サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > セレブたちの仰天エピソード ジャンル別【スキャンダル】
第1特集
アメリカのショービズ界の裏側がわかる本【2】

未邦訳! 「bmr」編集長が選ぶ アメリカ出版界が生んだ奇跡のバカ本たち

+お気に入りに追加

──ここでは、3つのジャンル、それぞれの一番脂っこいエピソードをご紹介しよう。新鮮なネタから裏メニューまで揃ってます! らっしゃ~い!!

1304_az23.jpg
『パリス・ヒルトン 小悪魔セレブの優雅な生活』(ブルース・インターアクションズ)

【音楽界】
■アメリカ音楽界では「王・長嶋レベル」の人物です!
ホイットニー・ヒューストンを生んだ名物プロデューサーの性癖

未邦訳だが、クライヴ・ディヴィスの自伝『The Soundtrack of My Life』(13年1月発売)は、ここ最近のアメリカショービジネス界では一番衝撃が大きいものとなった。彼はジャニス・ジョプリンを発掘し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンにハッパをかけ、アレサ・フランクリンにかかわり、ホイットニー・ヒューストンを売り出し、ジェニファー・ハドソンやアリシア・キーズにも携わる御年80歳のソニー・ミュージック・グループのエグゼクティヴなのだが、ここにきてバイセクシャルであることを突如カミングアウトしたのだ。

2度の結婚で子どももいるのだが、離婚後は女性と男性両方と交際するようになり、現在は7年間付き合っている男性の恋人がいるそう。

また、彼はユダヤ系であり、丸屋九兵衛氏によれば、ユダヤ系の成人式は莫大なカネがかかるらしく、息子の成人式費用のために会社のカネを横領した疑惑もあったという。つまり、息子が2~3人いることになるのだが、「彼らに『実はお父さんはどっちもイケてね』っていう話をしたのかなあ、って思うとなかなか感慨深いものがあります(笑)」と、丸屋氏は語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』