> 201706の検索結果

201706 の検索結果

連載
小田嶋隆の「東京23話」【14】

【小田嶋隆】中野区――誰が猫を殺したのか?押しの強い彼女と空っぽな彼

―― 中野の駅から北に歩いて、早稲田通りを渡ると、街の区画がほんの少し細かくなる。そこから西武新宿線の野方駅の方向を目指して北西に進むと、街路はさらに狭く入り組んでくる。そんな中野区の典型的な住宅街の中にあ...

【小田嶋隆】中野区――誰が猫を殺したのか?押しの強い彼女と空っぽな彼
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

息を引き取ってから始まった、週刊誌で語り継がれる美空ひばり伝説

―― 1989年6月24日、午前0時28分。美空ひばりは息を引き取った。52歳だった。その夜のことは鮮明に覚えている。

息を引き取ってから始まった、週刊誌で語り継がれる美空ひばり伝説
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

結婚から引退へ、メディアを翻弄し続けた稀代の歌姫…週刊誌報道に動じなかった山口百恵伝説

―― すべてにおいて型破りのアイドルだった山口百恵。引退から結婚に至る経過もメディアの予想を超えていた。

結婚から引退へ、メディアを翻弄し続けた稀代の歌姫…週刊誌報道に動じなかった山口百恵伝説
ニュース
【premium限定ニュース】

ベッドでチャンカパーナ写真流出のNEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!

――  さすがにファンもドン引きしたことだろう。これまで手越が冗談まじりで漏らしていた“あの性癖”が実はガチだったことが判明してしまった。

ベッドでチャンカパーナ写真流出のNEWS手越、女子高生の制服への執着心はガチだった!
ニュース
【premium限定ニュース】

イメージダウンから起死回生なるか!? 手越祐也『イッテQ』降板の後釜にキムタクが名乗り!?

――  NEWS・手越祐也が大ピンチ! レギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の降板が秒読み状態になっているという。

イメージダウンから起死回生なるか!? 手越祐也『イッテQ』降板の後釜にキムタクが名乗り!?
連載
小田嶋隆の「東京23話」【12】

【小田嶋隆】足立区――優柔不断な男と強気な彼女と捨て猫

―― 美沙が猫を飼いたいと言い出した時、秋山遼太は即座にその申し出を拒絶した。「あり得ないよ」自分でも意外に思えるほど断定的な口調だった。

【小田嶋隆】足立区――優柔不断な男と強気な彼女と捨て猫
ニュース
【premium限定ニュース】

国政もAKB総選挙か!? 上地雄輔以上に政界関係者が熱視線を送るタレントとは?

―― いま、芸能人の中で政界転身の可能性が最も高いと言われているのが、かつて“ヘキサゴンファミリー”のグループ『羞恥心』で歌手として活躍した上地雄輔だ。

国政もAKB総選挙か!? 上地雄輔以上に政界関係者が熱視線を送るタレントとは?
ニュース
【premium限定ニュース】

予算もキツキツでドラマ現場は疲弊…日テレ『嵐・櫻井問題』が福士蒼汰に波及!?

―― 10月期にスタートする嵐・櫻井翔が主役を務めるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)が、5月5日という異例の速さでクランクインしたことが局内外に波紋を広げているという。

予算もキツキツでドラマ現場は疲弊…日テレ『嵐・櫻井問題』が福士蒼汰に波及!?
インタビュー
世界中が注目するピンク髪チップチューン女子!

【TORIENA】――ゲームボーイ片手に踊り狂う! 8bitで世界を回す彼女の正体とは!?

―― ゲーム音楽が好きという人はいるかもしれないが、最近ではファミコンやゲームボーイから、新たに別の音楽を作るジャンルがあるという。そんな音楽ジャンルの中心にいるのが、こちらの派手な髪色の女の子。

【TORIENA】――ゲームボーイ片手に踊り狂う! 8bitで世界を回す彼女の正体とは!?
連載
下着と水着の考証学 第29回

【汗だくになりながら下着姿で踊る女】古川いおり―― 今もワゴンセールで買っちゃいます(笑)。

―― 恵比寿マスカッツメンバーでも下着の話はよくします。楽屋でみんなが着替えてるところを見ると、個性的で楽しいですよ。たもさん(田森美咲)は私と色違いのものを持っていて下着の趣味が合うかな。一番インパクトが...

