> 201510の検索結果

201510 の検索結果

ニュース
【premium限定ニュース】

紗栄子、さとう珠緒との噂も!? プレイボーイぶりを発揮する武豊の夜遊び事情

―― 発売中の「女性セブン」誌上でフリーキャスターの美馬玲子との手繋ぎデートの様子を報じられた騎手の武豊。先日20年ぶりにテレビ出演し話題となった佐野量子とはおしどり夫婦のイメージがあっただけに、スキャンダ...

紗栄子、さとう珠緒との噂も!? プレイボーイぶりを発揮する武豊の夜遊び事情
ニュース
【premium限定ニュース】

ジリ貧のフジテレビが社運をかけた女子アナ採用! ポスト・カトパンの新人・宮司愛海アナ局内での評判は?

―― 秋の改編も一段落し、今年入社の新人女子アナの評判が出揃ってきたこの時期。日本テレビの笹崎里菜アナは別格として、やはり注目を集めているのがフジテレビの3人組。なかでも宮司愛海アナには“ポストカトパン”の...

ジリ貧のフジテレビが社運をかけた女子アナ採用! ポスト・カトパンの新人・宮司愛海アナ局内での評判は?
ニュース
【premium限定ニュース】

交際相手のライオンズ・金子侑司にも浮気疑惑!? フジテレビ・三田友梨佳アナ復帰も懸念されるその心労

―― 扁桃腺の摘出手術を終え「直撃LIVE!グッディ」で13日に復帰を果たしたフジの三田友梨佳アナ。「今日から元気いっぱい頑張ります」と笑顔を振りまいたが、局内から聞こえてくるのはミタパンを心配する声ばかり...

交際相手のライオンズ・金子侑司にも浮気疑惑!? フジテレビ・三田友梨佳アナ復帰も懸念されるその心労
ニュース
【premium限定ニュース】

月9で共演の山下智久もメロメロ……あの有名カップルの破局も石原さとみの「唇」が原因!?

――  10月12日にスタートするフジテレビの月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」で、山下智久と初共演を果たす石原さとみ。これまで、嵐の松本潤、佐藤健や生田斗真など恋人役を演じたイケメン俳優との間にこ...

月9で共演の山下智久もメロメロ……あの有名カップルの破局も石原さとみの「唇」が原因!?
ニュース
【premium限定ニュース】

参院選への出馬の可能性も……芸能界引退の山岸舞彩が早くも復帰に備えている!?

―― 10月1日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)出演を最後に芸能界から引退した山岸舞彩。「丸井」創業者の孫との「玉の輿婚」とあって、テレビ界にはまったく未練がないのかと思いきや、本人は早くも「離...

参院選への出馬の可能性も……芸能界引退の山岸舞彩が早くも復帰に備えている!?
ニュース
【premium限定ニュース】

「私、脱ぐよ」篠原涼子がフジテレビの新ドラマでアノ年下俳優との官能シーンを提案

―― ドラマの不振が続くフジテレビが、今期もっとも期待を寄せているのが、10月15日にスタートする篠原涼子主演の『オトナ女子』(フジテレビ系)だ。

「私、脱ぐよ」篠原涼子がフジテレビの新ドラマでアノ年下俳優との官能シーンを提案
連載
【premium限定連載】フィクションで解剖——オトメゴコロ乱読修行【8】

「高スペック既婚男性が都合よく離婚して自分のものに!」マンガ『姉の結婚』はアラフォー女性のポルノ!?

―― 今回は、アラフォー女性が、東京での生活に疲れ、戻った地元で恋をするマンガ『姉の結婚』をピックアップ! この8月、俳優・山本耕史(38歳)と女優・堀北真希(26歳)の結婚が報道された。ここで特に話題にな...

「高スペック既婚男性が都合よく離婚して自分のものに!」マンガ『姉の結婚』はアラフォー女性のポルノ!?
ニュース
【premium限定ニュース】

テレビ朝日、秋の改編で赤江珠緒が「クビ」、長嶋一茂、石原良純が「残留」だった理由

――  テレビ朝日系の情報番組「モーニングバード」が秋の改編で終了し、9月28日に「羽鳥慎一モーニングショー」がスタート。それを受け、「モーニングバード!」などで12年にわたりテレ朝のワイドショーでキャスタ...

