サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 学会のオキテを完全無視!? 【歴史学者】が語る本当の歴史
第1特集
"真実"を書いたタブー破りの歴史書

学会のオキテなど完全無視!? "真実"を書いたタブー破りの歴史書

+お気に入りに追加

──歴史料を丹念に読み込んでいくイメージの強い歴史学の世界にも、おカタい学界のルールをぶち破り、それまでの定説を打ち破って書かれたタブー破りの歴史書があった!大河ドラマ『平清盛』で歴史考証を担当した本郷和人、ベストセラー『中国化する日本』の與那覇潤らが推挙する、「本当の歴史」を浮き彫りにする歴史書とは?

1304_az20.jpg
本郷和人氏の著書『謎とき平清盛』

 歴史学界の本流といえば、文字史料や考古学上の遺物などを厳密に検証し、歴史の客観的事実を把握しようとする実証史学であろう。それに対して歴史学者の網野善彦は1970年代、有形の史料のみならず、風俗や習慣、口頭伝承といった無形の民俗資料をも研究対象とする民俗学的な手法を取り入れて反旗を翻した。その著書『無縁・公界・楽─日本中世の自由と平和』(平凡社、78年)は、歴史書としては異例のベストセラーとなり、学界のみならず一般の歴史認識にも大きな影響を及ぼした。

 それから40年余り。網野ほどのインパクトを学界や社会に与える者こそ現れていないものの、あまたの歴史学者たちが、日々の研究の成果を書籍という形にまとめ、自説の是非を世に問い続けている。『出版年鑑』(出版ニュース社)によると、歴史に関する新刊書籍の出版点数は年間約5000点。本稿では、その中からさまざまな意味において“タブーを打ち破った偉大な歴史書”を紹介していくとしよう。

 ところで、そもそも歴史学者たちはなぜ一般向けの書籍を上梓するのだろうか? そして、その行為は学界内でどのように認識されているのだろうか? 東京大学史料編纂所教授として実証史学の総本山に身を置きつつも、『戦いの日本史 武士の時代を読み直す』【1】など多数の一般向け歴史書を世に送り出している本郷和人は、その問いに対してこう語る。

「やはり、最先端の研究成果を伝えることで、少しでも多くの人に“歴史好き”になってもらいたいからです。今、日本史はセンター試験の必修科目ではありません。このままでは、五輪の正式種目から外されようとしているレスリングと同じく、日本史が学問として先細りしていくのは目に見えている。自国の歴史がなおざりにされることは、日本人にとって大きな損失だと思うのです」(本郷)

 だが、学者としての評価の対象となるのは、あくまで論文と専門書。歴史学者が一般書を書くという行為は、たとえそれが歴史学の現状に対する危機感の表れであっても、学界内での評価にはつながらない。それどころか、むしろ世間に迎合する学者として同僚からさえ冷たい視線を向けられ、学界内での立場を危うくすることのほうが多い、というのが歴史学者の共通認識のようだ。その意味においては、本郷のような立場にある歴史学者が、一般書を次々に執筆すること自体が“タブー破り”とさえいえるのである。

 歴史学者が一般書を敬遠する背景について、本郷と同じく多数の一般向け著書を持つ、埼玉大学教養学部准教授の一ノ瀬俊也はこう説明する。

「普通の人にもわかりやすい、ある程度時代的に幅のある大きな話を一般書としてまとめたいという欲求は、多くの歴史学者が抱いていると思います。しかし、日本史研究はどんどん専門分化が進み、どの研究者も非常に範囲の狭い自分の研究テーマだけを追いかけています。学者として職を得るためにはそうせざるを得ない。そういう状況において、自分の専門分野外にまで踏み込んで通史を語るのは難しい。各分野の専門家から、『この部分は実証されていない、こういう反例がある』といった細かな突っ込みが必ず入りますから、特に若手の研究者が尻込みしてしまうのも無理はないと思います」(一ノ瀬)

 そういう学界の風潮に果敢に挑んだ歴史書として一ノ瀬が高く評価するのが、愛知県立大学日本文化学部准教授の與那覇潤が32歳の時に著し、発売3カ月で2万部を売り上げた『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』【2】だ。日本近現代史を専攻する與那覇は、同書において、10世紀の時点で近代化を成し遂げた中国社会は、後に世界を覆った「西洋化」の必要がなかったため、結果的に一時西欧に逆転されたと分析。「中国化」と「江戸時代化」という対立する一組の概念を用いて、日本のみならず世界の通史を叙述した。研究テーマを絞って学問的な裏付けを固めた上で、まずは論文なり専門書なりにまとめ、しかるのちに一般書を出す、という“学界の掟”に真正面からぶつかった本であるといえよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』