【汗だくになりながら下着姿で踊る女】古川いおり―― 今もワゴンセールで買っちゃいます(笑)。
連載
オトメゴコロ乱読修行【26】

血みどろの夫婦喧嘩。なぜ女性は、泣き叫ぶのかをリアルに描く【『レボリューショナリー・ロード』】

―― 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のDVDのジャケットには、タバコの警告表示よろしく「パートナーとの関係を破壊するおそれがあります」と大きく書いておくべきだ。

血みどろの夫婦喧嘩。なぜ女性は、泣き叫ぶのかをリアルに描く【『レボリューショナリー・ロード』】
連載
河合幹雄の法痴国家ニッポン【55】

【トランプの大統領令】三権分立システムから考えるトランプ大統領の隠された“弱さ”

―― 「メキシコ国境に壁を建設する」「環太平洋連携協定(TPP)から離脱する」――。2017年1月20日の就任直後からトランプ大統領は、選挙公約として掲げていた突飛な政策を実行に移すべく、数々の「大統領令」...

【トランプの大統領令】三権分立システムから考えるトランプ大統領の隠された“弱さ”
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

ハーゲンベックの「人間動物園」

―― ドイツのハンブルグ・シュテリンゲンに1907年に開園したハーゲンベック動物園の開園当時の門には、ゾウやライオン、シロクマなどの像と並びアフリカやアメリカ原住民の像が装飾として使われている。この門は、か...

ハーゲンベックの「人間動物園」
第2特集
三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

【元国民的アイドルグループメンバー・三上悠亜】が語る"アイドルの終焉"――「私はアイドルを愛していたけど、アイドルにはなれなかった」

―― 2009年から14年まで某国民的アイドルグループに在籍、翌15年にはセクシー女優としてデビューし、トップ女優へと華麗なる転身を遂げた、三上悠亜。重度のアイドルのオタクであることでも知られる彼女が語る「...

【元国民的アイドルグループメンバー・三上悠亜】が語る
連載
ジャングルポケットのアダルトジャングル探検隊【14】

【ジャングルポケット】ひっくり返して使う【オナホール】で声が出ちゃうほどの快感を

―― やんちゃキッズに扮したジャングルポケットが、ラムネを飲みながら一休み。爽やかなのどごしにご満悦の様子だけど、そのボトルは、どこかラムネと違うような……。今月は炭酸のシュワシュワよりも刺激的なアダルトグ...

【ジャングルポケット】ひっくり返して使う【オナホール】で声が出ちゃうほどの快感を
第2特集
「教育勅語」とはなんだったのか?【2】

徹底討論!【井上寿一×本郷和人】教育勅語と天皇退位が世を賑わす平成ニッポンの現状を問う!

―― 日本の歴史上、天皇が表立って行動する時代は混乱期であることが多い……? 日本近代史と日本中世史、歴史学界の泰斗である2氏が、その豊富な歴史的知識をもってして問い直す、教育勅語問題、そして天皇退位がニ...

徹底討論!【井上寿一×本郷和人】教育勅語と天皇退位が世を賑わす平成ニッポンの現状を問う!
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【5】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】渋谷の人気セックストイショップ

―― 今月は渋谷にあるセックストイ・ショップ「ワイルドワン」を紹介したい。サイゾーの社屋に近い道玄坂に位置し、想像し得る多種多様のセックストイが揃っている。店に訪れている客は、中高年の男性がメインかと思って...

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】渋谷の人気セックストイショップ
第2特集
「教育勅語」とはなんだったのか?【1】

森友学園問題で園児たちが唱和したあの“お言葉”の正体――“教育勅語”、そして日本の歴史と天皇

―― 1890(明治23)年に明治天皇より“下賜”された、わずか315文字の文章で構成された「教育勅語」。要は「日本の教育はかくあるべし」との“お言葉”であるが、いま、この教育勅語ががぜん注目を集めている。...