テレビ朝日、秋の改編で赤江珠緒が「クビ」、長嶋一茂、石原良純が「残留」だった理由
ニュース
【premium限定ニュース】

フジテレビ・ミタパンが扁桃腺手術で休養、原因は安藤優子との共演ストレスか!?

―― “ミタパン”の愛称で知られるフジテレビの三田友梨佳アナが、扁桃腺の除去手術を受けることが分かった。9月29日、レギュラー出演している「直撃LIVE グッディ!」で報告し、10月第2週まで同番組を欠席す...

フジテレビ・ミタパンが扁桃腺手術で休養、原因は安藤優子との共演ストレスか!?
ニュース
高山真が読む今月のサイゾー- オトコとオンナの裏の裏【1】

安藤美姫、古閑美保、田中理恵……"美人"が通用しなくなるテレビの世界で、「美人アスリート」は何をすべきか?

―― サイゾー10月号の『美人アスリートの「第二の人生」胸算用』を読んでみてつくづく思ったのは、「男と女の見方はこうも違い、こうも同じである」ということでした。現役アスリートであれ元アスリートであれ、ほとん...

安藤美姫、古閑美保、田中理恵……
連載
藏本天外の奇想天外【12】

【おのののか】の心をメンタリズムで丸裸!「こう見えて、白黒ちゃんとつけたいタイプなんです」

―― 連載スタートから丸1年を迎えた当連載。記念すべき1周年のゲストは、〈美人すぎるビールの売り子〉として注目を集め、現在はグラビアやバラエティ番組の出演、そして女優としても活躍するおのののかさん。「面倒く...

【おのののか】の心をメンタリズムで丸裸!「こう見えて、白黒ちゃんとつけたいタイプなんです」
第1特集
廃墟ブームとはなんだったのか?

軍艦島から福島第一原発まで “負の歴史”を忘却して変貌する「廃墟ブーム」の功罪

―― 1990年代以降一般化し、多くのライトマニアを生み出した「廃墟ブーム」。「軍艦島」に象徴されるように、いつの間にやら好事家の嗜好品から「我々日本人の記憶」へと変貌を遂げた廃墟をめぐる歴史を追う! 

軍艦島から福島第一原発まで “負の歴史”を忘却して変貌する「廃墟ブーム」の功罪
第1特集
店舗型フーゾクは苦労がいっぱい!

ネオンきらめくピンク看板も、今は昔……!? 立地も建て替えも風営法でNG!?絶滅寸前フーゾク建築の現在

―― ソープランドや店舗型ヘルスなど、実店舗を持つ店舗型風俗店。法的には「店舗型性風俗特殊営業」なる名称を与えられた性風俗店を中心に、立地や建物に関してどのような法が存在し、実際にどのような規制があるのか、...

ネオンきらめくピンク看板も、今は昔……!? 立地も建て替えも風営法でNG!?絶滅寸前フーゾク建築の現在
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.40

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』――タイミングの偶然が生んだ、20世紀と21世紀の境目を爆走する良作

―― 今夏、映画好きを熱狂させた話題作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。「ヒャッハー」しているだけでは終われない、この「映画」の本当のすごさと、その背景を読み解いてみよう。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』――タイミングの偶然が生んだ、20世紀と21世紀の境目を爆走する良作
連載
乙女の偏愛学【1】

【仮面女子・窪田美沙】現役アイドルは打楽器ヲタクの元吹奏楽部員!!

―― 2006年から2年近く続いた名物連載が、話題のアイドルグループ「仮面女子」メンバー限定で復活です。中学で吹奏楽部に入部し、パーカッションを担当。中3の時には地元の京都大会で金賞を取ったほどの腕前の美沙...

【仮面女子・窪田美沙】現役アイドルは打楽器ヲタクの元吹奏楽部員!!
第1特集
建築業界で風水が“タブー”視されたワケ【2】

風水でつくられた街ほど事故物件だらけ!? 「大島てる」に無茶ぶり!風水と事故物件の関係

―― 日本の歴史上、風水に基づいた都市設計が積極的に行われていた時期がある。しかし、当時の建築物の多くは“事故物件”化した。その因果関係はいかに?

