サイゾーpremium  > 連載  > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」  > 【気象予報士】が語る天気愛
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【9】

毎日ニュースで見るアノ人たち…【気象予報士】が大集合でお天気愛をかく語りき

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

今月のトークライブ

1602_hayashi_01.jpg

お天気キャスター・気象予報士大集合’15~津波・天災を忘れないために~

人物:森田正光、木原実など 日時場所:2015年12月9日 @東京カルチャーカルチャー
2011年に制定された「津波防災の日」(11/5)をきっかけに、防災について関心を深めるため、お天気キャスター・気象予報士が集結。今年で5回目の開催となる。

 NHK山形放送局のローカル番組内で、気象予報士の岡田みはるさんが天気予報中に泣きだしたことが話題になった昨年末。「トーク中に泣く」。これだけでも相当なインパクトだが、その後の予報中もずっと嗚咽が続いたため、ネット界隈は大盛り上がり。そもそもお天気キャスター・気象予報士という職業は、トーク(アナウンス)のプロなのか。それとも天気を扱う専門職なのか。そんなふうにつらつらと考えていたタイミングにちょうど開催されたイベント「お天気キャスター・気象予報士大集合’15」に参加してきた。彼らのトークテクを分析する絶好のチャンスだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