サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > マンガ系【編プロ】の実態

――一般誌にも下請けの編集プロダクションがあるように、マンガ雑誌にも下請けの編集プロダクションが存在する。しかし、星の数ほどある一般誌の編集プロダクションと違って、マンガ系の編集プロダクションはそれほど数は多くない。その代表的2社、銀杏社とシュークリームを中心に、マンガ系編集プロダクションの実態に迫る!

1212_ginnan.jpg
銀杏社とシュークリームの公式ウェブサイト。性格は異なるが、どちらも今のマンガ業界になくてはならない存在だ。

 マンガ業界を支えているのは、何も出版社の社員編集者だけではない。出版社の下請けとして編集業務を行う編集プロダクション(以下、編プロ)という存在もあるのだ。その中でマンガ系の編プロとして最も名前が知られているのは、講談社、小学館など大手出版社とも関係が深い「銀杏社」と、祥伝社の外部編集部ともいえる「シュークリーム」だ。

 銀杏社は『カムイ伝』(小学館)を描いた白土三平の弟、岡本真が1973年に設立した編プロ。現在は約100人の従業員を抱えており、マンガ編集業務のほか、装丁などのデザイン、自社のウェブ媒体運営、企画単行本などの刊行も手がけている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載