サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【パフ・ダディ】出たがり社長伝説の20年
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【31】

【パフ・ダディ】敏腕裏方かダメラッパーか 出たがり社長伝説の20年! 

+お気に入りに追加

『MMM』

1602_fhs_01.jpg

Puff Daddy & The Family (発売元:ソニーミュージック)
いくつもの改名を経てアーティスト・デビュー当時の「パフ・ダディ」名義に戻り、ファンへの感謝としてフリーで発表したアルバムだったが、「無料で手に入るが、みんなが買いたいと言っている」との理由で、新曲を加えて有料リリース。なじみのリル・キムから新人ギズルまで、いつも通りのゲスト満載&豪華仕様だ。

 ワシは今でも、時折1995年の事件を思い出す。その事件というのは、米ヒップホップ雑誌「The Source」が主催した「Source Awards」という式典での問題発言だ。

 発言の主は、N・W・Aの伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』でも邪悪な存在感を放つ暴力社長シュグ・ナイト。曰く、「自分のところの社長が出たがりで困っているアーティストは、ぜひうちのレーベルに来てください」。

 この発言を真に理解するためには、シュグ・ナイトという人物の恐ろしさや、当時の米ヒップホップ界における東西対立ムードというものも知っておかねばならないが、説明はまたの機会としよう。

 とにかく、シュグ・ナイトの発言に会場は騒然となったものだ。彼が出たがり社長と挑発した相手は、ショーン・コムズ。またの名を、パフィ、パフ・ダディ、P・ディディなどなど。今回の主役はその彼だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』