連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.08

佐野眞一の「ハシシタ」は橋下に対する男の嫉妬、団塊世代の負け犬の遠吠えだ!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1212_takasu.jpg
「週刊金曜日」の発行元の金曜日は、解放出版社東京営業所と同じビルの同じフロアにある。先日、金曜日から著書『悪名正機 アウトサイダー十三人の話』を上梓した。前田日明、柳美里、戸川昌子ら13人に関するエッセイである。

「週刊朝日」10月26日号(朝日新聞出版)が、橋下徹大阪市長の出自に関する佐野眞一の連載「ハシシタ 奴の本性」を掲載し、橋下市長から厳しい抗議を受けて謝罪した。翌週の「週刊朝日」でお詫び記事を掲載し、連載は中止になり、同誌編集長は更迭された。

 先月号にも書いたが、団塊世代は今、引きこもり状態にある。その中で、珍しく精力的に発言している人間が、佐野と辺見庸だ。

 辺見は脳出血とがんで思うように体も頭も動かないが、外へ出ようという気概が感じられる。佐野も「サンデー毎日」(毎日新聞社)で「新 忘れられた日本人」という連載ページを持ち、戦後の日本の裏側を語っている。この2人が揃って橋下を叩いている。

「ハシシタ」の文中でも、佐野は辺見が講演で発言した「橋下徹はテレビがひり出した汚物である」という言葉を引用し、「我が意を得た思いだった」と述べていた。

 ずばり言おう。「ハシシタ」は、団塊の世代の右代表と勘違いしている佐野の、橋下への強烈な嫉妬である。佐野は負け犬の遠吠えをしたにすぎない。

 団塊世代にとって、橋下はまぶしくてたまらない存在だ。佐野がどんなに「テレビ視聴者を相手にしたポピュリズムでできている」「衆愚の王」「大衆迎合思想」と批判しても、橋下に実行力があり、日本をひっくり返そうとしていることは事実だ。

 会社というブランドと肩書を背負って生きてきた団塊世代は、リタイヤして肩書を失い、体力もなくなり、引きこもるか蕎麦を打つくらいしかすることがない。そんな同世代を目の当たりにし、佐野自身も体力的な衰えを身にしみて感じているはずだ。そんなとき橋下のイケイケの顔つき、三白眼を見ると、悔しくてたまらなくなるのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』