サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 殺人事件本に描かれた【凶悪殺人事件簿】
第1特集
凶悪事件を考える本【2】

遅々として進まない日本のサイコパス研究に"半グレ"問題 殺人事件が投げかけた問題

+お気に入りに追加
1304_az14.jpg
『女子高生コンクリート詰め殺人事件』(草思社)

■家族問題の民事不介入と犯罪心理学研究を考える
北九州監禁殺人事件

 2002年3月に北九州市小倉北区で発覚した、一家監禁、連続殺人事件。その犯人として、松永太死刑囚および緒方純子被告の2名が逮捕され、殺された被害者は、ひとりを除く6名が緒方被告の家族であった。その凄まじい残虐性から、当時は報道規制がかけられたほど。一審では両者共に死刑判決を言い渡されていたが、緒方に対しては松永の執拗なDVによる支配があったとして、11年12月、一審の死刑を破棄し、二審の無期懲役が確定した。

 そして、その刑期が確定したと時を同じくして、昨年世間を大きく騒がせた尼崎連続変死事件が発覚する。この2つの事件について取材を続ける豊田正義氏は「両者は非常によく似ている」と前置きした上で、しかし、大きく異なる点もあったという。本文中でも触れた通り、松永が“サイコパス”であった点だ。

「角田美代子には“幸せな家族が許せない”という情念があったと感じるのですが、松永のほうはまったく感情が欠如し、まるでチェスの駒を進めるように淡々と家族を殺し合わせていったのです。彼は絶望もしないでしょうから、角田のように自殺することはあり得ないでしょう」(豊田氏)

 豊田氏は、取材をしていた当時、サイコパスに関しての理解を得るべく『「死体の庭」あるいは「恐怖の館」殺人事件』【10】など、コリン・ウィルソンの書籍をいくつか読んだというが、日本には、それらに対する専門家は皆無だった。

「北九州事件から10年たってもなお、サイコパス研究は進んでいない。事件が複雑化する今、犯人を死刑にしたら終わりではなく、もっと根底を考えていかなければならないと思います」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』