> 201602の検索結果

201602 の検索結果

ニュース
【premium限定ニュース】

カトパン退社のジリ貧フジテレビ、「成果は社屋前に噴水を作ったことくらい」の亀山社長がついに退任か!?

―― カトパンフリー転身を巡ってフジテレビが揺れている。冬のボーナス大幅カットに始まり、下げ止まらぬ視聴率、そしてカトパン退社の一報が決定打となり、局内は水を打ったように静まり返っている。瀕死寸前の状態のな...

カトパン退社のジリ貧フジテレビ、「成果は社屋前に噴水を作ったことくらい」の亀山社長がついに退任か!?
ニュース
【premium限定ニュース】

中居正広、9月に脱退決定か!? 『金スマ』番組名の変更でSMAP解散も避けられない事態に!?

―― SMAPの中居正広が司会を務める番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)が本日12日の放送より、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に番組名を変更するという。 『金スマ』は2001年からスタート...

中居正広、9月に脱退決定か!? 『金スマ』番組名の変更でSMAP解散も避けられない事態に!?
ニュース
高山真が読む今月のサイゾー/オトコとオンナの裏の裏【7】

光GENJIからSMAPへ。そしてSexy Zoneやももクロへ…。現代のアイドルは「王子様」「お姫様」か?

―― 去年の紅白以来、どうもSexy Zoneの中島健人が気になっています。中島健人は今度の3月で22歳になるそうですが、ヘタすればそのくらいの年の子どもがいてもおかしくない年齢の私。さすがに、Sexy Z...

光GENJIからSMAPへ。そしてSexy Zoneやももクロへ…。現代のアイドルは「王子様」「お姫様」か?
ニュース
【premium限定ニュース】

SMAP解散騒動で映画界も引っ掻き回される!? 賞レース解禁で危惧されるジャニーズ事務所の恐怖政治

―― 1月18日、「第39回日本アカデミー賞」の受賞者が発表されたが、その中で注目を浴びたのがジャニーズ事務所所属のタレントが名を連ねたことだ。『母と暮せば』主演の嵐・二宮和也が「優秀主演男優賞」を、『暗殺...

SMAP解散騒動で映画界も引っ掻き回される!? 賞レース解禁で危惧されるジャニーズ事務所の恐怖政治
ニュース
【プレミアム限定連載】アメリカン・トゥルー・クライム列伝【2】

一家3人で銀行強盗! 覆面犯の意外な素顔が明かされるとき、人々は家族の絆に涙する――

―― 昨年12月25日、全米放送のテレビ番組で、ある家族の物語がクリスマスストーリーとして放送された。クリスマスといえば、アメリカでは往年のクリスマス映画の再放送や、ド派手な歌番組などがお茶の間を賑わせてい...

一家3人で銀行強盗! 覆面犯の意外な素顔が明かされるとき、人々は家族の絆に涙する――
ニュース
【premium限定ニュース】

激ヤセ報道はガセ!? ゲス極への愛が燃え上がるベッキー、既婚スポーツ選手との交際報道に「訴えたい!」

―― 『ゲスの極み乙女。』川谷絵音との不倫騒動で出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビの出演も見合わせて休業に追い込まれたベッキー。一部スポーツ紙がベッキーの激痩せぶりを報じていたが、意外にも本人...

激ヤセ報道はガセ!? ゲス極への愛が燃え上がるベッキー、既婚スポーツ選手との交際報道に「訴えたい!」
ニュース
【premium限定ニュース】

サンミュージック社内に緊急メールが!? ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?

―― 出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビ出演も見送るなど、所属事務所サンミュージックの懐具合に打撃を与えているベッキー。この深刻な状況に事務所内には悲壮感が漂っているという。

サンミュージック社内に緊急メールが!? ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?
ニュース
【premium限定連載】ベースボール越境者――名も無き野球人たち

「高野連が俺の人生のケツ拭いてくれるわけじゃない」高校3年生で感じた日本球界の閉鎖性

―― アメリカやカナダの独立リーグで活動する現役野球選手である筆者が、同じような境遇にある“野球人”にその挑戦と真意を聞く短期集中連載、最終回の今回は、本稿で取り上げてきた田久保氏の原動力になっているものは...

