サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 全裸跳び箱etc.【ギャグエロBL】
第1特集
専門マンガ誌編集者がセレクトするオキテ破りのBL【4】

教師と生徒が全裸で跳び箱! 全然ヌケないギャグエロBL――「コミックJUNE」水野正文編集局長

+お気に入りに追加

1212_june.jpg

「コミックJUNE」
発行/ジュネット 創刊/1978年 発行ペース/隔月
「ボーイズラブ」の原型となる「耽美」を生み、日本の腐女子文化の礎を築いてきた老舗雑誌。現在はアダルト色がやや強め。兄弟誌に「BOY\'Sピアス」など。


1212_oshioki_koma.jpg
【7】『おしおき学園』より。水泳の授業でビリになった不良生徒・加藤はまたしても体育教師のおしおきの餌食に!  効果音「かぱ」が最高。

 オキテ破りということでいえば、藤井あやさんの『男巫女』【6】を挙げておきたいですね。女体化のBLです。巫女なのに男性で、しかも満月の夜には体が女性になってしまう。そんな人物が山の奥深くの村に暮らしていて、たまたま来たカメラマンと出会うお話です。女体化をやってはいけないわけではないですが、商業誌ではこれまでなかったと思います。女性の裸が出てくるのは読者が拒否反応を示すのではないかと思っていたけれど、作家さんからの「描いてみたい」という希望もあり、実際にやってみると予想以上の反応でした。

 それから紅蓮ナオミさんの『おしおき学園』【7】も、なかなかほかに類のない作品です。熱血教師と不良生徒を主人公に、ギャグテイストでテンポよく進んでいく。エロは多いですが、正直オカズとしては役に立たないでしょうね(笑)。でも面白く読めてしまう。ここまでエロを入れつつ徹底的にギャグをやるのは、BLでは唯一無二かもしれません。紅蓮さんはほかにも『社長はエロシック』【8】というサラリーマンものなどを描いているのですが、こちらも笑える箇所が多く、ネットなどでも話題になりました。

 エロギャグでいうと、ベテラン・櫻井しゅしゅしゅさんの『大きなバイブの舎の下で』【9】もありますね。大人のおもちゃメーカーを舞台に、バイブに命を懸ける男たちの熱い闘いを描いてます。連載されていたのは99~03年と、少し古い。今となってはTENGAなどによってアダルトグッズも一般的になりましたけど、当時はまだそんなにカジュアルな扱いではなかったですから、そこで大人のおもちゃメーカーを舞台にするのはBLの中でも珍しかったです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』