サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > サイゾー的この【BLマンガ】がヤバイ!
第1特集
専門マンガ誌編集者がセレクトするオキテ破りのBL【1】

際どすぎるボーイズラブ! 本場産アメコミから女体化まで、オキテ破りのBLで男も濡れる!

+お気に入りに追加

――今や書店のマンガ売り場でも大きなスペースを占める一大ジャンル・BL。主な読者は当然女性だが、実は男も楽しめるようなとんでもない作品はあるはずだ。女性だけに読ませておくのはもったいない! ということで今回、BL界における“オキテ破り”の作品を、BL専門誌の編集者にセレクトしてもらった。

1212_shoten.jpg
書店でもかなりの売り場スペースを占めているBLマンガ。デザインも凝ったものが増えている。

 男性マンガ・女性マンガの垣根が低くなったといわれる現在にあって、いまだ女性の秘密の花園で在り続けるボーイズラブ(以下、BL)マンガのディープな世界――。多少サブカルチャーに詳しい男性なら、「“攻め”とか“受け”とかいって、イケメンと可愛い男がイチャイチャしてるマンガ」くらいの認識はあるかもしれないが、今現在のBLマンガはそんな生易しいものだけではない。ヤクザや囚人といったアウトローもの、アラブの石油王に拉致されるシーク(アラブの族長を指す)もの、ゲイビデオのポルノスターものなどなど、なんでもありの世界になってきているのだ。もちろんサラリーマンものや学園ものといった定番も相変わらず人気はあるが、BLの中でもジャンルが細分化し、目の肥えた読者たちは新しい萌えを常に求めている状態にあるといっていい。あらゆるオタクカルチャーがそうであるように、ジャンルが育つほどニッチな需要が増えていくのだ。そして結果、これまでの王道であった「ラブラブでイチャイチャエッチする」だけではない、BL界の常識を覆すような“オキテ破り”の作品が生まれてきている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』