サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 【岩波明】紗栄子は自己愛性人格障害

精神科医・岩波明

1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒。精神科医。都立松沢病院、東大病院精神科などを経て、現在、昭和大学医学部精神医学講座教授、昭和大学附属烏山病院・院長。近著に『大人のADHD もっとも身近な発達障害』(ちくま新書)など。

1602saeko4s.jpg
『Saeko』(アメーバブックス新社)

 ネットでバッシングされつつも、紗栄子さんは一部から強く支持されています。普通の女性タレントであれば、ダルビッシュ選手のような“玉”を掴んだら、そこに安住するでしょう。しかし紗栄子さんはそうしなかった。その点に彼女の「特別さ」を感じる人がいるのだと思います。

 野球選手は遠征が多く不在がちですし、たまに自分がマスコミに出ても「ダルビッシュ選手の妻」として紹介されてしまう。彼女には、「もっと注目されたい」という思いがあったのでしょう。

 心情的には、2006年に都内で起きた「セレブ妻殺人事件」の犯人・三橋歌織受刑者の思考パターンに近いところがあるように思います。彼女の実家は新潟県の地元の名士。東京の女子大に通うも金遣いが荒く、かなりの仕送りがあっても足りず、結婚後も愛人がいたことがわかっています。彼女はカネとプライドを追い求めて殺人にまで至りましたが、若い女性からは不思議と支持されていました。

 紗栄子さんのパーソナリティを精神医学的にいうなら、「自己愛性パーソナリティ障害」でしょうか。成功、権力、美しさ等にとらわれ、自分が特別であると信じており、過剰な賛美を求める。すなわち自己愛が強く、自己顕示性、自己評価が著しく高い。誰にでも自己愛はありますが、普通は他人の評価と照らし合わせて適度なところに落ち着きます。ところが自己愛が行きすぎると、常に他人の注目を集めるような行動をとりたがる。

 紗栄子さんが病的なまでにそうだということではありませんが、そうした傾向が強いということはいえるでしょう。バッシングされても常にポジティブでいられるのも、自己顕示性があればこそ。下着姿やセミヌードを披露しているのも、自己顕示性が強いことの典型でしょう。

 おそらく彼女は、ダルビッシュ選手と結婚したことで、「自分には力があって、有能な男を操れるのだ」「私は自由に振る舞ってもよいのだ」ということを学習したのでしょう。結婚生活の後半から離婚後は、カネと男という現世的な目標に邁進していきます。10~20年前ならもっと激しく叩かれて消えてしまっていたかもしれませんが、同性からの支持がそれなりにあるのは、彼女のそういうストレートな行動が、一昔前より許容されるようになっているからだと思います。

 その一方でいまは、多くの人がポジティブに生きられない時代でもあります。生活のために身を粉にしなければならず、若者たちも最初から大望を抱かず、自分の領域内だけで静かに生きようという傾向が強まっている。時代そのものが陰鬱というか、慢性うつ状態にあるわけです。

 アメリカでは若者がとてつもない成功を収めることがいまでもありますが、日本はそういった希望はなかなか持ち得ない社会。そんななか紗栄子さんの生き方は、普通の女性にとって輝かしく見えるのかもしれませんね。

(構成/安楽由紀子)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