サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?
160204beckys.jpg
『木部本』(ポプラ社)

 出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビ出演も見送るなど、所属事務所サンミュージックの懐具合に打撃を与えているベッキー。この深刻な状況に事務所内には悲壮感が漂っているという。

「最近、サンミュージックの幹部から社員や所属タレントに“緊急メール”が送られてきたようです。そこには『未曾有の危機であること』『それぞれが自分たちの力で稼ぐように』といった内容が書かれていたといいます。なんせ、ベッキーの不倫騒動で被った損害額はCMで10億円、テレビで5億円と見られている。ベッキー本人は『1カ月で復帰する』と周囲に吹聴しているそうですが、そんな短期間での復帰などありえません。このまま芸能界からフェードアウトする可能性のほうが高い。騒動の影響でLINEのスタンプがバカ売れして1000万円ほどの収益になると言われていますが、正直、屁のツッパリにもならないでしょうしね」(業界関係者)

 そんな中、サンミュージック内ではこんな起死回生案も浮上しているという。

「ベッキーの妹で、ロサンゼルスで活動するダンサーのジェシカに代役を頼めないかというものです。彼女はアメリカのダンスバトル大会で優勝した際には、ネット上で『可愛すぎる』と絶賛されました。所属事務所もなくフリーですから、もし引っ張り出せれば話題になること間違いなしです」(前出・業界関係者)

 広瀬アリス&すずを筆頭に、最近の芸能界は「姉妹ブーム」だけに、それもアリか!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

衝撃のアート論

衝撃のアート論
    • タブー表現で魅せる【若手アーティスト】
    • 漢 a.k.a. GAMIとD.Oが【リヒター展】へ
    • 現代アートグッズ【転売事情】
    • 唯一無二の【B-BOY彫刻家】
    • 【ビジネス書×アート】の功罪
    • 【芸能人アート】原色使いがち問題
    • ヒップホップと【NFT】の邂逅
    • 【仏画】という芸術論
    • 今、見るべき【戦争写真集】
    • 【排除アート】と都市の美化
    • 排除アートの【アート】
    • 【Adobe】“帝国”研究

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】雪平莉左
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【雨宮純】現代怪事廻説
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【小原真史】写真時評
    • 【七瀬アリス】下着と水着の考証学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澁川祐子】味なニッポン戦後史
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【脳内パステル みさき】シラナイマチトワタシ
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報
サイゾーパブリシティ