サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 人気者りゅうちぇるを科学する!【3】/【青木正一】ファッションから見るりゅうちぇる

――テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか?あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会に潜む“何か”を表象しているのか? この時代の寵児の本質を、複数の視点から解明していきたい。

青木正一(あおき・しょういち)

【写真家・編集者/青木正一】ファッションから見るりゅうちぇる――りゅうちぇるよりもぺこを掲載した原宿スナップ雑誌「FRUiTS」の基準の画像1


1955年、東京生まれ。85年にスナップ雑誌の先駆けである「STREET」(ストリート編集室)を創刊。そして、96年より原宿のストリート・ファッションを被写体にした「FRUiTS」(同)を創刊し、世界からも注目されるように。しかしながら、16年に同誌の月刊発行を終了した。


【写真家・編集者/青木正一】ファッションから見るりゅうちぇる――りゅうちぇるよりもぺこを掲載した原宿スナップ雑誌「FRUiTS」の基準の画像2
「FRUiTS」2011年5月号の表紙に載ったきゃりーぱみゅぱみゅ。一方、りゅうちぇるは同誌に登場したことはおそらくないとのこと。

 僕がやっていた原宿ファッションのスナップ雑誌「FRUiTS」(ストリート編集室)の掲載基準は、オシャレか、オシャレじゃないか、ただそれだけでした。ぺこちゃんはデビューする2~3年前に載せたことがありますが、りゅうちぇるはたぶんありません。古着も扱っている10~20代向けのショップ、SUPER WEGO原宿店のスタッフだったという彼は、その周辺では人気があったようですが、彼のことは知らなかったです。

 今、テレビにでているりゅうちぇるを見ても特別オシャレだとは思いません。この何年か、ジェンダーレスなファッションが原宿のストリートでは出てきていて、テレビでもぺえさんのように、より派手なジェンダーレス・ファッションをしたタレントさんが出てきていますよね。面白い動きではあるけど、それがファッション的にオシャレかどうかは別。りゅうちぇるはバンダナを巻くなどワザとヘンな格好をして、テレビ用につくりこんでいるように見えます。

 でもあえて完成度を低くしているのだとしたら、スゴいかも。むかしのきゃりー(ぱみゅぱみゅ)ちゃんがそうでした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』