> 201304の検索結果

201304 の検索結果

ニュース
【premium限定ニュース】

大島優子卒業公演に暗雲! 泥沼化しそうなAKB48のパチンコ台訴訟

――  AKB48の人気メンバーで卒業を発表している大島優子の"卒業公演"が6月2日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われることが先日、発表された。「当初は3月29日と30日の国立競技場ライブで卒業とのこと...

大島優子卒業公演に暗雲! 泥沼化しそうなAKB48のパチンコ台訴訟
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

広末涼子のパンチラに100万円の懸賞金! 稀代の女優の不倫“スクープ”撮の裏側と広末の本音

――  芸能ニュースとしては久々の大スクープだろう。独身同士ならともかく、広末はすでにバツイチの人妻であり、2人の子どもを持つ母親である。生半可な現場を捕らえて「不倫」という訳にはいかない。決定的な現場写真...

広末涼子のパンチラに100万円の懸賞金! 稀代の女優の不倫“スクープ”撮の裏側と広末の本音
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

アノ人気K-POPアイドルに大麻疑惑噴出!? 日本が"韓流スキャンダル"の温床になる理由

―― サイゾーウーマンでも既報の通り、元交際相手とのトラブルで、3月28日に脱退を表明した、人気K-POPアイドルグループ・CODE-Vのジェウォンのスキャンダル騒動。 20日に公開された元交際相手ワングさ...

アノ人気K-POPアイドルに大麻疑惑噴出!? 日本が
連載
友達リクエストの時代【第5回】

「おっさんには友だちがいない」たったひとつの冴えない事実

―― 「男女間に友情はあるのか」古くて新しい設問だ。ちなみに、私は、取り扱ったことがない。このテのお話は、「女優・ナカグロ・エッセイスト」みたいな人たちのためのネタであって、コラムニストが扱うべきテーマでは...

「おっさんには友だちがいない」たったひとつの冴えない事実
連載
町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」第5回

老人でごった返すSMに参り思う オープンマインドの思いやり

―― 隣のおばはんは無茶苦茶だった。ホースで水を 撒き散らし、喚き暴れ、高木によじ登っては飛び降りるということを繰り返し、「そんなことをしたら死にますよ」と注意したのだが、ちっともやめず、そのうち、近所の人...

老人でごった返すSMに参り思う オープンマインドの思いやり
第2特集
サイゾー vs AKB48 "醜聞史"【4】

尾木プロ・峯岸みなみとナベプロ・柏木由紀 所属事務所の体制が分けた処分の明暗

―― 座談会【前編】では、運営のメディア・コントロールの現状について語ってもらったが、続いて、メンバーが所属する芸能事務所の状況にも目を向けていこう。大島優子らが所属する太田プロや渡辺麻友らが所属する尾木プ...

尾木プロ・峯岸みなみとナベプロ・柏木由紀 所属事務所の体制が分けた処分の明暗
第1特集
サイゾー vs AKB48 "醜聞史"【3】

うまく駆け引きをしているのは講談社だけ? AKB48のメディアコントロールの脅威

―― AKB48を運営するAKSや秋元康事務所がメディアに圧力をかけている、という話はここ数年、絶えず聞こえてくる。ここでは、実際にそうしたコントロールを目の当たりにしたメディア関係者に、その実態を聞いた。

うまく駆け引きをしているのは講談社だけ? AKB48のメディアコントロールの脅威
第1特集
阿鼻叫喚の出版営業座談会

アマゾンが最大タブーに侵食中! 阿鼻叫喚の出版営業座談会

―― 各出版社や書店などが知恵を絞って生き残りをかけている出版業界。売る現場で主役になるのは、出版社の営業担当者だ。今回は、彼らに集まってもらい、ビジネスとしての出版業界の裏話や、営業目線で最近話題の本など...

アマゾンが最大タブーに侵食中! 阿鼻叫喚の出版営業座談会
連載
性具知新。【最終回】

AV女優・一条綺美香もバイブバーに感嘆! 女性の自発的な性を促す場

―― アダルトグッズとさまざまな”性”を扱ってきた「性具知新」のコーナーもいよいよ最終回。今月はワイルドワンプロデュースの”バイブを見て、触って、動かせる”バー「Vibe Bar」にズームイン。48歳とは思...

