サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 安倍政権の思想がわかる"ヤバイ"【名言録】
第1特集
ブレーンのいいなりアベノミクス 真の黒幕は財務省【2】

海外メディアの批判的な論調も目立ち始めた 安倍政権の思想がわかる"ヤバイ"名言録

+お気に入りに追加
1304_abe_06.jpg
(絵/カズモトトモミ)

[安倍政権の思想がわかる“ヤバイ” 迷言録1]
防衛・改憲編

[政権を支える人脈たち]
日本会議、創生「日本」、日本維新の会、新憲法制定議員同盟、新しい歴史教科書をつくる会、日本遺族会、英霊にこたえる会、靖国神社、日本教育再生機構

「権力があっても行使できない──それは、財産に権利はあるが、自分の自由にならない、というかつての“禁治産者”の規定に似ている。」
『新しい国へ 美しい国へ 完全版』(著者:安倍晋三)より

「保守本流の看板を掲げる安倍は、祖父・岸信介を引き合いにだし、ことあるごとに血統のよさと自主憲法制定論者としての正当性を主張してきた。6年前の首相就任時に出版した自著でも、“行使できない権利”として集団的自衛権をあげ、「禁治産者の規定に似ている」と語気を強める。

 意見表明は一事が万事こんな調子で、生きた政治家としての手腕や力を彷彿とさせるような記述は一切ない、上っ面なのである。そんなお坊ちゃん政治家は今、憲法改正を「大きな宿題」と位置付けた上で、在任中の改憲実現に意欲満々だ。

 仮にも一国を背負う人物がこれで大丈夫なのか? 海外メディアの批判的な論調も目立ってきた。英『エコノミスト』(2月5日号)が「閣僚19人の過半数が右翼団体の系列議員では外交上、過去の亡霊を閉じ込めるだけでも大変」と憤れば、「中・韓だけが、日本の新たな歴史修正主義の傾向を疑惑の目で見ているのではない。米国も東アジアで緊張を高めないかと恐れている」と独『シュピーゲル』(2月17日号)が応戦。安倍本人への酷評は収まる気配がない。

 日本の国益を損ねかねない“キケンな思想”を野放しにしていいものか。日本古来の伝統と愛国心に妄信する本書、オススメだ。

1304_abe_07.jpg
(絵/カズモトトモミ)
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』