サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ベッキー不倫騒動で大打撃の事務所が打つ起死回生案とは?
160204beckys.jpg
『木部本』(ポプラ社)

 出演していたCM10社の契約が打ち切られ、テレビ出演も見送るなど、所属事務所サンミュージックの懐具合に打撃を与えているベッキー。この深刻な状況に事務所内には悲壮感が漂っているという。

「最近、サンミュージックの幹部から社員や所属タレントに“緊急メール”が送られてきたようです。そこには『未曾有の危機であること』『それぞれが自分たちの力で稼ぐように』といった内容が書かれていたといいます。なんせ、ベッキーの不倫騒動で被った損害額はCMで10億円、テレビで5億円と見られている。ベッキー本人は『1カ月で復帰する』と周囲に吹聴しているそうですが、そんな短期間での復帰などありえません。このまま芸能界からフェードアウトする可能性のほうが高い。騒動の影響でLINEのスタンプがバカ売れして1000万円ほどの収益になると言われていますが、正直、屁のツッパリにもならないでしょうしね」(業界関係者)

 そんな中、サンミュージック内ではこんな起死回生案も浮上しているという。

「ベッキーの妹で、ロサンゼルスで活動するダンサーのジェシカに代役を頼めないかというものです。彼女はアメリカのダンスバトル大会で優勝した際には、ネット上で『可愛すぎる』と絶賛されました。所属事務所もなくフリーですから、もし引っ張り出せれば話題になること間違いなしです」(前出・業界関係者)

 広瀬アリス&すずを筆頭に、最近の芸能界は「姉妹ブーム」だけに、それもアリか!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』