サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第21回

「まちづくりの「はじめの一歩」はカフェにあり、人にあり。」

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1510_kurosaka_01.jpg
地域中小企業への企業・創業支援の状況 備考:2015年版中小企業白書より信金中央金庫  地域・中小企業研究所作成↑画像をクリックすると拡大します。

――浅草にある古民家カフェ「つむぐり」。どんぐりの語源と「紡ぐ」という言葉のダブルミーニングで名づけられた。「地方創生」という政策からもわかる通り、コミュニティの再生はこの国の先行きを左右する重要なテーマであるにもかかわらず、思うように進んでいる地域は少ないように見受けられる。お金や政策を「上から落とす」のではなく、地域に根を張り磁場を作る動きをしている人たちはコミュニティをどう見つめ、人生と重ねているのか。今回はカフェつむぐりの経営者である室伏夫妻に、創業の経緯を伺いながら、まちづくりの本質についての検討を進める。

クロサカ 僕の普段の仕事(コンサルティング業)では、個別プロダクトの限界からか、このところ業種問わず多くの大手企業から「まちづくり」に関するご相談が増えています。何をやればいいかと問われた時、「まずはカフェを作るあたりから……」と安易に話すと、「それだ!」とまた安易に反応されることも正直少なくありません。ただ、「まちづくり」って、半年や1年で結果が出るわけないですよね。ではどうアプローチすべきか、というヒントを知りたくて、今日はカフェ「つむぐり」にお邪魔しました。まず、浅草への思い入れについて……。

将成 実をいうと、自分が住んでいたということもあり、当初は浅草ではなく蔵前あたりを検討していたんです。

クロサカ ええ!? といっても東京外の方はわかりませんよね。同じ台東区ですが、浅草とは少し離れていて、文化的な背景も異なる街です。

将成 いわゆる徒蔵(カチクラ)ブーム前夜で、すでに尖った雑貨屋さんが数軒あり、ここにハブになるようなカフェがあると人が集まるだろうと考えました。カフェは客単価が低いので、経営を安定させるためには体験価値がキーワードになると当初から考えていて、デザイナーズビレッジのクリエイターを巻き込んでのイベントが事業の鍵になると思っていたんです。

クロサカ その時点で、すでにありきたりな「カフェ経営」とは違いますよね。そうだとすると、どうして今の「古民家カフェ」というスタイルに落ち着いたんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』