連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「隕石落下をとらえたカメラ社会」

+お気に入りに追加

「はてなブックマーク」とは?
ソーシャルブックマークサービスの最大手。ネットのトレンドや“今”話題になっていることがわかる。気になる情報を共有したり、他のユーザーが興味を持つ話題を見たりできる。iPhone/Androidでも閲覧可能。http://b.hatena.ne.jp/

──ロシアに突如隕石が落下! ローマ法王の退位表明、地球に小惑星が急接近など、世が世なら地球が滅亡するのでは? と思いそうな出来事が重なりました。ロシアの隕石落下の動画はネットに多く投稿され、国際的な出来事もネットで素早く見られる時代だということを強く感じます。振り返って日本はといえば、遠隔操作ウイルス事件の容疑者に関する「猫好き」「自作PC」をことさら取り上げる報道に、うんざりするネット民が多いようです。
【集計期間:1月16日~2月15日】

世の中│2013.2.15 FRI

1304_hatena_01.jpg

■隕石落下をとらえたカメラ社会
ブックマークuser数494
[タグ]ロシア、動画、災害
[エントリータイトル]
ロシアに墜落して激突した隕石のとんでもない瞬間を撮影したムービーまとめ -GIGAZINE
[エントリーページURL]
http://b.hatena.ne.jp/entry/132854026

ロシア・チェリャビンスク州周辺に2月15日、隕石が落下し、衝撃波でガラスが割れたことで負傷者が多数出ました。隕石の落下をとらえた車載カメラの動画は次々とYouTubeにアップロードされ、激しく輝きながら落ちていく様子がわかります。ツイッターでは隕石の動画が共有され、はてなブックマークでも動画をまとめた記事がすぐさま注目を集めました。ほかにも、粉々に砕け散る窓ガラス、閃光に明るく照らされる道路の動画が載っています。ちなみに、ロシアで車載カメラによる動画が多いのは、衝突事故に備えて自分で証拠を撮っておくためとのこと。

『衝撃波』
隕石の落下から約3分後、衝撃波が広大な範囲に被害をもたらした。死者は出なかったものの負傷者は1500人を超え、大半が破損したガラスによるけが。閃光を見て窓に近寄ったことで負傷した人が多かったとされる。

『車載カメラ』
ロシアのドライバーにとって、交通事が起きた際には警官の職務怠慢や目撃証言が当てにならないことから、車載カメラが必需品となっている。動画サイトで検索すると、事故現場を撮影した動画がたくさん。

ブクマコメント
●記録映像の多くがクルマにつけたドライブレコーダーなのが興味深い。回しっぱなしのビデオカメラが不特定多数で稼動してるのが現代の状況というわけか。ドラレコの良い販促かも。自分も欲しくなった。
●ものすごい。時代が時代なら誤解が誤解を産んで戦争に突入なんてことになりかねない感じ。
●衝撃波って想像以上に強烈なんだなあ。何も知らなかったら弾道ミサイル来たのかと思っちゃうだろうなあ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』