風水でつくられた街ほど事故物件だらけ!? 「大島てる」に無茶ぶり!風水と事故物件の関係
第1特集
建築業界で風水が“タブー”視されたワケ

藤原紀香、市川海老蔵夫妻もハマった! Dr.コパ、ユミリー出現でブームを呼んだ"風水建築"の功罪

―― 風水の専門知識を持つ建築士に向けて、来春にも「風水建築士」なる資格の認定が開始されるという。風水といえば、Dr.コパこと小林祥晃氏や、ユミリーこと直居由美里氏など、“占い師”的イメージが強いが、その歴...

藤原紀香、市川海老蔵夫妻もハマった! Dr.コパ、ユミリー出現でブームを呼んだ
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【5】

幽霊、邦画のボンクラに困惑する。

―― 映画が好きだった。いや、今も好きだが。20年くらい前は名画座に入り浸り、近所にできたばかりのTSUTAYAでVシネを借りまくっていたくらい好きだった。

幽霊、邦画のボンクラに困惑する。
連載
李策のNKIT通信【4】

北朝鮮のサイバー攻撃部隊は他国のゲーム会社に就職しハッキングの機会を狙う

―― 2010年5月のある日、中国遼寧省の省都・瀋陽の中心部にある大型の北朝鮮レストラン「七星食堂」に、北朝鮮の若者たち数十人が続々と到着した。中国や東南アジアにある北朝鮮レストランの多くは、地元資本と北朝...

北朝鮮のサイバー攻撃部隊は他国のゲーム会社に就職しハッキングの機会を狙う
第1特集
中上健次をぶっ飛ばす!土方小説

中上健次、吉村昭からBLに自費出版作品までノミネート……発表! 肉体うずく!土方文学大賞

―― 中上健次による芥川賞受賞作品『岬』など、文芸小説では土方・土木・建築をテーマにした作品が描かれてきた。ただし、いまだそれは体系的にまとめられてはいない。そこで「土方文学賞」と称して、土木建築系フリーペ...

中上健次、吉村昭からBLに自費出版作品までノミネート……発表! 肉体うずく!土方文学大賞
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【3】

「ただしイケメンに限る」が当てはまるほど山本耕史はイケメンなのか? それでも堀北真希は、それを愛と呼ぶんだぜ!

―― 堀北真希と結婚した山本耕史のアプローチが「ストーカー的」であると話題だ。

「ただしイケメンに限る」が当てはまるほど山本耕史はイケメンなのか? それでも堀北真希は、それを愛と呼ぶんだぜ!
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【36】

現場の刑務官が思う死刑の“軽さ”

―― 死刑に関する論考の第3回目となる今回はいよいよ、謎多き死刑制度の中でも特に分厚い秘密のベールに包まれてきた、死刑執行の現場を取り上げます。今日、その実態に関しては、長年死刑執行に携わった経験を持つ元刑...

現場の刑務官が思う死刑の“軽さ”
第1特集
政治と権力の緊密な関係

議員会館と官邸のリニューアルが日本政治を硬直化させた!?【政治学者・御厨 貴】が論ずる「建築と政治」

―― 古来より、時の権力者がその力を誇示するものとして、建築物は大いに利用されてきた。また、その時々の社会の思想潮流が反映されるのが建築物の特徴でもある。そうした中にあって、現代の政治家は建物をどう活用して...

議員会館と官邸のリニューアルが日本政治を硬直化させた!?【政治学者・御厨 貴】が論ずる「建築と政治」
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【4】

【辛酸なめ子】「ケネディ家の呪いを解く」ケネディの孫が佳子様に近づいた本当の理由

―― アメリカでは「王朝」と称されることもある、セレブなケネディ一族。中でも伝説的な存在なのがジョン・F・ケネディ元大統領で、その娘キャロライン・ケネディは駐日アメリカ合衆国大使に任命されました。キャロライ...

