サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第62回

パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『フライト』

1212_machiyama.jpg

ベテランパイロットのウィップ(デンゼル・ワシントン)は、あわや墜落というトラブルから奇跡の着陸を果たし、アメリカ中の英雄となる。しかし、実は彼は酒気帯びで飛行機を操縦していたのだった。

監督/ロバート・ゼメキス 脚本/ジョン・ゲイティンズ 出演/デンゼル・ワシントン ジョン・グッドマンほか 日本では2013年3月全国ロードショー予定。


 2009年1月15日、筆者がニューヨークでの取材を終えて、自宅のあるカリフォルニアに帰るため、バスでラガーディア空港に着くと、空港は騒然とし、テレビの前に人々が集まっていた。

 先ほど、この空港から飛び立ったばかりの飛行機が落ちたというのだ。テレビを観ると、ハドソン川に浮かぶ飛行機から乗客が救出されている。咄嗟の判断と的確な操縦で155人の乗客の命を救ったベテラン機長サレンバーガーは全米の英雄になった。

 映画『フライト』の主人公ウィップ・ウィテカーも、大ベテランのパイロット。扮するは『マルコムX』『アンストッパブル』などで熱い正義漢を演じてきたデンゼル・ワシントン。

 ウィップが機長を務める飛行機は、高空で突然急降下を始めた。操縦桿をいくら引き上げても真っ逆さまに落ち続ける。市街地めがけて! その時、ウィップはなぜか飛行機を上下反転させた。阿鼻叫喚の機内。

 これは00年1月にアラスカ航空の飛行機に実際に起こった事故をモデルにしている。整備不良で急降下した機体を、機長は懸命に立て直したものの、再びコントロールを失い、上下反転し、地上に激突。全員死亡した。

 しかし、『フライト』の機長・ウィップは減速に成功し、無人の野原に不時着。乗務員など6人の犠牲者は出たが、乗客は無事。大惨事は免れ、ウィップは国家的英雄になった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』