集
国粋マンガだけじゃない! 戦時下のマンガ史【1】

のらくろが支那人の首を斬りまくる!? 戦時下のマンガとナショナリズム

―― 日本のマンガは、戦後に萌芽した文化ではない。それは、戦時中も描かれていたのだ。では、厳しい規制があったと想像されるあの時代の表現は、やはり国粋主義的なものだったのだろうか?

のらくろが支那人の首を斬りまくる!? 戦時下のマンガとナショナリズム
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第31回

本と本屋の未来を考える

―― この号が出る頃にはもう始まっているのだけど、下北沢のB&Bという書店兼イベントスペースでゼミを開くことになった。その名も「本と本屋の未来」。情報社会の世の中で、改めて本を作る意味を考えるゼミだ。

本と本屋の未来を考える
ニュース
保守勢力の間でさえキワモノ扱いされる『在特会(笑)』

尖閣・竹島問題のさらなる拡大で“ネトウヨの雄”在特会がカルト化!?

―― 2012年8月の韓国・李明博大統領の竹島上陸や、9月の尖閣諸島3島の国有化をきっかけとする中国での大規模な反日デモなどにより、わが国では、韓国・中国に対する国民の反発と怒りがかつてないほど高まっている...

尖閣・竹島問題のさらなる拡大で“ネトウヨの雄”在特会がカルト化!?
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第71回

原発報道を歪める広告代理店”電通”の手口

―― 「マスメディアの報道は、スポンサーや広告代理店の圧力を受けている」。こうした言説によって指摘される「広告圧力」の問題は、ネットを中心に批判されてきた。ややもすると陰謀論に回収されてしまう同問題の実態と...

原発報道を歪める広告代理店”電通”の手口
第1特集
ヤクザが見る! アウトロー系マンガのツッコミどころ【2】

「アイデア提供料を払え」!? 実録“ヤクザ”マンガの仁義なきクレーム処理

―― マスコミの世界では、もし取材相手の写真を間違えたり、もしくは取材相手の名前を間違えたりすれば、それは明らかな制作、あるいは編集側のミスであり、真摯な対応を取らなければならない。

「アイデア提供料を払え」!? 実録“ヤクザ”マンガの仁義なきクレーム処理
第1特集
ヤクザが見る! アウトロー系マンガのツッコミどころ【1】

『殺し屋1』は一番エグくてリアル!? 現役ヤクザがヤクザマンガを徹底批評

―― マンガで描かれるヤクザの姿は多種多様だ。時にヒールとして、時に正義の味方として物語に登場するが、そんなヤクザの姿を”現役ヤクザ”はどのように見ているのだろうか?

『殺し屋1』は一番エグくてリアル!? 現役ヤクザがヤクザマンガを徹底批評
ニュース
「人違い」説は時間稼ぎのためのブラフ?

未解決六本木クラブ襲撃事件の舞台裏 警察は真実を隠蔽するかもしれない!?

―― 9月2日に起きた六本木のクラブ「フラワー」(現「スタジオゲート」)での実業家襲撃事件。被害に遭ったのは、渋谷や杉並で複数の飲食店を営んでいた藤本亮介さんだった。深夜、フラワーに来店していた藤本さんは、...

未解決六本木クラブ襲撃事件の舞台裏 警察は真実を隠蔽するかもしれない!?
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
お隣の国・韓国のマンガ市場の今【2】

ナマモノタブーはなし!? K-POPアイドル同人も! 韓国腐女子事情

―― 日本同様、韓国にも同人誌即売会イベントが存在する。毎年ソウルと釜山でオールジャンルイベント「コミックワールド」が開催されており、多くのマンガ・アニメファンやコスプレイヤーたちが集結しているようだ。

ナマモノタブーはなし!? K-POPアイドル同人も! 韓国腐女子事情
第1特集
お隣の国・韓国のマンガ市場の今【1】

「『マンガ 金正日入門』発禁」はウソ! エロか、親日表現か…韓国マンガのタブー事情

―― 今夏より、いささかの緊張状態を過ごしてきた日韓両国。韓国における反日感情は根強い。韓国内のマンガにおいて、日本はどのように描かれてきたのか?多様性を増す韓国マンガの現場で、日本がどう受け止められている...

「『マンガ 金正日入門』発禁」はウソ! エロか、親日表現か…韓国マンガのタブー事情
ニュース
もはや新しいことをやる気概もなく……

ニコ動“オワタ“!? 大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅

―― 10月初頭、「ドワンゴでリストラ? 退職者が続出まとめ 2012秋編」なる「NAVERまとめ」の記事がネットを駆け巡った。内容は、「ドワンゴで大量リストラが行われているらしい」というIT業界関係者たち...

