サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 【トミヤマユキコ】紗栄子はおじさんである

ライター/研究者・トミヤマユキコ

1979年、秋田県生まれ。ライター、研究者、パンケーキのエバンジェリスト。「図書新聞」「週刊朝日」「文學界」などで連載中。早稲田大学などで少女マンガ研究をメインとしたサブカルチャー関連講義を担当。著書に『パンケーキ・ノート』(リトルモア)がある。

1602saeko2s.jpg
『Saeko One&only 「私は私」。ルールに縛られない、おしゃれな生き方』(集英社)

 結婚前は「いつも浮いている人」と思っていました。女優っぽくないし、バラドルとしてもヘタ。歌唱力は壊滅的。このままオバさんになったらヤバいぞと老婆心ながら心配していました。それが、ダルビッシュ有と結婚して野心家なんだとわかった。「女界の偉人」になりたいんだと気づかされたんです。世間が思うより、さらに上に目標を設定している。

 ブログやフォトエッセイを読むと、小言が多いおじさんのよう。例えばドラマ共演者との食事について、若い女性タレントなら「楽しかったよー」などと書きますが、『Saeko』(アメーバブックス新社/08年)では「たくさんお話聞けて嬉しかったんだけど、2杯目に頼んだシャンディーガフのジンジャーの主張が激しくてちょっと苦しかったです。笑」と一言余計。ダルビッシュとの交際3カ月、妊娠3カ月の結婚も、「決して成り行きではなく、心から望んだことでした」と、批判する人への反論を書かずにいられない。そこが、かわいげがなく映り、バッシングを誘うのかもしれません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