サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【アメコミヒーロー】の愛国心

――アメリカでも何かしらナショナリスティックな内容のマンガは描かれてきたのか? スーパーヒーローのコミックを中心に、同国におけるマンガと愛国のかかわりを追いたい。

1212_amekomi.jpg
【1】『Sub-Mariner Comics Vol 1』#10(Timely Comics/1943年)
【2】『Captain America Comics』#1(Timely Comics/1941年)
【3】『Tales Of Suspense』#39“Iron Man!”(Marvel Comics/1963年)
【4】Mark Millar & Steve McNiven『Civil War』#1(Marvel Comics/2006年)

 米軍が日本へ爆撃を始めていた1944年末、「ニューヨーク・タイムズ」はメガネをかけた出っ歯の猿が包帯をして泣きわめく戯画を掲載した。アメリカにおけるマンガと愛国の関係を考えるとき、そんな戦中の新聞に載せられたプロパガンダ・マンガがまず挙げられるが、日本での海外コミックス研究の第一人者、小野耕世氏は「それは1コマの政治風刺マンガで、子ども向けのコミックスとはタイプが異なります」とつけ加える。

 とはいえ戦中のコミックブックも、映画やラジオなどほかの娯楽と同様、戦意高揚に一役買った。たとえば、マンガ出版社タイムリー・コミック(後のマーベル・コミック)のサブマリナーというスーパーヒーローは、アメリカが第二次大戦に参戦するのに先がけて40年2月にナチスの潜水艦と戦い、同社のもうひとりのヒーロー、キャプテン・アメリカは41年3月創刊号の表紙でヒトラーを殴打。そして真珠湾攻撃後のヒーローたちは、それまでのように世の犯罪ではなく、スパイや枢軸国側(ドイツ、日本、イタリアなど)に協力する科学者など自国の脅威と戦うようになる。

「悪者のヒトラーが寝ているところを少年ヒーロー隊が襲撃するといったマンガもありましたね。ただ、それは国策ではなく、時代の気分から作家や出版社が自主的にテーマにしたこと。また、スーパーヒーローが日本軍をやっつける話もあった。マンガではないですが、アニメの『スーパーマン』では、アメリカが製造した超巨大爆撃機を日本のスパイが壊そうとするエピソードがあります。それを阻止するスーパーマンは、スパイを殺したり日本軍と戦ったりはしません。超能力を持ったヒーローたちは強すぎて、本当に戦ったら戦争が終わってしまいますからね。とにかく当時のこうした作品は、ストーリーとしては単純でたわいのないものでした」(小野氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』