「高野連が俺の人生のケツ拭いてくれるわけじゃない」高校3年生で感じた日本球界の閉鎖性
ニュース
【premium限定ニュース】

被害者はベッキーだけじゃない!? 新たに経済界にも「ゲス極の呪い」が波及!

―― ベッキーとの不倫騒動の渦中にある「ゲスの極み乙女。」川谷絵音とかかわった人物に、立て続けに不幸が訪れたことで、ネット上では「ゲスノート」「ゲスの呪い」と呼ばれ、話題となっている。

被害者はベッキーだけじゃない!? 新たに経済界にも「ゲス極の呪い」が波及!
ニュース
【premium限定連載】ベースボール越境者――名も無き野球人たち

チェコ初の日本人プレイヤー、そしてオーストリア・ナショナルチームへ――“野球発展途上国”でつかんだものとは?

―― アメリカやカナダの独立リーグで活動する現役野球選手である筆者が、同じような境遇にある“野球人”にその挑戦と真意を聞く短期集中連載第2回。大学中退から国内の独立リーグでの経験、そして海外での挫折を味わい...

チェコ初の日本人プレイヤー、そしてオーストリア・ナショナルチームへ――“野球発展途上国”でつかんだものとは?
ニュース
【premium限定ニュース】

『ドクターX』新シリーズにビートたけし起用!? 米倉涼子がシリーズ続編に大はりきりの理由

―― 米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX』シリーズのスペシャル版がクランクインし、現在順調に撮影がすすんでいる。米倉は出演を決意した理由について「やっぱり私には大門未知子が必要なのかな」と語っているが、こ...

『ドクターX』新シリーズにビートたけし起用!? 米倉涼子がシリーズ続編に大はりきりの理由
ニュース
【premium限定連載】ベースボール越境者――名も無き野球人たち

野球エリートとプロ野球だけが“球界”ではない! まだまだ閉鎖的な日本野球を刺激する、18歳から30歳まで世界を野球で歩いた男の足跡

―― 日本にプロ野球のチームは12球団しかない。野球は、日本国内のメジャースポーツの中でもプロになる道が険しい競技のひとつだ。同じように幼少期からプレーし始めても、その中心に立てる人数はどんどんと減ってゆく...

野球エリートとプロ野球だけが“球界”ではない! まだまだ閉鎖的な日本野球を刺激する、18歳から30歳まで世界を野球で歩いた男の足跡
連載
フィクションで解剖――オトメゴコロ乱読修行【10】

エルサはヤンデレおひとりさまだった!? 『アナと雪の女王』レリゴーに対するキラキラ女子の誤解

―― 国内女性タレントがブログアクセス狙いで行う「すっぴん公開」も、ハリウッドに場所を移せば若干のジェンダー臭と自己啓発臭を帯びてくる。唇とボディがエロすぎ姐さんことスカーレット・ヨハンソン然り。英国が誇る...

エルサはヤンデレおひとりさまだった!? 『アナと雪の女王』レリゴーに対するキラキラ女子の誤解
第2特集
『スター・ウォーズ』ビジネスの虚像【5】

「観てないけどスター・ウォーズ大好き♪」なスタ女爆誕!謎の神輿をぶち上げる女性誌企画たち

―― 『スター・ウォーズ』祭りさながらの宣伝・企画合戦が行われていた『フォースの覚醒』公開前夜。この勢いには、女性誌もちゃっかり乗っかっていたが、 これまでの『スター・ウォーズ』シリーズのときには見られなか...

「観てないけどスター・ウォーズ大好き♪」なスタ女爆誕!謎の神輿をぶち上げる女性誌企画たち
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【16】

誕生日プレゼント何がいい?と聞かれて「バイブを使わせてくれ」と頼みました

―― 今月の妄想指南は、女性のオナニーライフを充実させてくれるアイテムをセレクトした!

誕生日プレゼント何がいい?と聞かれて「バイブを使わせてくれ」と頼みました
第2特集
『スター・ウォーズ』ビジネスの虚像【4】

スター・ウォーズ祭は2020年まで続く!? メディアを掌握してアメとムチを使い分けるディズニー“帝国”

―― これまで『スター・ウォーズ』といえば、20世紀フォックスが配給してきたが、新作『フォースの覚醒』からは、ディズニー配給となった。ディズニーといえば、版権ビジネスに力を入れており、その管理に関しては特に...

