サイゾーpremium  > 連載  > ヘンリー塚本の「クレイジー昭和AV道」
連載
ヘンリー塚本の「クレイジー昭和AV道」【2】

「近親相姦」をテーマにしたポルノにこそ身震いするほどの快楽が潜んでいる!

+お気に入りに追加

――72歳の“昭和系”AV監督が送る、トラディッショナルAV論!

1601henrys.jpg
『セックスのすすめ』(双葉社)

 明けましておめでとうございます、72歳の現役AV監督・ヘンリー塚本です。今月も僕が手がけるFAプロの作品についてお話しさせていただきます。僕はこれまで、「近親相姦」をテーマにしたポルノ作品を数え切れないほど制作してきました。その理由は、そこに人間の本質があるからです。

 ひとつ例を挙げましょう。再婚家庭での乱れた性の世界です。妻が早死にしたため新しい妻を迎えた。その女には17~18歳の若い娘の連れ子がおり、とっても魅力的です。自分が結婚したおっかさんよりも、よっぽど女っぽく色っぽい。あってはならない関係だが、いろんな事情があってその娘と関係を持ってしまい、ただれた性の世界にのめり込んでいく──。身震いがするほど興奮する性のドラマではありませんか? そしてこれは、現実にもあることです。もちろん法的には禁止されていますが、特に昭和初期の頃、封建制度が色濃く残っていると同時に、まだ人がいまよりもずっと簡単に死んでしまっていた頃までは、決して珍しくはないことでした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE