サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ノマドに"意識高い系"…【ウェブ論壇人】の出版情勢
第1特集
当代有名論題関係者ゴシップ大全【2】

ノマド&"意識高い系"をめぐって大騒乱!? ウェブ論壇人の出版情勢

+お気に入りに追加
1304_rondan_09.jpg
ブロガー・イケダハヤト氏の『年収150万円で僕らは自由に生きていく』と、彼を真っ向から批判する常見陽平氏の『「意識高い系」という病』。どちらがお好み?

 構成年齢が上がり続ける、総合誌などを陣地にした論壇に比べ、比較的若い 論者 たちが集まる新しい場所──それがウェブ論壇だ。ここでは、ウェブから出てきて名を挙げつつ、書籍の世界にも進出してきた新星たちを紹介していこう。

ここまで本文中では、学者や知識人たちによる古式ゆかしい論壇のゴシップについて触れてきた。しかし今日び、文壇ともども論壇が権威を失ってきているのもまた一面では事実である。

 一方で、そのような状況とは打って変わって活況を呈しているもうひとつの 論壇 がある。それは、ウェブ論壇だ。小誌でも以前からたびたび取り上げてきた通り、ブログはもちろんのこと、ツイッターやUstream、ニコニコ動画のブレイク、そして個人メルマガブームなどに伴い、ウェブ上に新しい論壇が生まれてきているのである。そこで活躍する“識者”たちは、雑誌やテレビをはじめとするオールドメディアにも進出してきている。そしてそれは書籍の世界でも例外ではない。紙の編集者がウェブ上で新しい書き手を常に探しているのは、もはや出版業界の常識となっている。

 ウェブ論壇において、いま最左翼を担うのが、ノマドや 意識高い系 と呼ばれる軍団だろう。この層の主な担い手は、『冒険に出よう』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者でノマドの提唱者・安藤美冬、『年収150万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)のイケダハヤトなどだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』