サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 【トミヤマユキコ】紗栄子はおじさんである

ライター/研究者・トミヤマユキコ

1979年、秋田県生まれ。ライター、研究者、パンケーキのエバンジェリスト。「図書新聞」「週刊朝日」「文學界」などで連載中。早稲田大学などで少女マンガ研究をメインとしたサブカルチャー関連講義を担当。著書に『パンケーキ・ノート』(リトルモア)がある。

1602saeko2s.jpg
『Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方』(集英社)

 結婚前は「いつも浮いている人」と思っていました。女優っぽくないし、バラドルとしてもヘタ。歌唱力は壊滅的。このままオバさんになったらヤバいぞと老婆心ながら心配していました。それが、ダルビッシュ有と結婚して野心家なんだとわかった。「女界の偉人」になりたいんだと気づかされたんです。世間が思うより、さらに上に目標を設定している。

 ブログやフォトエッセイを読むと、小言が多いおじさんのよう。例えばドラマ共演者との食事について、若い女性タレントなら「楽しかったよー」などと書きますが、『Saeko』(アメーバブックス新社/08年)では「たくさんお話聞けて嬉しかったんだけど、2杯目に頼んだシャンディーガフのジンジャーの主張が激しくてちょっと苦しかったです。笑」と一言余計。ダルビッシュとの交際3カ月、妊娠3カ月の結婚も、「決して成り行きではなく、心から望んだことでした」と、批判する人への反論を書かずにいられない。そこが、かわいげがなく映り、バッシングを誘うのかもしれません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』