サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > マンガ系【編プロ】の実態

――一般誌にも下請けの編集プロダクションがあるように、マンガ雑誌にも下請けの編集プロダクションが存在する。しかし、星の数ほどある一般誌の編集プロダクションと違って、マンガ系の編集プロダクションはそれほど数は多くない。その代表的2社、銀杏社とシュークリームを中心に、マンガ系編集プロダクションの実態に迫る!

1212_ginnan.jpg
銀杏社とシュークリームの公式ウェブサイト。性格は異なるが、どちらも今のマンガ業界になくてはならない存在だ。

 マンガ業界を支えているのは、何も出版社の社員編集者だけではない。出版社の下請けとして編集業務を行う編集プロダクション(以下、編プロ)という存在もあるのだ。その中でマンガ系の編プロとして最も名前が知られているのは、講談社、小学館など大手出版社とも関係が深い「銀杏社」と、祥伝社の外部編集部ともいえる「シュークリーム」だ。

 銀杏社は『カムイ伝』(小学館)を描いた白土三平の弟、岡本真が1973年に設立した編プロ。現在は約100人の従業員を抱えており、マンガ編集業務のほか、装丁などのデザイン、自社のウェブ媒体運営、企画単行本などの刊行も手がけている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』