サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 【トミヤマユキコ】紗栄子はおじさんである

ライター/研究者・トミヤマユキコ

1979年、秋田県生まれ。ライター、研究者、パンケーキのエバンジェリスト。「図書新聞」「週刊朝日」「文學界」などで連載中。早稲田大学などで少女マンガ研究をメインとしたサブカルチャー関連講義を担当。著書に『パンケーキ・ノート』(リトルモア)がある。

1602saeko2s.jpg
『Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方』(集英社)

 結婚前は「いつも浮いている人」と思っていました。女優っぽくないし、バラドルとしてもヘタ。歌唱力は壊滅的。このままオバさんになったらヤバいぞと老婆心ながら心配していました。それが、ダルビッシュ有と結婚して野心家なんだとわかった。「女界の偉人」になりたいんだと気づかされたんです。世間が思うより、さらに上に目標を設定している。

 ブログやフォトエッセイを読むと、小言が多いおじさんのよう。例えばドラマ共演者との食事について、若い女性タレントなら「楽しかったよー」などと書きますが、『Saeko』(アメーバブックス新社/08年)では「たくさんお話聞けて嬉しかったんだけど、2杯目に頼んだシャンディーガフのジンジャーの主張が激しくてちょっと苦しかったです。笑」と一言余計。ダルビッシュとの交際3カ月、妊娠3カ月の結婚も、「決して成り行きではなく、心から望んだことでした」と、批判する人への反論を書かずにいられない。そこが、かわいげがなく映り、バッシングを誘うのかもしれません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』