森友学園問題で園児たちが唱和したあの“お言葉”の正体――“教育勅語”、そして日本の歴史と天皇
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第40回

【哲学入門】どんな性悪な人間であろうと、道徳に拘束されてしまい、自分の行為を正当化したがる。

―― 道徳についてしばしば「性善説か、性悪説か」ということが議論になります。人間の本性は善なのか悪なのか、という問題です。西洋の哲学の歴史においては、しかし「性善説」「性悪説」という概念はあまりでてきません...

【哲学入門】どんな性悪な人間であろうと、道徳に拘束されてしまい、自分の行為を正当化したがる。
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第114回

『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』――創業者はヒーローか? “マクドナルド的”がアメリカを支配する

―― 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドのファウンダー(創業者)、レイ・クロックを描く実録映画である。え? マクドナルドの創業者はマクドナルド氏じゃないの?

『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』――創業者はヒーローか? “マクドナルド的”がアメリカを支配する
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【24】

痩せたり太ったり……外見も変幻自在の愛子様、生のお姿を拝見

―― 4月、学習院の敷地に一般人も入れる貴重な機会、「オール学習院の集い」が開催されました。「大合同演奏会」という管弦楽コンサートに愛子様がご出演される予感が……しかし、検索しても開演時刻が出てこないので、...

痩せたり太ったり……外見も変幻自在の愛子様、生のお姿を拝見
第1特集
のんが芸能界に革命を起こす!【1】

平成の伊藤野枝か? はたまた、ただの天然女優か? 能年玲奈は天性のアナキスト!? ライターKの“のん浴”日記

―― 能年玲奈が「のん」に改名して早くも1年近くがたとうとしている。しかし、改名以降の活動は『この世界の片隅に』での声優以外、あまり知られてはいない。そこで、「のんは平成の世に生を受けた真のアナーキストであ...

平成の伊藤野枝か? はたまた、ただの天然女優か? 能年玲奈は天性のアナキスト!? ライターKの“のん浴”日記
第1特集
ヤバすぎる芸能界小説

加藤ミリヤがファックミー!と叫び、羽田圭介がファンとセックス暴露!? 作家は芸能界をどこまで描くのか?

―― 世間が芸能ゴシップで賑わっている昨今。「読者の興味があれば、そこに小説のテーマあり」と言わんばかりにネタにされてきた芸能界。小説家が取材して描くものもあれば、タレントが自ら描くものもある。タレントによ...

加藤ミリヤがファックミー!と叫び、羽田圭介がファンとセックス暴露!? 作家は芸能界をどこまで描くのか?
第1特集
のんが芸能界に革命を起こす!【2】

EXILEを合唱するのん、麺をカットするのん…etc. のん強火ヲタライター・Kの【能年玲奈】ガチおっかけ全記録

―― 昨秋、あるひとりのライターがのんをおっかけた全記録。

EXILEを合唱するのん、麺をカットするのん…etc. のん強火ヲタライター・Kの【能年玲奈】ガチおっかけ全記録
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【125】

【神保哲生×宮台真司×西川芳昭】食文化の多様性を奪う種子法廃止法案の危険性

―― 戦後の食糧難のさなかにあった1952年、主要農作物種子法、通称、種子法が制定された。その後、日本の食料の安定供給に重要な役割を担ってきたが、国会でこの法律の廃止法案が可決された。だが、専門家は、これに...

【神保哲生×宮台真司×西川芳昭】食文化の多様性を奪う種子法廃止法案の危険性
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【25】

「国民的スター」浅田真央引退に感じる日本礼賛の違和感。幽霊、井の中の蛙は内輪褒めで死ぬ。

―― 浅田真央の引退でテレビのニュースもワイドショーも埋め尽くされ、記者会見がNHKと民放各局で生中継で『徹子の部屋』も飛んだから『やすらぎの郷』まで飛ぶんじゃないかとヒヤヒヤしていた(もっとも、テレビ東京...