【辛酸なめ子】「ケネディ家の呪いを解く」ケネディの孫が佳子様に近づいた本当の理由
連載
ロバート秋山竜次のアダルトグッズ妄想使用指南【12】

【秋山竜次】局部サイズアップトレーニングで己と向き合うべし!

―― 今月は、電動で男性器を吸引する「ボス エレクトポンプ プロ Ⅱ」をピックアップ。ロバート・秋山竜次氏が変幻自在の妄想力を駆使して、アダルトグッズの斬新な使いどころを模索する!

【秋山竜次】局部サイズアップトレーニングで己と向き合うべし!
第1特集
【5分で知ったかぶりできる!?】

"モダニズム"の本当の意味、説明できる? これで明日から通ぶれる!「そうだったのか建築用語」

―― 建築メディアを読むと、知らない単語が現れたり、言葉の使われ方が普段知っているそれとは違うことに気がつく。そこで頻出する12個のキーワードを、その言葉が背負った文脈から超真面目に解説してみたい。

第1特集
法と建築のキケンな関係

建築基準法、都市計画法から考える、大都市・東京の無秩序膨張……開発主導の都市計画と東京

―― 1964年の東京オリンピックを機に、一気に現在の姿へと変貌を遂げ始めたという大都市・東京。では、その背景にはどのような法令の整備が存在したのか?東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授・中島直人氏...

建築基準法、都市計画法から考える、大都市・東京の無秩序膨張……開発主導の都市計画と東京
連載
彼女の耳の穴【29】

【大久保佳代子】歌い方が本当にセクシーで……当時の愛知の実家で一番多いのはたけしさんのレコードです。

―― 先日の“ババアマラソン”では大変感動的な演出をしていただいて。フジテレビの『27時間テレビ』で挑戦した88キロマラソンのゴール直前で、清水ミチコさんが松任谷由実さんのモノマネで歌ってくださったんですよ...

【大久保佳代子】歌い方が本当にセクシーで……当時の愛知の実家で一番多いのはたけしさんのレコードです。
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.41

NHK大越健介キャスターが2時間特番で見せたキャッチボールと涙は、強烈な反撃だ!

―― 反撃反論のあり方の究極を見た。8月23日放送のBS1スペシャル『大越健介 メジャーリーグをゆく~知られざるアメリカの素顔~』のことである。3月まで『ニュースウオッチ9』のキャスターを務めていた大越の2...

NHK大越健介キャスターが2時間特番で見せたキャッチボールと涙は、強烈な反撃だ!
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第94回

『リトル・ボーイ』――原子爆弾投下は“神の福音”か“大量虐殺”か?

―― 広島に原爆が投下されて70年目、アメリカでもそれを題材にした映画が公開された。タイトルを『リトル・ボーイ』という。

『リトル・ボーイ』――原子爆弾投下は“神の福音”か“大量虐殺”か?
第1特集
名門建築学科と建築学生のウラ側【2】

一番ダサいのは東京理科大の建築学生!? 大学生活の現実を暴露!建築学生の覆面座談会

―― 建築学科にいる若者たちは、どんなキャンパスライフを送っているのだろうか?現役の建築学生たちにその実態を赤裸々に語ってもらった。

一番ダサいのは東京理科大の建築学生!? 大学生活の現実を暴露!建築学生の覆面座談会
第1特集
名門建築学科と建築学生のウラ側【1】

早稲田の建築学科は“ゼネコン予備校”? 京大の建築学生は性に奔放!?建築学科のイビツな格差と恥部

―― 建築家の卵たちが集う大学の建築学科。東大、京大、早稲田……一流大学だけでなく、全国の大学にそれは設けられているが、その内部はどうなっているのだろうか?また、大学ごとにどんなカラーがあるのか? 研究内容...

早稲田の建築学科は“ゼネコン予備校”? 京大の建築学生は性に奔放!?建築学科のイビツな格差と恥部
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第21回

「まちづくりの「はじめの一歩」はカフェにあり、人にあり。」

―― 浅草にある古民家カフェ「つむぐり」。どんぐりの語源と「紡ぐ」という言葉のダブルミーニングで名づけられた。「地方創生」という政策からもわかる通り、コミュニティの再生はこの国の先行きを左右する重要なテーマ...

