サイゾーpremium  > 特集2  > 三上悠亜が語る「アイドルの終焉」/「アイドルになりたかった」

――2009年から14年まで某国民的アイドルグループに在籍、翌15年にはセクシー女優としてデビューし、トップ女優へと華麗なる転身を遂げた、三上悠亜。重度のアイドルのオタクであることでも知られる彼女が語る「アイドルの終わり方」とは?セクシーすぎるグラビアと共にお届け!

1706_01_Re_520.jpg
(写真/河西遼)

 2016年12月31日をもって、SMAPが25年の歴史に幕を閉じた。女性アイドルでは、AKB48を支えてきた小嶋陽菜がこの4月19日にグループを卒業、6月12日にはハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)の中心グループである℃-uteが結成12年にして解散、同ハロプロ内では、Berryz工房の活動休止を経て現在はカントリー・ガールズのプレイングマネージャーを務める“ももち”こと嗣永桃子が6月30日をもって芸能界を引退するなど、近年、人気アイドルの解散や卒業が相次いでいる。膨れ上がったアイドルバブルが崩壊を迎えつつあるいま、我々は、「アイドルのその後」について対峙せねばならないのかもしれない――。

 では、そんなときこの人はどう思うのか? かつて某国民的アイドルグループに所属しながら、数々のスキャンダルにまみれ14年4月に同アイドルグループを追われるように卒業。ところが翌15年6月、AV業界に華麗に転身してみせ、現在はトップAV女優として君臨する三上悠亜、その人だ。彼女には、知る人ぞ知るもうひとつの顔がある。生粋のアイドルオタク、なかでも、小学生時代からというディープなハロプロファンなのだ。

 自身が国民的アイドルグループに所属しながらアイドルオタクでもあり、また現在は、AV女優を中心としたアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」でさらなる活躍を見せている――。そんな業の深いキャリアを誇る彼女に、アイドルの輝きとはなんなのか、そしてその、悲しくも儚い“終わり”について話を聞いた。

 三上悠亜がアイドルの存在を知ったのは、小学校低学年のとき。テレビで「LOVE涙色」(2001年)を歌い踊る松浦亜弥の姿を見て、そのキラキラとした世界に心を奪われた。夢中になった彼女は、松浦が所属するハロプロの情報をパソコンで毎日のように追いかけるようになる。そこで出会ったのが、04年に平均年齢10・7歳という若さでデビューしたBerryz工房だ。

1706_02_520.jpg
(写真/河西遼)

「最初はキライだったんですよ。(メンバーの夏焼)雅ちゃん(デビュー当時12歳)の金髪を見て生意気だなって思って。でも、気になって見ちゃうんですよね。それで当時の親友と一緒に応援することに決めて、最初に行ったのが地元・名古屋で開催された『21時までのシンデレラ』(05年)のリリースイベントでした。部活終わりに駆けつけてメンバー全員と握手したんですけど、そのときのももち(嗣永桃子)が神対応すぎて、その瞬間からももち推しに。ヲタ仲間もできて、それから中3くらいまで、毎週土日はず~っとヲタ活してましたね」

 名古屋の中学生だった彼女にとって、アイドルの魅力とはなんだったのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』