サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 赤江珠緒が「クビ」、長嶋一茂、石原良純が「残留」だった理由
1510_hatori.jpg
「羽鳥慎一モーニングショー」公式HPより。

 テレビ朝日系の情報番組「モーニングバード」が秋の改編で終了し、9月28日に「羽鳥慎一モーニングショー」がスタート。それを受け、「モーニングバード!」などで12年にわたりテレ朝のワイドショーでキャスターを務めてきた赤江珠緒は、9月25日の放送で交代となった。

 番組の最後に司会の羽鳥慎一から花束を贈られた赤江は、「みなさんの朝がこれからも明るく、素敵なものになりますようにお祈りしてます」と涙を流し、羽鳥も「ただただ残念です。残ってほしいという気持ちでいっぱいなのですが、珠ちゃんの決断なので…」と語ったが、赤江の降板は事実上のクビだったとされている。

「赤江は表向きの降板理由を『テレビとラジオの帯番組を2つ担当するのがキツくなったため』と言っていますが、その2択でラジオを選ぶなんてことはありえない。赤江自身も『自主降板』のニュースを新聞を見て知ったそうで、『クビ切り』を黙っていたスタッフや羽鳥への恨み節を漏らしていたといいます」(テレビ関係者)

 一方、コメンテーターとして「残留」したのが、長嶋一茂と石原良純。惜しむ声が多かった赤江をクビにして、けっして主婦ウケしているとは言い難い高額ギャラの2人が残ったのには理由があるという。

「はっきりいえば、テレ朝は高齢のミスターと石原慎太郎が亡くなった時のことを見越して、息子からコメントを取るために残しているんですよ。“その時”が来れば、他局より圧倒的に有利になりますから」(情報番組関係者)

「珠ちゃんの決断なので」とシラを切った羽鳥が視聴者からの支持を受けられるか、お手並み拝見だ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』