AV女優・一条綺美香もバイブバーに感嘆! 女性の自発的な性を促す場
第2特集
サイゾー vs AKB48 "醜聞史"【2】

スキャンダル潰しが本格化? 大ブレイク"AKB48のスネの傷"

―― AKB48の人気と比例して、「週刊文春」ではスキャンダルを連発スクープ。そんな中、本誌ではSKE48の大特集を組むなど、本流から外れたナナメなアプローチでブレイクに便乗していった。公式、非公式問わず、...

スキャンダル潰しが本格化? 大ブレイク
第2特集
サイゾー vs AKB48 "醜聞史"【1】

秋元康史氏に直撃も! サイゾーが報じたAKB48"醜聞史"

―― AKB48──。もはやここで多くを語る必要もないだろう。言わずと知れた、秋元康氏がプロデュースする国内最強のアイドルグループである。今や彼女たちの人気に便乗するメディアは枚挙にいとまがなく、メンバーや...

秋元康史氏に直撃も! サイゾーが報じたAKB48
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【7】

遠隔操作ウイルス事件に見る 対サイバー人材の不足と偏重

―― 世間を騒がせた「遠隔操作ウイルス事件」の容疑者が、最初の事件発生から8カ月後の2013年2月に逮捕されました。警察のサイバー犯罪への対応のお粗末さが批判されていますが、私はむしろ、4件の冤罪事件を引き...

遠隔操作ウイルス事件に見る 対サイバー人材の不足と偏重
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.12

麻生も石原も、政治家はみんな患っているいつまでも治らない、人として究極の病とは?

―― 「選挙依存症」というものがあると、最近つくづく思う。村会議員から衆議院議員まで、選挙は負けたら”ただの人”になる。人間としての究極の賭け事だと思う。ドブ板、辻立ち、握手、箱乗り。アナログの大パフォーマ...

麻生も石原も、政治家はみんな患っているいつまでも治らない、人として究極の病とは?
連載
サイゾーpremium会員様限定!

抽選で3名様に『SKE48 パラパラッチュ』7人分をセットにしてプレゼント!

―― このたび、ブックマン社より発売されたSKE48のパラパラ写真集『パラパラッチュ・』。メンバーのキス顔とツンデレの様子がパラパラ画像で楽しめる、ファン必見の萌え萌え写真集だ。同書は、チームSの松井珠理奈...

抽選で3名様に『SKE48 パラパラッチュ』7人分をセットにしてプレゼント!
第1特集
新興宗教の原点はSF!? "宗教とSF"の関係を紐解く

「と学会」会長・山本弘に聞く! 新興宗教にアイディアをパクられるSF小説の悲哀

―― 今年3月、新興宗教団体「サイエントロジー」にインスパイアされた映画『ザ・マスター』の日本公開が話題となっている。信奉者にトム・クルーズなどがいるサイエントロジーは、日本でも知られているが、同教団の設立...

「と学会」会長・山本弘に聞く! 新興宗教にアイディアをパクられるSF小説の悲哀
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.11

『特命戦隊ゴーバスターズ』──意欲作であることは間違いない、戦隊モノの新タイプへの挑戦

―― 毎週日曜朝7時30分から放映される戦隊ヒーロー番組。『仮面ライダー』よりもさらに低年齢層向けとあって、なかなか読者諸兄にはチェックしている人も少なかろうが、2012年放映作はかなりディープでハードな作...

『特命戦隊ゴーバスターズ』──意欲作であることは間違いない、戦隊モノの新タイプへの挑戦
第1特集
アメリカのショービズ界の裏側がわかる本【2】

未邦訳! 「bmr」編集長が選ぶ アメリカ出版界が生んだ奇跡のバカ本たち

―― ここでは、3つのジャンル、それぞれの一番脂っこいエピソードをご紹介しよう。新鮮なネタから裏メニューまで揃ってます! らっしゃ~い!!

未邦訳! 「bmr」編集長が選ぶ アメリカ出版界が生んだ奇跡のバカ本たち
第1特集
アメリカのショービズ界の裏側がわかる本【1】

同性愛、人種問題、オカルト団体…マヌケ大国アメリカの〈裏〉ショービズ界

―― アメリカのショービジネスは、日本と規模も違えば、そのマヌケ度のスケールもデカい! “聖と性の伝道師”ことR&Bのトップシンガー、R・ケリー自伝の必笑エピソードから、オカルト宗教団体による、あの有名俳優...

同性愛、人種問題、オカルト団体…マヌケ大国アメリカの〈裏〉ショービズ界
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第12回

小明は本当はエロの道に行きたかった!? キンコメ高橋のセクハラが炸裂!!