「国民的スター」浅田真央引退に感じる日本礼賛の違和感。幽霊、井の中の蛙は内輪褒めで死ぬ。
第1特集
いまだに尾を引くジャニーズ内紛の行方

大手芸能プロの力は衰退したのか!? 元SMAPの“Xデイ”は6月!? 利権渦巻く芸能関係者座談会

―― SMAP解散以降、事務所内部で混乱を来しているというジャニーズ事務所。いまだファンの気持ちをヤキモキさせるのは元メンバーらの移籍情報だが、点と点をつなぎ合わせると浮かび上がってくる事実がありそうだ。そ...

大手芸能プロの力は衰退したのか!? 元SMAPの“Xデイ”は6月!? 利権渦巻く芸能関係者座談会
インタビュー
野球の常識を破り続けた『Mr.FULLSWING』を覚えているか?

【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”

―― “復活”というよりも、むしろ“反撃”ともいえる快進撃……2000年代のジャンプで強烈なインパクトを放つも、日の目を浴びなかったマンガ家が今、あらためて注目を集めている。

【鈴木信也】ジャンプから消えたマンガ家はどうなる? 元ジャンプ作家が仕掛ける“穏やかな反撃”
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【47】

【エド・シーラン】エミネムに救われたホビットの叫びが胸を打つ!

―― 死地に赴く若きドワーフのつもりで歌いました。自曲についてそう語った青年は、しかし、ドワーフよりホビットに見える。なんにせよ、小柄な体格といい、やや幅広な顔といい、「中つ国の住人」色が濃厚だ。

【エド・シーラン】エミネムに救われたホビットの叫びが胸を打つ!
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【12】

祭りというハレの日に長襦袢をまとい、化粧をする――女装文化から見える祭りの側面

―― 4月15日、山梨県笛吹市(合併前の一宮町)の浅間神社で春の例大祭「おみゆきさん」が行われた。平安時代から続くこの神事の特徴は、神輿をかつぐ男たちが全員“女装”しているということ。顔を真っ白に塗りたくり...

祭りというハレの日に長襦袢をまとい、化粧をする――女装文化から見える祭りの側面
第1特集
日本人アーティストの海外進出事情

結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?

―― 「海外でも人気」と喧伝されているBABYMETALのような日本のミュージシャンたちも海外エージェントと契約しているが、この契約にこぎ着けるまでの間に、屈辱的な仕打ちを受けているアーティストもいるという...

結局は国内向けのプロモーションに過ぎない!? 日本人アーティスト海外進出の皮算用とは!?
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【23】

佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く

―― 4月9日、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)において、アンジャッシュ・渡部建(44)と女優・佐々木希(29)の結婚が発表された。この報を受けて「40歳過ぎても若くてカワイイ娘と結婚できるんだ!...

佐々木希と渡部建の結婚に希望を見いだしている独身中年男性は、身のほどをわきまえるべきである。【佐々木】は希の風が吹く
第1特集
ハリウッドにもドンはいた!【1】

恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界

―― 日本では「テレビ局は、大手芸能事務所に頭が上がらない」などという話をよく聞くが、一方で米国の場合は「映画会社は、大手タレント・エージェントに頭が上がらない」という。この「エージェント」とは、一体何者な...

恐喝、根回し、ケタはずれのパワーゲーム……エージェント同士の殴り合いも!? ドンが牛耳った米国の芸能界
第1特集
ハリウッドにもドンはいた!【2】

成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術

―― 一時はハリウッドのすべてを手中に収めたオーヴィッツ。ここでは彼の敏腕経営術から、支配のやり口を見ていこう。

成功の鍵は、圧力、妨害、そして根回し?マイケル・オーヴィッツによるハリウッド支配術
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第41回

【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方

―― 猫も杓子も「イノベーション」と言いすぎ手垢まみれになったら、今度は「オープンイノベーション」なんて言いだした。その意味は、企業などの組織の中だけでなく、他の企業や研究機関、消費者と一緒になって、新しい...

【クロサカタツヤ×角 勝】“不作為”こそ罪 勘違いされたオープンイノベーションのまっとうな始め方
第1特集
芸能界で暗躍する音事協の正体【1】

メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?

―― 清水富美加の芸能界引退&出家騒動や、能年玲奈の独立騒動でも、一部メディアでその名前が報じられた音事協。100以上の芸能プロダクションが加入する業界団体で、「マスメディアに強い影響力を持つ」という噂を耳...