スター・ウォーズ祭は2020年まで続く!? メディアを掌握してアメとムチを使い分けるディズニー“帝国”
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【9】

AKB48、μ's、狂った時代のアイドルたち…幽霊、紅白歌合戦を観て書く新年。

―― 生家が「あの人は今」な歌手のタニマチをやっていたので、不幸なことに芸能界の虚実ないまぜな体質は子どもの頃から知っている。醒めているから、本誌の芸能ゴシップ記事も話半分に面白がっているが、世間を眺めると...

AKB48、μ's、狂った時代のアイドルたち…幽霊、紅白歌合戦を観て書く新年。
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第98回

『ブリッジ・オブ・スパイ』スパイか愛国者か…国境に架かる橋は誰のためにある?

―― 『ブリッジ・オブ・スパイ』とは、ベルリンの西にあるハーフェル川に架かったグリーニッケ橋のこと。ドイツが東西に分断されていた時代には、東側と西側のスパイ交換に使われたので『パーマーの危機脱出』(66年)...

『ブリッジ・オブ・スパイ』スパイか愛国者か…国境に架かる橋は誰のためにある?
第2特集
『スター・ウォーズ』ビジネスの虚像【3】

娯楽映画史の中で見るスター・ウォーズ…SWの成功でハリウッドは再興した!ビジネスで築いた“ルーカス帝国”の功績

―― 賛否渦巻く『フォースの覚醒』だが、根っからのSFファンはどう見たのか? SF作家で脚本家の堺三保氏に聞いたところ「昨今の批判には、娯楽映画の中のSWという視点がまるでない!」と嘆いた。映画史における...

娯楽映画史の中で見るスター・ウォーズ…SWの成功でハリウッドは再興した!ビジネスで築いた“ルーカス帝国”の功績
連載
ヘンリー塚本の「クレイジー昭和AV道」【2】

「近親相姦」をテーマにしたポルノにこそ身震いするほどの快楽が潜んでいる!

―― 明けましておめでとうございます、72歳の現役AV監督・ヘンリー塚本です。今月も僕が手がけるFAプロの作品についてお話しさせていただきます。僕はこれまで、「近親相姦」をテーマにしたポルノ作品を数え切れな...

「近親相姦」をテーマにしたポルノにこそ身震いするほどの快楽が潜んでいる!
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第24回

政治に携わる際に必要な倫理とは何か。「心情倫理」と「責任倫理」について考える

―― 正しい動機から行動したからといって、それが正しい結果をもたらすわけではない――。これが政治の難しいところですね。

政治に携わる際に必要な倫理とは何か。「心情倫理」と「責任倫理」について考える
第2特集
『スター・ウォーズ』ビジネスの虚像【2】

大塚英志みたいなスター・ウォーズの見方は正しくない!ルーカスが接合したヒッピーとギーク

―― 熱心なファンなら、SWのシナリオは「単一神話論」を元ネタにしている──という話を耳にしたことがあるかもしれない。しかし、その事実は誤った理解をされている !? SFやラノベに詳しいライター・飯田一史氏...

大塚英志みたいなスター・ウォーズの見方は正しくない!ルーカスが接合したヒッピーとギーク
連載
西森路代の「男子の生き様~イケメンから見る現代社会」【9】

【俳優・黒羽麻璃央】テニミュの卒業のときに、演出の方に「可愛かったから選びました」って言われました

―― 芸能界のイケメンに、自分のルックスとの付き合い方を尋ねる本連載。9回目の今回は、人気BLマンガの映画化作品への出演や、話題のミュージカル『刀剣乱舞』への出演で、2015年一躍存在感を高めた黒羽麻璃央さ...

【俳優・黒羽麻璃央】テニミュの卒業のときに、演出の方に「可愛かったから選びました」って言われました
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【31】

【パフ・ダディ】敏腕裏方かダメラッパーか 出たがり社長伝説の20年! 

