サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【premium限定】日本は韓流スキャンダルの温床になる!?
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

アノ人気K-POPアイドルに大麻疑惑噴出!? 日本が"韓流スキャンダル"の温床になる理由

+お気に入りに追加

1304_az26.jpg
『GD&TOP OH YEAH G-DRAGON VER.』

 サイゾーウーマンでも既報の通り、元交際相手とのトラブルで、3月28日に脱退を表明した、人気K-POPアイドルグループ・CODE-Vのジェウォンのスキャンダル騒動。

 20日に公開された元交際相手ワングさん(仮名)の告発ブログ(現在は削除)がファンの間で波紋を呼んだ。そこにはワングさんとジェウォンが男女の関係だったことはもちろん、「日本のファンはかわいくない」「地震がまたくればいいのに」など、日本で活動する歌手とは思えない言動を取っていたこと、1カ月に50万円を生活費に使い、そのすべてをワングさんが負担していたことなどが暴露されていたのだ。

 サイゾーでは、現在は韓国に戻り生活しているワングさんに直接インタビューすることに成功。甘いマスクの裏に隠されたジェウォンの本当の姿について、さらにはK-POPアイドルたちが抱く日本活動への思いについても語ってもらった。

──最近の健康状態はどうですか?

「最近、やっと落ち着いてきました。以前は入院していましたが、今は通院しながら治療を受けています」

──ジェウォンと連絡が取れなくなって、どのくらいですか?

「3月14日から連絡が取れません。その少し前から避けている様子でした」

──グループ脱退の発表があったのですが、それについてはどうお考えですか?

「脱退をしようがどうしようが、私には関係ありません」

code-v.jpg
流出したジェウォンさんとワングさんの写真。

──告発することで、ジェウォンに伝えたいことはなんですか?

「伝えたいことは特にないです。ファンのみなさんや彼を知っている人たちに、事実を知ってほしかった。以前から彼にはそう話していましたので、今回そうしただけです」

──謝罪を要求していましたが、今はどのような気持ちですか?

「確かに、以前告発した時は謝罪してほしいという気持ちがありました。今は特に謝ってほしいとも思いません。謝る気がないのも明らかですし」

──ジェウォンとは、どうやって付き合い始めたんですか?

「韓国に仲がいい後輩がいました。その後輩と仲が良かったのが、ジェウォンだったんです。私は韓国でも芸能人の知り合いが多かったので、頼みやすかったんでしょう。『日本でジェウォンたちが頑張ってるから、ご飯でもおごってあげて』とお願いされたんです。それで、連絡先を交換するようになりました。最初に会ったのは、原宿のスターバックスでした」

──ジェウォンと付き合っていた時は、月にどのくらいのお金を使っていたのですか?

「生活費は50万円くらいで、そのほかに食費とかで30万円くらいですかね。彼は、お金をまったく持っていませんでした。給料も、付き合い始めた後、しばらくたってからやっともらえるようになりましたから、10カ月以上は私のお金で生活していたんです。彼は韓国ではまったく知名度もないですし、日本で活動を始めたのもお金のためです」

──同棲していたのは、どのくらいですか?

「それも10カ月くらいです。その間も、ほかの女の子と遊んでいたようです。ただ、日本人とは一度も付き合ったことがないようです。『かわいくないし、嫌いだ』と言ってました。ジェウォンの先輩が日本人を好きなんですが、その話になるたびに『なぜ好きになれるのか理解できない』と言っていました」

──ジェウォンが所属する事務所(レコード会社)から何か連絡はありましたか?

「ないです。ジェウォンから1回メールが来ただけですね。その時は(ブログの件を)『名誉棄損で訴える』と言ってきたんです。私は『どうしようが構わない』と言いました。まず、彼が謝罪するのが道理ですし、その後告訴しようがどうしようが、私には関係のないことです。そのメール以降、彼からは連絡が一度も来てないです」

──ジェウォンは、事務所(レコード会社)に対する不満を話していましたか?

「事務所に対する不満はありませんでした。どちらかというと、活動に不満を持っていたようです。歌を歌うのは好きだったので楽しんでいたようですが、『撮影会やカラオケのイベントのようなものはやりたくない』と言っていましたね」

──K-POPの歌手が日本で活動することについては、どう思いますか?

「私の友人や後輩には、K-POP歌手として活動している人がいますが、彼らがみなジェウォンと同じだとは思いません。本当に日本を好きな歌手も多いですし、日本で活動したいと思っている友人も多いですから。人によって個人差がありますし、ジェウォンみたいな人間だけではないです」

──知り合いの歌手の名前を教えてもらえますか?