―― 今月の格言「危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。」岡本太郎(おかもと・たろう) 1911年、神奈川県生まれ。「太陽の塔」「明日の神話」など、絵画・立体を問わず数々の作品を遺した芸術家。96...

小明は本当はエロの道に行きたかった!? キンコメ高橋のセクハラが炸裂!!
第1特集
虚実半ばの「自費出版」最新形態

出版界の救世主なのか? 虚実半ばする自費出版の今

―― 格式ある大手出版社まで続々参入する自費出版ビジネス。しかし、著者に金銭的負担のすべてを委ねるスタイルに問題はないのだろうか? かつては詐欺まがいの商法が問題視された自費出版の最新事情を見てみよう。

出版界の救世主なのか? 虚実半ばする自費出版の今
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第35回

「日本文化の論点」と「文化時評アーカイブス 2012-2013」

―― 私事で恐縮だが、この春に2冊の本を出すことになった。 1冊目は初の新書となる『日本文化の論点』(筑摩書房)だ。 この本はインターネット以降の文化論の入門的な1冊として語りおろしたもので、2013年度か...

「日本文化の論点」と「文化時評アーカイブス  2012-2013」
第1特集
"真実"を書いたタブー破りの歴史書

学会のオキテなど完全無視!? "真実"を書いたタブー破りの歴史書

―― 歴史料を丹念に読み込んでいくイメージの強い歴史学の世界にも、おカタい学界のルールをぶち破り、それまでの定説を打ち破って書かれたタブー破りの歴史書があった!

学会のオキテなど完全無視!?
第1特集
ブレーンのいいなりアベノミクス 真の黒幕は財務省【2】

海外メディアの批判的な論調も目立ち始めた 安倍政権の思想がわかる"ヤバイ"名言録

―― 「保守本流の看板を掲げる安倍は、祖父・岸信介を引き合いにだし、ことあるごとに血統のよさと自主憲法制定論者としての正当性を主張してきた。6年前の首相就任時に出版した自著でも、”行使できない権利”として集...

海外メディアの批判的な論調も目立ち始めた 安倍政権の思想がわかる
第1特集
ブレーンのいいなりアベノミクス 真の黒幕は財務省【1】

ブレーンの言いなり安倍政権の黒幕は財務省!? 安倍首相の脳内を覗く本

―― 現在、好況を見せるアベノミクスを、多くのメディアが分析している中で、見えてきたのは安倍政権のブレーンの存在だ。果たして安倍晋三の背後にはどんな黒幕たちが存在するのか?

ブレーンの言いなり安倍政権の黒幕は財務省!? 安倍首相の脳内を覗く本
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第32回

サイバー犯罪対策の遅れは日本の危機? 拡大する政治的空間の変遷と今後

―― 4人が誤認逮捕されたパソコン遠隔操作事件では、今年2月になってようやく「真犯人」が逮捕されました。2012年6月にはじめて横浜市のサイトに小学校襲撃予告が書き込まれてから、約半年後です。

サイバー犯罪対策の遅れは日本の危機? 拡大する政治的空間の変遷と今後
第1特集
"日本の民族問題"を描く書籍群

差別、弾圧、貧困に、移民のスラム化も!? "日本の民族問題"を赤裸々に描く書籍群

―― 「民族問題」という言葉を聞くと、パレスチナやユーゴスラビアにおける民族紛争など、海外の事例を思い浮かべる向きが多いだろう。しかし、ここ日本にも確かに民族問題は存在する。しかも、在日朝鮮人への差別、移民...

差別、弾圧、貧困に、移民のスラム化も!?
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第66回

軍隊内で広がるレイプ 黙殺され続けたその実態

―― 2005年、ミシガン州ベイシティの沿岸警備隊基地。アメリカの沿岸警備隊は、陸軍、海軍、空軍、海兵隊に次ぐ5番目の軍隊と呼ばれ、海外出兵もある。入隊して間もない19歳の女性隊員コリー・チオカは、夜中の3...

軍隊内で広がるレイプ 黙殺され続けたその実態
第1特集
電子書籍を読んで自己啓発されてみた

会話術やセックス指南などの"モテ男指南本"ばかり!? 電子限定書籍で自己啓発

―― iPadをはじめ、AmazonのKindleや楽天のkoboなどのデバイスの普及によってますます盛り上がる電子書籍業界。制作の手軽さもあってか、中には、「App Store限定」など、電子書籍でしか手...