「まちづくりの「はじめの一歩」はカフェにあり、人にあり。」
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第20回

近代国家ができる前には人類は平和な生活をしていた、という考えは誤りである

―― 近代国家や資本主義ができるまえ、人間はもともと平和的で牧歌的な暮らしをしていた、と考える人は少なくありません。近代国家や資本主義ができたからこそ、人間は大規模な戦争をするようになったのだし、物欲を肥大...

近代国家ができる前には人類は平和な生活をしていた、という考えは誤りである
第1特集
日本を創造するエリート集団の悲哀

「ボーナスがちょろっと上がったくらいです(泣)」五輪特需でも賞与据え置き! ゼネコン社員【哀】座談会

―― バブルが吹き荒れる建築業界だが、その施工を請け負うのはいうまでもなくゼネコン。中にいる一般社員はこのバブルをどう見ているのか。エリート社員たちの悲喜こもごもを聞いた。

「ボーナスがちょろっと上がったくらいです(泣)」五輪特需でも賞与据え置き! ゼネコン社員【哀】座談会
連載
月刊桃色新聞【秘】情報局【10】

【白衣ゆき×安保法制】安保法制を無理やり通しちゃうと、あとあと問題になります!

―― AVメーカーMAXINGイチオシの女優さんにあえてカタい時事ネタをふってみる当連載。今回は、10月16日にデビューする新人の白衣ゆきちゃんに、「安保法制」についてお聞きします。

【白衣ゆき×安保法制】安保法制を無理やり通しちゃうと、あとあと問題になります!
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【27】

【2NE1】K-POP界最大級の才能を持つ女ラッパーCLとアメリカという壁 

―― テイラー・スウィフトは、カントリー系歌手としては異常である。つまり、同ジャンルとしては例外的に国外での人気が高いのだ。最新作『1989』に至っては、世界全体のセールスを占める米国セールスは60%弱のみ...

【2NE1】K-POP界最大級の才能を持つ女ラッパーCLとアメリカという壁 
第1特集
【菅野裕子×田尾下哲】音楽と建築を語り尽くす

“良いホール”の条件って、何? 耳で聞く! 建築の“旋律”論――識者が語る建築と音楽の関係

―― J-POPのコンサートを楽しむには、どのような空間が最適で、オペラを十二分に味わうには、どんな空間が適宜とされるのか?離れているようで、実は密接な関係にあった“建築と音楽”の歴史を振り返りながら、両者...

“良いホール”の条件って、何? 耳で聞く!  建築の“旋律”論――識者が語る建築と音楽の関係
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第105回

疑問が残る原発再稼働――その、民意なき決定の背景

―― 安保法制や2020年東京五輪をめぐる問題がメディアを賑わせる中、九州電力川内原発が再稼働された。安全面や政府の対応を非難する報道が多く見られたが、先の原発事故により設置された、政府事故調査委員会委員を...

疑問が残る原発再稼働――その、民意なき決定の背景
第1特集
建築界の奇人変人列伝【2】

実は五輪選手が2人! その理由は家柄にあり? 本業以外もスゴい日本人建築家たち

―― 建築家という人種はプレイボーイのようで、女性関係で話題になった日本人建築家は数多くいるという。

実は五輪選手が2人! その理由は家柄にあり? 本業以外もスゴい日本人建築家たち
第1特集
建築界の奇人変人列伝【1】

奇人に見える人こそ、実は戦略家? 女性問題、惨殺事件、女性恐怖症……世界的建築家の知られざる醜聞

―― 丹下健三やル・コルビュジエといった世界的な建築家にも、実は黒歴史的な出来事や、イメージとは異なるスキャンダルがあったりする。あるいは、黒川紀章のように人柄や経歴を含めて有名な人の場合は、よくよく調べる...