ニコ動“オワタ“!? 大量リストラ敢行でイケイケムード殲滅
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第53回「地獄のセレブ」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第53回「地獄のセレブ」
第1特集
作画と原作が乱闘!? マンガ打ち切りの真相

板垣恵介原作は揉め事ばかり!? あの”打ち切りマンガ”の真相を追え!

―― 人気絶頂の中にあるマンガが、諸般の事情で打ち切りとなり、お蔵入りとなってしまうことが多々ある。そしてインターネットなどで嘘か真かわからないその真相が議論されることもしばしば。

板垣恵介原作は揉め事ばかり!? あの”打ち切りマンガ”の真相を追え!
インタビュー
この冬は映画『トールマン』でさらに凍えろ!!

【パスカル・ロジェ】「今のハリウッドは中学生向け!」真の正義に迫ったフレンチホラー

―― ハリウッド配給を蹴ってまで挑んだ“ヨーロピアンホラー”が問いかけるものとは?  理不尽な暴力と精神の深淵に切り込んだ映画『マーターズ』(08年)で世界を震撼させたパスカル・ロジェ。

【パスカル・ロジェ】「今のハリウッドは中学生向け!」真の正義に迫ったフレンチホラー
ニュース
「橋下市長は認めるが、維新の会議員には敵対心しかない」

橋下徹VS.朝日で露呈 大阪市職員が市長に抱く愛憎の”思い”

―― 朝日新聞出版/10月26日号)の連載『ハシシタ 奴の本性』をめぐる騒動が、連日テレビの情報番組やニュース番組を賑わせた。橋下市長は「(同連載が)政策論争はせずに、僕のルーツを暴き出すことが目的とはっき...

橋下徹VS.朝日で露呈 大阪市職員が市長に抱く愛憎の”思い”
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

宮崎学が撮る新世代の野生動物

―― 毎年秋になると冬眠を控えたクマが民家の近くに出没し、人間が襲われたというニュースをよく耳にする。宮崎学は野生動物が通りそうな場所に無人の赤外線ロボットカメラを設置し、その生態を観察してきた写真家だ。

宮崎学が撮る新世代の野生動物
第1特集
書店員たちが匿名で語るマンガの実情

『ワンピース』がついに落ち目に!? 書店員が明かす”ヒット作”の実情と出版社との関係

―― マンガが流通する現場にいる書店員たちには、今年のマンガ界はどう映ったのだろうか? 本当は売れてない(!?)ヒット作から、出版社との丁々発止のやりとりまで、その内情を聞いた。

『ワンピース』がついに落ち目に!? 書店員が明かす”ヒット作”の実情と出版社との関係
インタビュー
鑑定依頼は2000人待ち!ユミリー風水の神髄とはいかに……

【直居由美里】「トップにいる人ほど風水には敏感」──有名企業をも支える風水学の深邃

―― 一時期、「大物女優の”占い師”」と話題になった風水師・直居由美里。そんな彼女が、昨今の芸能人洗脳の問題について、口を開いた。

【直居由美里】「トップにいる人ほど風水には敏感」──有名企業をも支える風水学の深邃
連載
田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第八回】現実から逃げ続ける弱さに炸裂「目覚めのブレイクショット」!!

―― 田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第八回】現実から逃げ続ける弱さに炸裂「目覚めのブレイクショット」!!
ニュース
相変わらず人気・売り上げ・知名度は関係なし!

ワーナーがゴリ押しする小野恵令奈新人賞と年末賞レースの”行政”

―― 年末が近づき、音楽業界では賞レースや紅白出場の情報が飛び交う季節となった。毎年のことながら本誌が注目するのは『日本レコード大賞』と『NHK紅白歌合戦』の2大イベント。以前に比べてその影響力は低下し続け...

ワーナーがゴリ押しする小野恵令奈新人賞と年末賞レースの”行政”
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第28回

中国のバブル崩壊が金融危機を引き起こす!? アメリカに代わり中国が覇権国になれない理由

―― 中国で9月に起こった反日デモは、対中投資のリスクがいかに高いものであるかを私たちに痛感させました。せっかく日本企業が中国に投資をしても、反日デモで工場や店舗が破壊されてしまったり、日本製品の不買運動が...

中国のバブル崩壊が金融危機を引き起こす!? アメリカに代わり中国が覇権国になれない理由
第1特集
マンガを支える「編集プロダクション」に迫る

あの大ヒット作の担当で社員同様に働いて給料はわずか! マンガを支える「編プロ」の実態

―― 一般誌にも下請けの編集プロダクションがあるように、マンガ雑誌にも下請けの編集プロダクションが存在する。しかし、星の数ほどある一般誌の編集プロダクションと違って、マンガ系の編集プロダクションはそれほど数...

あの大ヒット作の担当で社員同様に働いて給料はわずか! マンガを支える「編プロ」の実態
サイゾープレミア

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載