「すいませんが、それはできません。名の知れた人たちですので。後輩はアイドルが多いですし、先輩には俳優もいます」

──ほかのK-POPアイドルたちも、女遊びが激しいと思いますか?

「そうは思いません。しっかり活動している人も多いと思います。ただ、ジェウォンはそうじゃなかっただけです」

──CODE-Vのほかのメンバーは、ジェウォンのように日本が嫌いなのでしょうか?

「日本を嫌いだったのは、ジェウォンだけだと思います。ほかのメンバーたちには、仲のいい日本の男友達もいたようですし。韓国でメンバーに会った時は、『日本に行きたい』と言っていたので、嘘ではないとは思います。日本語の勉強も一生懸命していましたよ。ただ、ジェウォンは少し頑固というか、輪に入っていけなかったんじゃないでしょうか」

──ブログにアップしていたカカオトーク(SNSチャット)の写真を見ました。「地震がまたくればいい」というジェウォンの発言は本当ですか?

「あれは本当です。日記にも『地獄のような日本生活』とかなんとか書いていました。それもアップしました」

──ジェウォンに対する今の感情は?

「何の感情もありませんし、むしろ人間として嫌いです。引き留めたいとも思いません。1年半も付き合っていて、問題(妊娠)が起こった瞬間に急に連絡しなくなるなんて理解できません。少しでも真心があったなら対応が違ったはずですし、失敗しても変われると思います。ただ、メール1本で済まそうという、浅はかな考えを持った人間だったということが明らかになったので、人間として嫌いになって当然だと思います」

──ジェウォンは、将来どんなアーティストになりたいと言っていましたか?

「将来に対する不安はあったようですが、歌手としては活動したくなかったようです。一応、目標としていた金額だけ稼いだら契約終了したいと。それで、私と結婚して養いたいとも言っていました」

──法的に告訴などは考えていますか?

「はい。準備しています」

──ほかに夜遊びをしているK-POPアイドルを知っていますか?

「知っていますが言えないですね。ただ、日本で遊んでいる人は少ないようです」

──CODE-Vのほかのメンバーは?

「以前はわかりませんが……。ほかのメンバーは、ジェウォンが女遊びをするのを嫌がっていましたし、今はまじめに日本で活動しているようです」

 控訴の準備中とのこともあり、話せることも限られる中インタビューに答えてくれたワングさん。現在も通院中とはいうものの、落ち着いた様子だったが、このインタビューの直後自身のツイッターで、赤裸々な告発を再開。やはり、まだ怒りが収まらない様子である。

 件のツイッターの内容で特に衝撃的だったのはジェウォンが大麻を吸引していた疑いについてのものだった。

「ある日、友人たちとハウスパーティーがあって、ジェウォンと一緒に参加しました。(中略)そこで、カナダの友人が自分が持っていた大麻を吸いました。それを見たジェウォンが、自分は昔、何度もやったことがあるから大丈夫だ、自分もやりたいと、そのカナダの友人に大麻をもらって吸いました」(ワングさんのツイッターより引用。原文ママ)

 これが真実であれば到底“若気の至り”だけで済ますことはできない。それにしても、K-POPアイドルたちの素行は、みなこのように乱れきったものなのだろうか?

「彼女もインタビューの中で答えていましたが、K-POPアイドルは真面目な子が多いと聞きますよ。所属事務所の厳しい管理体制もありますし、何よりサセンと呼ばれるおっかけのファンが四六時中アイドルに張り付いてますからそうそう派手に遊び回ることはできないんです。

 ただ、日本で、のびのびと遊び始めたアイドルもちらほらいるみたいです。記憶に新しいのは2011年韓国の国民的グループBIGBANGのリーダーG-DRAGONが日本のクラブで大麻を吸引した事件。海外での活動だと、どうしても事務所の目が行き届かないところも出てくるのでしょう。韓国とは違い私生活までおっかけてくるファンもいませんしね。

 いまやたくさんのK-POPアイドルが日本に進出してますから、今後も日本でスキャンダルを起こすケースは増えていくのではないでしょうか」(K-POPライター)

 日本での管理体制の甘さも問題ということか。では、彼らを日本で管理する立場にあった、レコード会社側は今回のスキャンダルをどのように受け止めているのか。所属レコード会社であるドリーミュージックに、今回の件について直撃してみたが、「担当者が不在なのでわからない」のみの回答だった。

 日本では「女遊びも芸の肥やし」などという風習が昔からあるが、清潔感がウリのK-POPアイドルたちにとってスキャンダルは命取り。ただでさえ、ブーム衰退ムードの漂う昨今、「日本」という彼らにとって重要なはずの市場がK-POPスキャンダルの温床と化さなければいいが…….。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