奇人に見える人こそ、実は戦略家? 女性問題、惨殺事件、女性恐怖症……世界的建築家の知られざる醜聞
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

伝書鳩のネットワーク

―― 毎日新聞東京本社が入る竹橋のパレスサイドビルの屋上近くには、いつも鳥が留まっているように見えるのだが、不思議と一向に動かない。屋上に上がってみると、どうりでそのはずで、アルミブロンズ製の鳩なのだった。

伝書鳩のネットワーク
第1特集
新国立問題で浮上した東京五輪の闇【3】

流線形のカーデザインを先取り!? 奇抜なだけじゃない! ザハ・ハディドの実力

―― イラク生まれ・英国在住の女性建築家ザハ・ハディドによる新国立競技場の設計案は、周知の通り白紙になってしまった。彼女のデザインは奇抜といわれるが、本当のところ建築家としての実力はいかほどなのか?

流線形のカーデザインを先取り!? 奇抜なだけじゃない! ザハ・ハディドの実力
第1特集
新国立問題で浮上した東京五輪の闇【2】

これは森喜朗元首相とJSC河野一郎の大罪である!? 混乱極める新国立競技場問題の責任と利権

―― 今、国内でもっとも関心を集めているニュースのひとつに、新国立競技場の問題がある。その動きを受けて、本誌で大々的に建築の特集を組むことになり、これからさまざまな角度から建築をめぐるタブーをあぶり出してい...

これは森喜朗元首相とJSC河野一郎の大罪である!? 混乱極める新国立競技場問題の責任と利権
第1特集
新国立問題で浮上した東京五輪の闇【1】

こんな五輪建築に誰がした? ザハ、JSC、森喜朗……新国立競技場問題の本当の戦犯

―― 建設費が巨額に膨らんだことで大きな批判を浴びた揚げ句、7月に安倍首相が計画の白紙撤回を表明した新国立競技場。8月末に工事費の上限を1550億円とする新整備計画が決まったが、これほど話がこじれてしまった...

こんな五輪建築に誰がした? ザハ、JSC、森喜朗……新国立競技場問題の本当の戦犯
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【5】

怪しい自己啓発だと思って舐めてました…!『ビリギャル』著者の講演会で学ぶ説得力のあるトーク術

―― 生き生きとした人間を育てる親や指導者になるための3つの秘密を教えます!」と言われたら、誰だって身構える。どうしたってインチキな自己啓発に聞こえてしまう。だがその講演者が、今年公開されてヒットとなった映...

怪しい自己啓発だと思って舐めてました…!『ビリギャル』著者の講演会で学ぶ説得力のあるトーク術
第2特集

【青木 愛】元シンクロ日本代表が語るスポーツと芸能活動を両立させるメソッド

―― シンクロ元日本代表として、北京五輪に出場した青木愛。同五輪を最後に現役を引退した彼女は、現在はタレントやレポーターなど、メディア界において、スポーツと芸能を行き来し活躍の場を広げている。輝かしいセカン...

【青木 愛】元シンクロ日本代表が語るスポーツと芸能活動を両立させるメソッド
インタビュー
「曖昧なもののアイコンになりたいんです」

【大島 薫】女装男子で元AV女優、「僕、男なんで」──複雑すぎるこの美人は何者か?

―― ゲイでもなければニューハーフでもない、ドラァグクイーンでもない──セクシュアルマイノリティ人気の時代に颯爽と登場したニュー・アイコン志願者、ここに立つ。

【大島 薫】女装男子で元AV女優、「僕、男なんで」──複雑すぎるこの美人は何者か?
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第2特集
美女アスリートビジネスの胸算用【4】

事務所関係者が語るマネジメントの裏側――リオ五輪へ向けて美女アスリート枠の奪い合いが始まった!?

―― 美女アスリートがテレビ業界を席巻中だ。これまでのようにキャスターとしてスポーツ中継の解説をするだけでなく、バラエティ番組では芸人に混じってひな壇で暴露トークを繰り広げる。来年2016年夏のブラジル・リ...

事務所関係者が語るマネジメントの裏側――リオ五輪へ向けて美女アスリート枠の奪い合いが始まった!?
サイゾープレミア

2017年5月号

美容と筋肉の(裏)事情

美容と筋肉の(裏)事情

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

インタビュー

連載