―― ワシは今でも、時折1995年の事件を思い出す。その事件というのは、米ヒップホップ雑誌「The Source」が主催した「Source Awards」という式典での問題発言だ。

【パフ・ダディ】敏腕裏方かダメラッパーか 出たがり社長伝説の20年! 
第2特集
『スター・ウォーズ』ビジネスの虚像【1】

ディズニーによって作られた祭りと群がるメディア…広告大量投下でゴリ押し『スター・ウォーズ』の虚像

―― このほど公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。第1作の公開が約40年前とあり、年季の入ったファンが多い同作。本作からディズニーが配給となり興行成績の記録を更新すると意気込み、世間でもお祭...

ディズニーによって作られた祭りと群がるメディア…広告大量投下でゴリ押し『スター・ウォーズ』の虚像
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.44

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』──期待値を上回る出来なれど、「映画」への欲望の変化を炙り出したSWフィーバー

―― 夏頃から尋常でない量の広告展開がなされ、満を持して昨年12月に公開された『スター・ウォーズ』エピソード7。生みの親であるルーカスが手を引き、J.J.エイブラムスが新たに監督の座に就いた本作が見せたのは...

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』──期待値を上回る出来なれど、「映画」への欲望の変化を炙り出したSWフィーバー
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第109回

【神保哲生×宮台真司×中原圭介】疲弊する中間層の没落とアベノミクスの反省点

―― アベノミクスと謳われる経済政策、そして空前の金融緩和により、数字の上では日本経済は上向いているかに見える。だが、その富は大企業や一部の富裕層に集中し、中間層は疲弊しているのが現状だ。世界史を紐解くと、...

【神保哲生×宮台真司×中原圭介】疲弊する中間層の没落とアベノミクスの反省点
第1特集
日米AV業界比較論

日本のアダルト産業は虐げられている!? AVデビューは芸能界の転落先? セレブも目指せる米国との差

―― 15年も元SKE48メンバーの鬼頭桃菜がAVデビューを果たすなど、日本では芸能人→AV女優という流れは定番のひとつとなった。この芸能界とアダルト業界のつながりについて、今回はポルノ大国・アメリカとの比...

日本のアダルト産業は虐げられている!? AVデビューは芸能界の転落先? セレブも目指せる米国との差
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【40】

データ偽装への非難轟々に見る“社会の不可視化”という問題

―― 2015年10月に発覚して世を騒がせている、神奈川県横浜市の大型マンションの傾斜問題と杭打ち工事のデータ偽装事件。メディアは、建設業界の職業倫理の欠如やチェック体制の甘さ、あるいは工事費用確保のために...

データ偽装への非難轟々に見る“社会の不可視化”という問題
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「国民的女優」原節子の誕生

―― 昨年11月、原節子の訃報が流れた。42歳という若さで引退し、半世紀以上もの間、公の場から遠ざかっていたが、キャリアの始まりも特異な女優だった。

「国民的女優」原節子の誕生
第1特集
海を越えて交わる日韓エンタテインメント【2】

俳優からアイドルまで!彼らが日韓関係を変える!? “急接近”を象徴する、日韓芸能界タレント六傑!

―― これが、いま日韓芸能界で要注目の6人だ!

俳優からアイドルまで!彼らが日韓関係を変える!? “急接近”を象徴する、日韓芸能界タレント六傑!
第1特集
海を越えて交わる日韓エンタテインメント【1】

“在日タレント”のみならず、韓国で活躍する日本人タレントも! 和田アキ子から玉山鉄二まで日韓芸能界“クロスオーバー”比較論

―― 近くて遠い国、日本と韓国。しかし日本の“韓流ブーム”、そして韓国の開放政策を経て、両国の芸能界が急速に接近しつつあるという。いわゆる在日タレントのカミングアウトが以前ほど話題にならなくなる一方で、韓国...

“在日タレント”のみならず、韓国で活躍する日本人タレントも! 和田アキ子から玉山鉄二まで日韓芸能界“クロスオーバー”比較論
連載
彼女の耳の穴【33】

【黒川芽以】テレビをつけていたら、クリープハイプが流れていて、声に魅入られてしまったんです。

―― 音楽は小さい頃からずっと好きです。自分の生活の一部と言ってもいいくらい(笑)。物心ついてから、いちばん最初に聴いていた音楽ってなると……私、6歳からこの世界にいるんですけど、小学生のときに『テツワン探...

