連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.08

佐野眞一の「ハシシタ」は橋下に対する男の嫉妬、団塊世代の負け犬の遠吠えだ!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1212_takasu.jpg
「週刊金曜日」の発行元の金曜日は、解放出版社東京営業所と同じビルの同じフロアにある。先日、金曜日から著書『悪名正機 アウトサイダー十三人の話』を上梓した。前田日明、柳美里、戸川昌子ら13人に関するエッセイである。

「週刊朝日」10月26日号(朝日新聞出版)が、橋下徹大阪市長の出自に関する佐野眞一の連載「ハシシタ 奴の本性」を掲載し、橋下市長から厳しい抗議を受けて謝罪した。翌週の「週刊朝日」でお詫び記事を掲載し、連載は中止になり、同誌編集長は更迭された。

 先月号にも書いたが、団塊世代は今、引きこもり状態にある。その中で、珍しく精力的に発言している人間が、佐野と辺見庸だ。

 辺見は脳出血とがんで思うように体も頭も動かないが、外へ出ようという気概が感じられる。佐野も「サンデー毎日」(毎日新聞社)で「新 忘れられた日本人」という連載ページを持ち、戦後の日本の裏側を語っている。この2人が揃って橋下を叩いている。

「ハシシタ」の文中でも、佐野は辺見が講演で発言した「橋下徹はテレビがひり出した汚物である」という言葉を引用し、「我が意を得た思いだった」と述べていた。

 ずばり言おう。「ハシシタ」は、団塊の世代の右代表と勘違いしている佐野の、橋下への強烈な嫉妬である。佐野は負け犬の遠吠えをしたにすぎない。

 団塊世代にとって、橋下はまぶしくてたまらない存在だ。佐野がどんなに「テレビ視聴者を相手にしたポピュリズムでできている」「衆愚の王」「大衆迎合思想」と批判しても、橋下に実行力があり、日本をひっくり返そうとしていることは事実だ。

 会社というブランドと肩書を背負って生きてきた団塊世代は、リタイヤして肩書を失い、体力もなくなり、引きこもるか蕎麦を打つくらいしかすることがない。そんな同世代を目の当たりにし、佐野自身も体力的な衰えを身にしみて感じているはずだ。そんなとき橋下のイケイケの顔つき、三白眼を見ると、悔しくてたまらなくなるのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』