会話術やセックス指南などの
第1特集
当代有名論題関係者ゴシップ大全【2】

ノマド&"意識高い系"をめぐって大騒乱!? ウェブ論壇人の出版情勢

――  構成年齢が上がり続ける、総合誌などを陣地にした論壇に比べ、比較的若い 論者 たちが集まる新しい場所──それがウェブ論壇だ。ここでは、ウェブから出てきて名を挙げつつ、書籍の世界にも進出してきた新星たち...

ノマド&
第1特集
当代有名論題関係者ゴシップ大全【1】

姜尚中、上野千鶴子から東浩紀まで!? 当代有名論壇関係者ゴシップ大全

―― テレビや新聞ほかメディアでコメンテーターを務める、いわゆる 評論家 や 学者 先生も、スネに傷の一つや二つは抱えているものである。ただし、彼らの書籍を出版したり、インタビューを掲載したりする出版社では...

姜尚中、上野千鶴子から東浩紀まで!? 当代有名論壇関係者ゴシップ大全
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.07

ももクロでメジャー化した「電波系」音楽はIT時代が生んだ日本発のパンクだった!?

―― ももいろクローバーZなどによって広く知られることとなった「電波系」なる音楽ジャンル。その正体は何で、そしてその音楽的出自はどこなのか? ハルメンズ、パール兄弟などに関わり、と同時に多くのアイドルソング...

ももクロでメジャー化した「電波系」音楽はIT時代が生んだ日本発のパンクだった!?
第1特集
凶悪事件を考える本【2】

遅々として進まない日本のサイコパス研究に"半グレ"問題 殺人事件が投げかけた問題

―― 2002年3月に北九州市小倉北区で発覚した、一家監禁、連続殺人事件。その犯人として、松永太死刑囚および緒方純子被告の2名が逮捕され、殺された被害者は、ひとりを除く6名が緒方被告の家族であった。

遅々として進まない日本のサイコパス研究に
第1特集
凶悪事件を考える本【1】

尼崎連続変死事件と北九州連続監禁殺人事件の"点と線" 殺人事件本の裏側に学ぶ

―― 昨年、日本を騒がせた凶悪犯罪というと、多数の被害者を出した尼崎事件と六本木クラブ襲撃事件ではないだろうか。この2つの事件の根底にあるもの──それはそれぞれ、家族問題に対する民事不介入、半グレ。

尼崎連続変死事件と北九州連続監禁殺人事件の
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第75回

再生可能エネルギーが問いかける日本の未来ビジョン

―― 2012年7月1日より、日本でも固定価格買取制度(FIT=Feed-in Tariff)が導入された。わが国の再生可能エネルギーの推進を示す第一歩となった同制度だが、導入から半年あまりたった今、再エネ...

再生可能エネルギーが問いかける日本の未来ビジョン
第1特集
【限定ロングver.】ノンフィクションの原点から選ぶスゴい本

青木理×森功 ノンフィクションの書き手が語る「今アツい本」と業界の不安

―― 滅多に大きなヒット作は出ないノンフィクションの世界。だが「タブー破りの本」といえば、社会の裏側をえぐるこのジャンルを置いてほかにないだろう。いま脂の乗った書き手である森功氏と青木理氏を迎え、2人が選ぶ...

青木理×森功 ノンフィクションの書き手が語る「今アツい本」と業界の不安
連載
コッソリ教えて!! ギョーカイ(秘)座談会 第6回

“ショバ代”支払いもあえてバックレ!? フーゾク業界とウラ社会の関係最新事情

―― 庶民には厳しい不景気が続く中、小遣い稼ぎにとバイト感覚でOLや主婦が性風俗店に勤務する例も増えているという。そんな風俗業界のことを知り尽くした風俗関係者たちが語る、現在の風俗業界の実情とは?

“ショバ代”支払いもあえてバックレ!? フーゾク業界とウラ社会の関係最新事情
第1特集
"ステルスマーケティングタレント"の結婚本【2】

官能小説家・川奈まり子が一刀両断 商魂たくましい結婚本の功罪

―― ──妻であり、母であり、人妻の悶々とした現実を描き続ける官能小説家の川奈まり子女史に、結婚本を読んでもらった。

官能小説家・川奈まり子が一刀両断 商魂たくましい結婚本の功罪
第1特集
"ステルスマーケティングタレント"の結婚本【1】

小森純ら話題のタレントも出版! 広告だらけの"オナニー"結婚本の需要とは?

