サイゾーpremium  > インタビュー  > 【大島薫】──元AV女優は女装男子
インタビュー
「曖昧なもののアイコンになりたいんです」

【大島 薫】女装男子で元AV女優、「僕、男なんで」──複雑すぎるこの美人は何者か?

+お気に入りに追加

――ゲイでもなければニューハーフでもない、ドラァグクイーンでもない──セクシュアルマイノリティ人気の時代に颯爽と登場したニュー・アイコン志願者、ここに立つ。

1509_P_oshima_1.jpg
(写真/チャニ)

 休日、無人のオフィスに立つ美人がひとり。ツイードのパンプスが、デスクを踏みしめている。

「女装歴は3年くらいです。15、16歳の頃は親の目を盗んで週末にメイクをしたり女の子の服を着たり、趣味程度にやっていました。本格的に始めたのは23歳の頃。それからずっと毎日メイクして、徹底して女物の洋服を着てました」

 肉体は100%の男性、ホルモン注射も手術もなしのY染色体を持った生き物で、一人称は「僕」、そして元AV女優──それが大島薫だ。近年流行りの言葉でいえば、「男の娘」「女装男子」などと呼称してもいいのかもしれない。でもそれも少し違っている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