サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > アイドル評論家が説く【紗栄子論】
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【2】

【アイドル評論家・エリンギ】音痴を隠さない正直さにのちの"紗栄子"の片鱗を見た!

+お気に入りに追加

アイドル評論家・エリンギ

1980年、東京都生まれ。雑誌やウェブメディアを中心に、ライター、評論活動を行う。いまの推しメンはモーニング娘。'16の小田さくら。

1602saekos.jpg
『this is me!#02紗栄子×デニム着回し100』(小学館)

 アイドルの歴史を視姦……もとい、俯瞰してきたアイドル評論家的には、紗栄子といえばやはり制コレでしょう。時代は00年代前半のグラドル全盛期。90年代後半にイエローキャブ軍団が世を席巻したあと、小倉優子、井上和香、川村ゆきえら新たな世代がグラドル市場に登場し始めていました。

「巨乳ビキニグラビア」のイメージが強かった日テレジェニックなどのグラビアオーディションと違って、集英社「ヤングジャンプ」が主催していた“制コレ”こと制服コレクションは、ミニスカにルーズソックスというナマっぽさと、その制服を10代女子が脱いで水着になるという背徳感とで、清楚かつエロい、という独特の地位を築いていたのであります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那