メディアへの圧力団体という虚像――タレント肖像権をチラつかせる音事協はタブー団体なのか?
第1特集
芸能界で暗躍する音事協の正体【2】

裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書

―― 今年で設立54年目を迎えた音事協は、これまで7人が会長職を務めた。設立当時の芸能界は渡辺晋氏率いる渡辺プロダクションが大きな影響力を持っていたが、現在はどのような体制になっているのだろうか?

裏社会とのつながりを憂慮した歴代のトップたち…芸能界の重鎮が歴任! 音事協会長の履歴書
第1特集
芸能界で暗躍する音事協の正体【3】

音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”

―― ここまで触れたように、近年、音事協を取り巻く状況は変わりつつあるようだ。しかし、その関連団体を調べてみると、芸能界の重鎮の名前がトップに記されていることがわかる。では、実際の音事協は、どのような関連団...

音事協を取り巻く団体のトップは芸能界の重鎮? JASRAC収益は143億円! 音事協と関連団体の“絆”
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【25】

5秒に1回客を笑わせ、ぴったり80分でライブ終了――【綾小路きみまろ】の誠実すぎるプロの漫談

―― 綾小路きみまろが観客を1分間で何回笑わせているか、数えてみた。結果、1分間に12回の笑いが生まれていた。1分間に12回人を笑わせることができるのはプロだけだ。1分に12回とは、つまり5秒に1回笑わせて...

5秒に1回客を笑わせ、ぴったり80分でライブ終了――【綾小路きみまろ】の誠実すぎるプロの漫談
第1特集
GSブームが起こした芸能界の大きな確変【1】

GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史

―― 60年代後半にブームとなったグループ・サウンズ(GS)。スパイダース、タイガース、テンプターズといったバンドが人気を博し、堺正章、沢田研二、萩原健一らが輩出された一方、スパイダースのドラマー・田邊昭知...

GSと田邊社長が築いた芸能システム――一介のドラマーが芸能界のドンへ! グループ・サウンズから見る芸能史
第1特集
GSブームが起こした芸能界の大きな確変【2】

グループ・サウンズビギナーのための基礎知識! 代表的GSバンドの功績と実態

―― 60年代後半に巻き起こったGS旋風では数多のバンドが登場し、そして消えていった。その中でブームを先導していたのが、これらのバンドである。

グループ・サウンズビギナーのための基礎知識! 代表的GSバンドの功績と実態
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.61

半グレ「怒羅権」が分裂!?大卒で権力内部に潜り込むニュータイプのワルが現れる

―― 半グレ集団(準暴力団)「怒羅権(ドラゴン)」内部で激しい権力争いが起きている。実質的なトップを務めていた半グレのビッグネーム・馬場義明氏が、昨年、怒羅権幹部を狙って襲撃未遂事件を起こしたのだ。馬場氏は...

半グレ「怒羅権」が分裂!?大卒で権力内部に潜り込むニュータイプのワルが現れる
第1特集
人気者りゅうちぇるを科学する!【1】

視聴者は彼に何を求めているのか? 現代ニッポンの病巣を表象? 人気者「りゅうちぇる」を科学する!

―― テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか?あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会...

視聴者は彼に何を求めているのか? 現代ニッポンの病巣を表象? 人気者「りゅうちぇる」を科学する!
第1特集
人気者りゅうちぇるを科学する!【2】

【著述家・プロデューサー/湯山玲子】男性論から見るりゅうちぇる――女性マインドをもつりゅうちぇるは本当の意味で男らしく見える!

―― 今は男が男から逃げ出している時代なんです。昔、男の居場所といえば、パチンコ、居酒屋、スナックだったけれど、今そこにいる顔ぶれは50代以上。その下の世代の男たちがどこにいるかといえばカフェ。そう、“カフ...

