サイゾーpremium  > 特集  > 芸能ゴシップ  > 人気者りゅうちぇるを科学する!【4】/【森山至貴】ジェンダー論から見るりゅうちぇる

――テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか? あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会に潜む“何か”を表象しているのか? この時代の寵児の本質を、複数の視点から解明していきたい。

森山至貴(もりやま・のりたか)

1706_moriyama_150.jpg

1982年、神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科を経て、早稲田大学文学学術院専任教師。専門は社会学、クィア・スタディーズ。著書に『LGBTを読みとく――クィア・スタディーズ入門』(ちくま新書)などがある。


1706_ryu04_230.jpg
“女性”となったKABA.ちゃんと笑い合うりゅうちぇる。

 りゅうちぇるさんは、いわゆるオネエ・ブームの流れから出てきたタレントさんという位置づけではありますが、最初からパートナーのぺこさんと一緒にメディアに出てきましたよね。「異性愛者である」と公言した上でメディアに登場したという点では、新しく興味深い現象だと思います。

 ここで着目すべきは、オネエ・タレントがひとくくりに同じカテゴリに入れられてキワモノ扱いされていたとしても、作り手の意図通りに視聴者が見るわけではないということです。

 例えば、1993年に放送された男性同性愛者を題材にしたドラマ『同窓会』(日本テレビ系)では、男性同性愛が否定的に扱われましたが、当時『同窓会』が放送される夜になると新宿2丁目からゲイがいなくなる、と言われました。それは、みんな家でドラマを見ていたから。つまり、ドラマ自体はゲイに好意的ではなかったけれど、ゲイの人たち自身が盛り上がっていたんです。同様に、ゲイのタレントがからかわれつつもメディアにでることで、一般のゲイがカミングアウトしやすい状況にもなり得るわけです、だから、オネエ・ブームそのものが良いか悪いかではなく、ブームを契機に誰が救われて誰が傷つくのかを冷静に見るべきでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』