サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【ニュース】日テレ『嵐・櫻井問題』が福士蒼汰に波及!?
ニュース
【premium限定ニュース】

予算もキツキツでドラマ現場は疲弊…日テレ『嵐・櫻井問題』が福士蒼汰に波及!?

+お気に入りに追加
1706_sakiniumaretadakenoboku.jpg
先に生まれただけの僕(日本テレビ)公式サイトより

 10月期にスタートする嵐・櫻井翔が主役を務めるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)が、5月5日という異例の速さでクランクインしたことが局内外に波紋を広げているという。

 通常、連ドラの撮影は、放送の2カ月前から始まるが、嵐が6月に京セラドーム、7月に東京ドームでの公演を予定していることや、8月26~27日に行われる『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務めること、9月には嵐が台北などアジアツアーも開催することから、櫻井がドラマを撮影できるのは今だけというのがその理由だ。

「櫻井の出演シーンが最優先となるため、櫻井が絡まないシーンは後回し。結局、他の共演者たちは櫻井一人の都合で拘束時間が長くなっただけ。櫻井は共演者に『わたくしのために長丁場にさせてスミマセン!』と謝罪したそうですが、所属事務所からすれば謝られて済む話ではない。日テレ側にギャラの上積みを要求し、結果、櫻井以外の出演者は軒並み相場の1.2~1.5倍に。そのため、制作費は2倍に膨れ上がってしまいスタッフは悲鳴を上げています」(日テレ関係者)

 しかも、この「櫻井問題」の影響は同ドラマ内だけでは収まらなかったという。前出の日テレ関係者が苦虫を噛み潰したような顔で続ける。

「7月期にゴールデンでの放送が予定されている3本のドラマの制作費が、1本につき200万円~300万円も削られるハメになったんです。現在発表されているのは福士蒼汰主演の『愛してたって、秘密はある。』だけですが、局員の間では櫻井のドラマ以上に高視聴率を期待されていただけに、スタッフは皆、意気消沈していますよ」

 多くの人たちに迷惑をかけたことで、万が一低視聴率なんてことになれば全ての批判が櫻井に向かいそうだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』