【著述家・プロデューサー/湯山玲子】男性論から見るりゅうちぇる――女性マインドをもつりゅうちぇるは本当の意味で男らしく見える!
第1特集
人気者りゅうちぇるを科学する!【3】

【写真家・編集者/青木正一】ファッションから見るりゅうちぇる――りゅうちぇるよりもぺこを掲載した原宿スナップ雑誌「FRUiTS」の基準

―― 僕がやっていた原宿ファッションのスナップ雑誌「FRUiTS」(ストリート編集室)の掲載基準は、オシャレか、オシャレじゃないか、ただそれだけでした。ぺこちゃんはデビューする2~3年前に載せたことがありま...

【写真家・編集者/青木正一】ファッションから見るりゅうちぇる――りゅうちぇるよりもぺこを掲載した原宿スナップ雑誌「FRUiTS」の基準
第1特集
りゅうちぇるの本質とは?【4】

【社会学者・作曲家/森山至貴】ジェンダー論から見るりゅうちぇる――ぺことの結婚を“一人前”と評価することは、同性愛者への偏見の裏返しである

―― りゅうちぇるさんは、いわゆるオネエ・ブームの流れから出てきたタレントさんという位置づけではありますが、最初からパートナーのぺこさんと一緒にメディアに出てきましたよね。「異性愛者である」と公言した上でメ...

【社会学者・作曲家/森山至貴】ジェンダー論から見るりゅうちぇる――ぺことの結婚を“一人前”と評価することは、同性愛者への偏見の裏返しである
連載
彼女の耳の穴【46】

【吉木りさ】UVERworldさんのライブでは、泣きながら拳を振り上げてます(笑)

―― 最近は、メッセージ性のある歌がすごい好きですね。UVERworldさんの「PRAYING RUN」とか。「世の中には成功する人としない人がいるけど、それでもみんな歩き続けなくちゃいけないし、やっていく...

【吉木りさ】UVERworldさんのライブでは、泣きながら拳を振り上げてます(笑)
第1特集
AKB48を超えた?乃木坂46研究

坂道グループと48グループの勢力地図はどうなる? 絶好調! 乃木坂・欅坂46の運営と優等生ゆえの没個性という憂鬱

―― AKB48グループに代わり、新しい“国民的アイドル”にのし上がりつつある乃木坂・欅坂46の坂道グループ。清楚なイメージと完璧な振り付け、さらには叙情的な歌詞により、さまざまな世代のファンを取り込んでい...

坂道グループと48グループの勢力地図はどうなる? 絶好調! 乃木坂・欅坂46の運営と優等生ゆえの没個性という憂鬱
ニュース
清楚系アイドルの熱愛スキャンダル?

ソニー内紛の弊害か? 元乃木坂・橋本奈々未密会疑惑の真相

―― 今年2月にアイドルグループ乃木坂46を卒業し、芸能界を引退した橋本奈々未。先日、50代の男性との“密会疑惑”が「週刊文春」(文藝春秋/5月4日・11日号)で報じられた。お相手は乃木坂が所属する大手レコ...

ソニー内紛の弊害か? 元乃木坂・橋本奈々未密会疑惑の真相
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

    • 【紗栄子】ついに破局!ゾゾタウンの英断
    • 【安倍政権】をめぐるマスコミ舞台裏
    • 【松居一代】を現役精神科医が語る

インタビュー

    • 【松永有紗】JKを卒業した女優の行く手
    • 【あずき】瑛太&深キョンと共演した人気ハリネズミ
    • 【金子大輝】危険な格闘家は瞳がキュート

連載

    『マルサの女』
    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    特別企画
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    彼女の耳の穴
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    『高須基仁の「全摘」』
    • サブカルチャーの終焉を見た
    『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    『大石始のマツリフューチャリズム』
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    『哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」』
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    『丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」』
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    『法社会学者・河合幹雄の「法"痴"国家ニッポン」』
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    『精神科医・岩波明の「精神異学」』
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    『町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」』
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    『神保哲生×宮台真司の「マル激 TALK ON DEMAND」』
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    『小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」』
    • 戦死者たちの肖像(上)
    『笹 公人と江森康之の「念力事報」』
    • もやもや籠池劇場
    『ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」』
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    『稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」』
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    『アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」』
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    『辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」』
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    『更科修一郎の「批評なんてやめときな?」』
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』