【黒川芽以】テレビをつけていたら、クリープハイプが流れていて、声に魅入られてしまったんです。
第1特集
禁煙ファシズムが根底にある女優と喫煙のタブー【2】

未成年喫煙からどうどうの吸いっぷりまで!女優・タレントのオフの顔が満載!喫煙ゴシップ名鑑

―― 犯罪かそうでないかを問わず、女優の喫煙は写真週刊誌の狙いの的。普段は見られない顔をのぞいてみよう。

未成年喫煙からどうどうの吸いっぷりまで!女優・タレントのオフの顔が満載!喫煙ゴシップ名鑑
第1特集
禁煙ファシズムが根底にある女優と喫煙のタブー【1】

あの女優がひた隠しにする事実……会食で喫煙がバレてCM降板!?時代錯誤な女優の喫煙タブー

―― 嫌煙ブームにより、ますます肩身が狭くなってきている喫煙者。特に芸能界では、女優の喫煙はタブーとされており、そうした影響なのか、写真週刊誌が女優の喫煙姿を報じることもある。未成年ならともかく、法律的には...

あの女優がひた隠しにする事実……会食で喫煙がバレてCM降板!?時代錯誤な女優の喫煙タブー
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【7】

『スター・ウォーズ』もかくやの世間を巻き込んだ【喜多嶋】サーガの序章…喜多嶋、女優やめるってよ

―― 何かと物議を醸す安倍内閣でさえ、それなりに支持率があるというのに、喜多嶋舞への賛否の分かれ方は清々しいまでに「否」一辺倒である。

『スター・ウォーズ』もかくやの世間を巻き込んだ【喜多嶋】サーガの序章…喜多嶋、女優やめるってよ
第1特集
こじらせ女性タレントの正体【2】

トップ女優から地下アイドルまで…オタクアピール女性タレント27人を一挙掲載!

―― こんなにいました、ニッポンのサブカルアイドルたち。

トップ女優から地下アイドルまで…オタクアピール女性タレント27人を一挙掲載!
第1特集
こじらせ女性タレントの正体【1】

いまや“オタク”なだけではウリにならぬ! 哲学・仏像・歴史にグロ映画!?オタク女性タレントメッタ斬り

―― しょこたんがマンガ好きをアピールしていれば注目されていた牧歌的な時代はもはや遠い過去。ただのオタクだけでは見向きもされない現代芸能界で、マニアック趣味をアピールする女性タレントたちを一挙にご紹介!

いまや“オタク”なだけではウリにならぬ!  哲学・仏像・歴史にグロ映画!?オタク女性タレントメッタ斬り
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【8】

幸福の科学・大川総裁の霊言本で明らかになった佳子様“斉明天皇前世説”

―― 前世は姫とか貴族といわれて現実逃避したくなるのが一般人の常ですが、逆に現世・姫であらせられる、最高のポジションのお方の前世はなんなのでしょう。不敬ながら、前世占いのサイトに佳子様のご生誕日を入力。する...

幸福の科学・大川総裁の霊言本で明らかになった佳子様“斉明天皇前世説”
第1特集
NEWSのアイツはなぜモテるのか?

そんなにイケメンじゃないのにどうしてモテるんだ! 柏木由紀からきゃりぱみゅまでオンナが手越祐也を“愛する理由”

―― 小嶋陽菜、柏木由紀、北原里英、鬼頭桃菜、益若つばさ……数々のオンナたちを食ってきた、ジャニーズいちのモテ男、NEWSの手越祐也。彼はなぜモテるのか? いや、オンナたちはなぜ彼に身を委ねてしまうのか? ...

そんなにイケメンじゃないのにどうしてモテるんだ! 柏木由紀からきゃりぱみゅまでオンナが手越祐也を“愛する理由”
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【9】

毎日ニュースで見るアノ人たち…【気象予報士】が大集合でお天気愛をかく語りき

―― NHK山形放送局のローカル番組内で、気象予報士の岡田みはるさんが天気予報中に泣きだしたことが話題になった昨年末。「トーク中に泣く」。これだけでも相当なインパクトだが、その後の予報中もずっと嗚咽が続いた...

