サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 【堀北真希】は、それを愛と呼ぶんだぜ!
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【3】

「ただしイケメンに限る」が当てはまるほど山本耕史はイケメンなのか? それでも堀北真希は、それを愛と呼ぶんだぜ!

+お気に入りに追加

メディアでやり玉に上げられる、あの娘が心配!お節介でうだつの上がらない中年コラムニストが、世の中で報道されてるネガティブな事象をポジティブに考察する。

『堀北真希』

1510_nishikoku_01.jpg

8月22日(土)、女優の堀北真希と俳優の山本耕史の結婚が発表され、世の男たちが悲しみと絶望の週末を送った。しかし、明けて24日(月)、山本耕史がフジテレビ『とくダネ!』にVTR出演し、結婚までの道のりを語ったところ「世間は、それをストーカーと呼ぶんだぜ」と総ツッコミを受けることとなった。


 堀北真希と結婚した山本耕史のアプローチが「ストーカー的」であると話題だ。

 多少のやっかみもあるかもしれないが、その多くは「芸能人だから成り立った」という、いわゆる「ただしイケメンに限る」という論調である。だが、冷静に考えてほしい。そもそも山本耕史はイケメンなのか?

 無論、主演を張れるほどの俳優であるし、我々一般市民と比べれば十分にハイスペックだが、ストーカーを帳消しにできるほどではない。

 そもそも私は「山本耕史がカッコイイ」という人に会ったことがない。確率的には「私、THE ALFEEのファンなんです」という人と同じくらいだ。

 さらに山本耕史が取ったとされる一連の行動は、おしなべて“モテない男”のすることではなかろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載