サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 人気者りゅうちぇるを科学する!【1】/【りゅうちぇる】とはなんなのか?

――テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか?あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会に潜む“何か”を表象しているのか? この時代の寵児の本質を、複数の視点から解明していきたい。

視聴者は彼に何を求めているのか?現代ニッポンの病巣を表象?人気者りゅうちぇるを科学する!の画像1
AbemaTVでほうそうされているりゅうちぇるの冠番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』。

 なぜ、こんなに人気があるのか――。80年代アイドルのような派手なファッションにオネエ言葉を操るタレント、りゅうちぇる。沖縄(本人いわく、ちぇるちぇるランド)出身の21歳で、原宿のアパレルショップでバイトしているときに、パートナーのぺこ(オクヒラテツコ)と出会って交際。読者モデルとしてすでに人気があったぺこの“変わった彼氏”として、2015年からはテレビ出演するようになり、今では単独で人気者に。16年の大晦日にはぺことの結婚を発表し、第67回NHK紅白歌合戦にも夫婦で出演した。

 当初は“おバカ枠”のタレントのひとりにすぎなかったが、今年2月5日に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、「自分の発信したいことと世の中がズレてきたらどうするか」と質問され、「僕は、自分を貫くことは絶対曲げない。だけど、ぺこりんを守っていく上で、ファッションだったりとか、ほかの仕事とかバラエティとか今のお仕事にこだわらず、いろんなことに挑戦していきたいし、ぺこりんのためだったら自分のプライドを捨ててまでも頑張りたい」と発言し、評判となった。さらに、3月10日に放送された『りゅうちぇる×ちゃんねる』(AbemaTV)では、「僕は男の子だけど、小さい頃からかわいいものが大好きで。例えば、水を飲むときにも小指が立っちゃうし、何をしてもからかわれることが多かったんですよね」「ぶっちゃけ、これで男の子が好きなほうがまだわかりやすいし、楽って思っちゃってた。それか普通の男の子になりたいと思ってた。こんなにかわいいものが好きなのに、なんで女の子が好きなんだろうって」と心境を証、「LGBTに当てはまらない、名前さえない人たちも、今は人間が人間を愛する時代だなって僕は思う」とセクシャル・マイノリティに理解を示す発言をし、“おバカ”だけではない面も見せつけた。

 ミッツ・マングローブは、男性同性愛者=オネエという乱暴な解釈がされがちなノンケ社会において、「彼はノンケ男的に最も分かり易い事実(女とヤっている)で、自分がオスであることを証明し、結果『男(オス)として認められた日本初のテレビ的オネエ』に成り得た人物」と分析している(「週刊朝日」17年2月3日号)。

 おバカ男性タレントなのか、原宿系タレントなのか、オネエタレントなのか、既存のジャンルにあてはめることが難しいタレント、りゅうちぇる。彼について、男女論としての視点から著述家の湯山玲子氏、原宿ファッションの視点からスナップ雑誌「FRUiTS」の発行者である青木正一氏、クィア・スタディーズの視点から社会学者の森山至貴氏に、その人気について分析してもらった。

湯山氏の分析はこちら
青木氏の分析はこちら
森山氏の分析はこちら

(文/安楽由紀子)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』