サイゾーpremium  > 特集2  > リクルートの【ブラック体質】を解剖
第2特集
リクルート上場に立ち込める暗雲【2】

創業者の名言、過酷な新入社員の1年、業績変化から徹底解析! リクルートってこんな会社です!

+お気に入りに追加

──そもそもリクルートとは、どんな会社で、どんな企業精神を持っているのか、営業成績や創業者の言葉から見ていこう。

プロローグ

1212_az_rec2.jpg
『大事なことはみんなリクルートから教わった』(ソフトバンク文庫)

■リクルート卒業生が、会社をプレゼン!
会社は、黄金でできた踏み台です!

[会社概要]
社名:株式会社リクルートホールディングス(Recruit Holdings Co.,Ltd.)
創業:1960年3月31日
本社所在地:東京都千代田区丸の内1-9-2
資本金:30億264万円
代表取締役社長:峰岸真澄
グループ従業員数:22,368名(2012年3月末時点)
企業理念:私たちは常に社会との調和を図りながら新しい情報価値の創造を通じて自由で活き活きした人間社会の実現を目指す
(※企業ホームページより)

Q リクルートって過酷な営業ノルマでブラック企業っぽいのに、社員の人たちはそれを物ともせず、「友情、努力、勝利!」(「ジャンプ」の合言葉)って感じで働いてますよね。

A それ……マンガ特集と間違ってません? 確かに営業も製作も数字がすべてなので、目標達成のために邁進するというのがリクルートのスタイル。僕は毎日朝7時半に出社して、帰宅は24時過ぎでした。でも、新卒で初めて受注すると部内に賞賛の垂れ幕が貼り出されたり、成績優秀者はみんなの前で表彰されたりする。部所中の社員の注目を浴びて、ものすごいカタルシスでしたよ。

Q 注目を浴びてうれしいなんて……育ちがいいですね。でもその割には、離職率も結構高いですよね?

A 基本的にウチは、起業や転職につながるステップだと思って就職する人がほとんど。みんな営業の実力をつけて、人脈を獲得するのが目的という感じです。逆に30歳を過ぎると、そろそろ退職って雰囲気になる。

Q なんだかAKB48みたいですね。

A 確かに退職を、“卒業”って言ってますね。どちらにしても、数字に押しつぶされてしまう人は、会社の風土には合わない。営業成績のいい同僚が、データベースに蓄積した営業ノウハウを積極的に活用したり、日々切磋琢磨してる。とにかく仕事が好きで、会社が好きで、お客が大好きじゃないとやってられません。

Q 足の引っ張り合いとかは?

A それはないけど、なかには「枕営業も全然OKです」と公言していた女子営業もいて、恋愛も仕事にしちゃう。彼女、ヤッた男をエクセルで管理しているってうわさでした。

Q そんな“営業管理”も!? やっぱりプライベートと仕事がごっちゃになっちゃってるから、発行している媒体も、家探しとか結婚とか出産とかになるんですね。逆に、パワハラ・セクハラなどはないんですか?

A う~ん。かわいい娘だと、取引先から私用携帯の番号を聞かれたりすることも。それをかわすスキルも身についたって笑ってましたよ。

Q それも次のステップアップに必要スキルなんですか?(苦笑)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論