サイゾーpremium  > 特集2  > 便乗する【女性誌】のトンデモ企画
1602_sw_05.jpg
コラボ商品を展開するユニクロでは、『SW』のロゴ入りTシャツをコーディネイトしたディスプレイが展開されていた。

――『スター・ウォーズ』祭りさながらの宣伝・企画合戦が行われていた『フォースの覚醒』公開前夜。この勢いには、女性誌もちゃっかり乗っかっていたが、 これまでの『スター・ウォーズ』シリーズのときには見られなかった、女性誌ならではのトンデモ企画が続出していた!?

 フォース利権を手に入れたディズニー帝国は、2020年に向けてカネ儲けというダークサイドを突き進む。そのためには女性をファンに取り込み「スタ女」(『スター・ウォーズ(以下、SW)』を観たことがないけれど好きな女子)化させることが欠かせないと、続3部作の主人公に女性を選ぶほどだ。

 フォースの力で!? 女性誌もこぞってスター・ウォーズ特集を組む。ディズニー帝国が女性誌を使って「スタ女」を生み出そうと策略する。本稿では、少しダイナミックに、ディズニー『SW』のダークサイドぶりを総まくりだ!

 先陣を切ったのは、ディズニーの公式本を出版する講談社の「FRaU」。15年8月号の特集で「最新作はなんと女性が主役!だから STAR WARSは 女のモノ!」という12ページの特集を組み、「遥か彼方の銀河系で、今度は女が活躍する……」「なんともドラマティックな作品なのに、まだ『男の人が好きな映画よね』と話す女性がなんと多いことか。これは正直もったいない。さらにいえば、この冬公開の最新作では美しく自立したヒロインを主人公に物語が展開する。つまり『スター・ウォーズ』は、ついに自分の人生を生きる女のモノになったのだ。そこで描かれる恋も冒険も葛藤も、すべて私たちのためのもの。だから食わず嫌いのアナタにも届けたい、“女のための”スター・ウォーズ特集。今こそMay the force be with you!」と『SW』のオープニング調のレイアウトで華々しくスタートする。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』