―― 2011~12年にかけて、ほしのあきや小倉優子らをはじめとした、女性タレントの結婚ラッシュが起きた。その波に乗って、やたら出版された芸能人の“結婚本”を目にした人も多いのではないだろうか。

小森純ら話題のタレントも出版! 広告だらけの
第1特集
性器写真集の傑作たち【2】

アートなチ◯コ写真は"わいせつ"ではない!? 法的にアウトになる性器写真の基準とは?

―― 結局のところ、どのような性器のカットが収められた写真集が日本の法律に引っかかってしまうのだろうか? ここでは、”ゲイジツ”側の見解はさておいて、その法的なボーダーラインについて弁護士に話を訊いてみた...

アートなチ◯コ写真は
第1特集
性器写真集の傑作たち【1】

チ◯コとマ◯コをアートへ昇華!? 奥深き性器写真集の傑作たち

―― レスリー・キーが男性器を撮った写真集を販売したとして逮捕され、話題となった。だが、写真表現が生まれてから何人もの実力作家たちが性器をカメラのフレームに収め、そんなカットで写真集を編んできた。

チ◯コとマ◯コをアートへ昇華!? 奥深き性器写真集の傑作たち
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

グローバル経済と外来種

―― 外来種問題の嚆矢は大航海時代にさかのぼるが、地球規模に経済活動が拡大した今日では、よりいっそう深刻な問題になりつつある。 写真家の宮崎学はユーモア溢れる視点で外来動物たちの姿をとらえてきた。

グローバル経済と外来種
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「隕石落下をとらえたカメラ社会」

―― ロシアに突如隕石が落下! ローマ法王の退位表明、地球に小惑星が急接近など、世が世なら地球が滅亡するのでは? と思いそうな出来事が重なりました。ロシアの隕石落下の動画はネットに多く投稿され、国際的な出来...

人気エントリー定点観測@はてな 「隕石落下をとらえたカメラ社会」
第1特集
加納典明×三木崇史 ヌード対談

写真家レスリー・キー猥褻事件に、加納典明が反論 「ペニスだってアート!」

――  特集企画『性器写真集の傑作たち』では、性器をアートととらえた写真を紹介したが、残念ながら日本では、なかなか受け入れられない様子。事実、2月に写真家レスリー・キーが猥褻物頒布の容疑で逮捕された。そこで...

写真家レスリー・キー猥褻事件に、加納典明が反論 「ペニスだってアート!」
連載
田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十二回】属性の違う社員は部内に不要? 組織を盤石にするための心得

―― 田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十二回】属性の違う社員は部内に不要? 組織を盤石にするための心得
ニュース
黒字事業を手放すのはなぜ?

大阪市営地下鉄民営化に透ける維新の会と関西財界の利権の構図

―― 2月15日、大阪市の橋下徹市長(日本維新の会代表)は市議会に、同市交通局が運営する市営バスと市営地下鉄を民営化する条例案を提出した。なぜか京阪圏以外では詳しく報道されていないが、この民営化の周辺には強...

大阪市営地下鉄民営化に透ける維新の会と関西財界の利権の構図
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第57回

真のオープンソースプラットフォームを実現する!? Firefox OSの挑戦

―― ウェブブラウザのFirefoxや、メーラーのサンダーバードで有名なモジラ・コーポレーションが開発するモバイルOSを搭載した端末の日本市場導入に向け、KDDIとモジラが手を組むことが発表された。2011...

真のオープンソースプラットフォームを実現する!? Firefox OSの挑戦
第1特集
村上春樹3年ぶりの新刊の中身

ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の"中身"

―― 2月16日、あの村上春樹氏の新刊が発売されることが、文藝春秋より発表された。小説なのか? 初版はいきなり数十万部なのか? ノーベル賞級大作家の新刊とあって、色めき立つ出版業界に書店業界。

ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第57回「さらば、友愛星人」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第57回「さらば、友愛星人」
ニュース
楽天・三木谷はお騒がせ男? それとも改革者?

安倍首相肝いりの会議で楽天三木谷がKY発言連発

―― 「アベノミクス」ともてはやされる安倍政権の経済政策運営。今のところは順調に進んでおり、国民からの評判も上々だ。しかしその裏で、経済政策の具体策を議論する「産業競争力会議」をめぐる不協和音がささやかれて...

安倍首相肝いりの会議で楽天三木谷がKY発言連発
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
サイゾープレミア

2017年5月号

美容と筋肉の(裏)事情

美容と筋肉の(裏)事情

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

インタビュー

連載