毎日ニュースで見るアノ人たち…【気象予報士】が大集合でお天気愛をかく語りき
第1特集
“彼女”が愛される理由【5】

【精神科医・岩波明】閉塞する現代だからこそ紗栄子は輝く! 彼女は自己愛性パーソナリティ障害である

―― ネットでバッシングされつつも、紗栄子さんは一部から強く支持されています。普通の女性タレントであれば、ダルビッシュ選手のような“玉”を掴んだら、そこに安住するでしょう。しかし紗栄子さんはそうしなかった。...

【精神科医・岩波明】閉塞する現代だからこそ紗栄子は輝く! 彼女は自己愛性パーソナリティ障害である
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【4】

【芸能評論家・三杉武】ファッション誌への起用と、沢尻との確執が生んだ紗栄子の強度

―― 紗栄子を語るうえで外せないキーワード、それはタレントとしての強さと自立性でしょう。

【芸能評論家・三杉武】ファッション誌への起用と、沢尻との確執が生んだ紗栄子の強度
ニュース
高山真が読む今月のサイゾー/オトコとオンナの裏の裏【6】

SMAPの会見に思う――。アイドルは幸せでなくてはいけません。それを信じる人の幸せとつながっているから

―― 1月18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内の生放送での、5人による会見(あれを「謝罪会見」という言葉では表現したくない私がいます)は、SMAPファンではない人たちにも大きな話題を呼びました。...

SMAPの会見に思う――。アイドルは幸せでなくてはいけません。それを信じる人の幸せとつながっているから
連載
磯部涼の「川崎」【2】

川崎の不良が生きる“地元”という監獄

―― 川崎は2つの顔を持っている。その名前を聞いたとき、多くの人はベッドタウンと重工業地帯という対照的なイメージを連想するだろう。あるいは、平穏だが退屈な郊外と、荒廃しているが刺激的な繁華街というイメージを...

川崎の不良が生きる“地元”という監獄
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.45

“過去の人”を嘲笑う『爆報! THEフライデー』…再び輝かせる力のあるプロデューサーはどこに?

―― 1990年前後、私がおもちゃ業界を辞め、出版業界に乗り出すにあたって考えたコンセプトは、「捲土重来」であった。「捲土」とは、“煙が巻き上がるほど激しい戦い”を表し、「重来」は“もう一度やってくること”...

 “過去の人”を嘲笑う『爆報! THEフライデー』…再び輝かせる力のあるプロデューサーはどこに?
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【3】

【ライター/研究者・トミヤマユキコ】紗栄子に見る庶民にいちいち反論するおじさん的な野心家の業

―― 結婚前は「いつも浮いている人」と思っていました。女優っぽくないし、バラドルとしてもヘタ。歌唱力は壊滅的。このままオバさんになったらヤバいぞと老婆心ながら心配していました。それが、ダルビッシュ有と結婚し...

【ライター/研究者・トミヤマユキコ】紗栄子に見る庶民にいちいち反論するおじさん的な野心家の業
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【2】

【アイドル評論家・エリンギ】音痴を隠さない正直さにのちの"紗栄子"の片鱗を見た!

―― アイドルの歴史を視姦……もとい、俯瞰してきたアイドル評論家的には、紗栄子といえばやはり制コレでしょう。時代は00年代前半のグラドル全盛期。90年代後半にイエローキャブ軍団が世を席巻したあと、小倉優子、...

【アイドル評論家・エリンギ】音痴を隠さない正直さにのちの
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【1】

精神科医から、女子文化に詳しい評論家まで識者が語る! 【紗栄子】という欲望に忠実なる“怪獣”の正体

―― ある女がニッポンを渉猟している。金持ち男を求めて。彼女の名は紗栄子。ダルビッシュ有の元嫁にして、ZOZOTOWN社長の現恋人。人は彼女を恐れ、魔女裁判にかけようとする。しかし彼女は決して倒れない。それ...

精神科医から、女子文化に詳しい評論家まで識者が語る! 【紗栄子】という欲望に忠実なる“怪獣”の正体
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

連載