サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【国策マンガ】とナショナリズム
第1特集
国粋マンガだけじゃない! 戦時下のマンガ史【1】

のらくろが支那人の首を斬りまくる!? 戦時下のマンガとナショナリズム

+お気に入りに追加

――日本のマンガは、戦後に萌芽した文化ではない。それは、戦時中も描かれていたのだ。では、厳しい規制があったと想像されるあの時代の表現は、やはり国粋主義的なものだったのだろうか? だとすれば、当時の作品は、この国のマンガ史において黒歴史でしかないのか?

1211_norakuro.jpg
「少年倶楽部」第22巻1号付録(講談社/1935年)に掲載された田河水泡『のらくろ軍事探偵』。『のらくろ』は戦時下の大ヒット・シリーズ。

「決死隊の出発だ」「命をすてに行くのだ/勇ましく敵陣へ肉迫しろ」

 これは、野良犬が犬の軍隊に入って活躍する、田河水泡による戦時下の大ヒット・マンガ『のらくろ』シリーズ【1】のひとつ、『のらくろ上等兵』の一場面。しかし戦時下(1931年の満州事変~45年の太平洋戦争終結)、この場面のような国威発揚・軍国主義的なマンガしかなかったわけではない。

 この頃のマンガは小学生などが読む「子どもマンガ」と20代の大人が読む「大人マンガ」に分けられるが、中心となったのは前者だ。特に講談社から刊行された少年誌「少年倶楽部」では『のらくろ』や、南洋の未開の地での活劇を描いた島田啓三の『冒険ダン吉』【2】、中島菊夫の時代劇『日の丸旗之助』などが連載され、子どもマンガを牽引。だがマンガ評論家の梶井純氏は、「読者数は現在のマンガ誌に比べてはるかに少ない」と語る。

「『少年倶楽部』読者は都会ですら1クラス50人中10人もいないのが普通で、子どもたちは学校でひそかに回し読んでいた。一般家庭にお金がなかったこともありますが、ほとんどの家庭で『マンガなんて読まずに本を読みなさい』と言われていたほど、マンガは社会的に読み物以下の低俗な存在。だから国家はマンガを当初は問題視せず、規制しなかった」(同)

 この頃の人気作には、サイボーグが主人公の阪本牙城『タンク・タンクロー』【4】や、宍戸左行の空想科学的ストーリー『スピード太郎』があるが、同氏は「特に男の子は戦争ごっこをして遊んでいたので、マンガもごっこ的に好戦的なものがおもしろがられたにすぎない」という。明治大学准教授でマンガ史を専攻する宮本大人氏は、表紙が赤系統の色の「赤本マンガ」と総称されるマンガ単行本群も「戦争マンガや時代劇マンガが非常に多かった」と語る。加えて「“チャンコロ”(中国人を指す蔑称)という言葉を使い、支那人の首がじゃんじゃん飛んでいた。ただそれは、国が奨励したものではなく、草の根的で野放図なナショナリズム」と指摘する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』