> 201208の検索結果

201208 の検索結果

第1特集
「サイゾーpremium」限定ニュース

「ほかの3人と比べたらかわいそう」 もはや誰も突っ込めない五輪女子レスリングでメダルを逃した浜口京子の“弱点”

―― ロンドン五輪で出場した4階級中の3階級で金メダルを獲得した女子レスリング。 そのうち57キロ級の吉田沙保里と63キロ級の伊調馨は五輪3連覇の偉業を成し遂げ、48キロ級の小原日登美は本来の自分の階級が五...

「ほかの3人と比べたらかわいそう」 もはや誰も突っ込めない五輪女子レスリングでメダルを逃した浜口京子の“弱点”
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

サイゾーだから書ける! 日本一早いレコ大予測 今年の主役はあの事務所の歌手2人!?

―― AKB48から演歌歌手デビューした岩佐美咲の『無人駅』。  毎年、この時期になる...

サイゾーだから書ける! 日本一早いレコ大予測 今年の主役はあの事務所の歌手2人!?
第1特集
「サイゾーpremium」限定ニュース

日本発祥のケイリンで惨敗! 競輪選手たちが五輪で結果を残せない深刻な理由

―― 『よくわかる競輪のすべて』(三恵書房)  五輪三連覇の偉業を達成した女子レスリン...

日本発祥のケイリンで惨敗! 競輪選手たちが五輪で結果を残せない深刻な理由
第1特集
「サイゾーpremium」限定ニュース

裏番長・大野のいびり、澤の“恋人”…… どこも書けない なでしこジャパン本当のタブー

―― 『ロンドン五輪サッカー女子代表応援MAGAZINE なでしこジャパン!!』(オー...

裏番長・大野のいびり、澤の“恋人”…… どこも書けない なでしこジャパン本当のタブー
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

サトエリがネック!? 経営危機説が流れる芸能プロ・イエローキャブの屋台骨が揺らぎ続ける理由

―― 佐藤江梨子出演の『ここが噂のエル・パラシオ』。  小池栄子、サトエリこと佐藤江梨...

サトエリがネック!? 経営危機説が流れる芸能プロ・イエローキャブの屋台骨が揺らぎ続ける理由
第1特集
「サイゾーpremium」限定ニュース

金メダル第1号の松本薫を悩ます所属企業のマルチ商法と移籍問題

―― 『女子柔道の歴史と課題』(日本武道館)  ロンドン五輪柔道女子57キロ級で日本勢...

金メダル第1号の松本薫を悩ます所属企業のマルチ商法と移籍問題
連載
【特別企画】「若者は、なぜ恋愛をしないのか?」[後編]

評論家・荻上チキが分析する 出会い系サイトの知られざるユーザー動向

―― 本編では社会学的視座から恋愛やSNSの現状を解説してきたが、大手出会い系サイト「ワクワクメール」のユーザー特性からは、どのような現況が見えるのだろうか?

評論家・荻上チキが分析する 出会い系サイトの知られざるユーザー動向
連載
【特別企画】「若者は、なぜ恋愛をしないのか?」[後編]

草食系ではない20代女性が期待する"男性性"の本質とは?

―― 本誌7月号に掲載した前編では、「性の解放」が唱えられた60年代後半、「乙女ちっく」と呼ばれる70年代から始まった一連の少女マンガブーム、さらには80年代に始まったナンパ文化から90年代の援交文化への変...

草食系ではない20代女性が期待する
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【5】

水増しされる売上目標……三木谷閣下の体育会運営に、楽天社員は息も絶え絶え

―― ここまでは、楽天の歩みや社会とのつながりなど、外側から三木谷氏を検証してきた。では、実際に社内で働く社員たちは楽天をどう見て、どう感じているのか?離職率も高いといわれる同社の社員に話を聞くと、やはり相...

水増しされる売上目標……三木谷閣下の体育会運営に、楽天社員は息も絶え絶え
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第4回

「人は誰でも種々様々な能力を持っている」が、アイドルライター・小明にもう伸びしろはないのか?

―― 今月の格言「人は誰でも種々様々な能力を持っているものなのに、どんな優れた能力があるかを知らずにいる場合が多い。」盛田昭夫(もりた・あきお)

「人は誰でも種々様々な能力を持っている」が、アイドルライター・小明にもう伸びしろはないのか?
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【4】

"経団連"のペット三木谷が画策する維新の会とのタニマチ関係――経済ジャーナリスト・須田慎一郎

―― 今回は「三木谷浩史が日本を変えるのか」というテーマですが、まず、現在までの三木谷氏の功績についてはどうお考えでしょう?

第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【3】

「新経連なんて経団連の2軍に過ぎない」経団連に阻まれた三木谷の理念なき野望――評論家・佐高信

―― 楽天を創業し、一代で時価総額1兆円を超える大企業にまで育て上げた三木谷浩史。財界での覚えも良く、このたびの新経連発足で本格的に政界とのつながりを強固にしようとする彼は、果たして日本を変えるのか?

「新経連なんて経団連の2軍に過ぎない」経団連に阻まれた三木谷の理念なき野望――評論家・佐高信
第1特集
「サイゾーpremium」限定

『被告』なのになぜか『選手』で紹介? 映像はNGでも名前は紹介される内柴被告の扱いに頭を抱えるテレビ局の憂鬱

―― 26日夜の女子サッカーを皮切りに実質的に開幕したロンドン五輪だが、開幕直前に各局が放送したのが前回08年・北京五輪の金メダリストたちの勇姿をまとめた特集企画だった。  北京五輪では今回は競技から外れた...

『被告』なのになぜか『選手』で紹介? 映像はNGでも名前は紹介される内柴被告の扱いに頭を抱えるテレビ局の憂鬱
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【11】

最終的には媚薬に頼るのもアリ!? AVは彼氏に喜んでもらうための最良のセックス教室たるか?

―― 今月のセクハラ問答相手 フリー編集者F子さん(34歳)最近、交際一年弱になる9歳年下の男性と同棲をスタートしたばかり。エッチが上手くなりたいと真剣に悩み中。

最終的には媚薬に頼るのもアリ!? AVは彼氏に喜んでもらうための最良のセックス教室たるか?
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【2】

恵まれた環境と如才ない処世術でのし上がった"財界のジジ転がし"三木谷浩史が反旗を翻すまで

―― 果たして本当に三木谷浩史は日本経済を変えるのか──? その問いを解く前に、彼がこれまでどういったルートを歩み、経済界とどのように渡り合ってきたのか、あらためて振り返ってみよう。

恵まれた環境と如才ない処世術でのし上がった
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【1】

財界と社内のマネジメントから見る楽天・三木谷浩史の真価

―― 2011年6月、楽天が経団連を脱退することを、同社代表の三木谷浩史氏がツイッター上で発表した。それから1年、同氏はこの6月に、ウェブ事業者を中心にした「新経済連盟」を始動。97年の創業以来、順調に事業...

財界と社内のマネジメントから見る楽天・三木谷浩史の真価
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.3

『リーガル・ハイ』──堺雅人の顔芸が光る! 古沢良太脚本の“テレビドラマ”らしい快作の誕生

―― 2012年4月期のテレビドラマは、いわゆる「大作」は不在のクールだったが、そんな中で異色の輝きを放って話題を呼んだのが法律モノの『リーガル・ハイ』(フジテレビ)だ。堺雅人の久々のドラマ主演作を手がけた...

『リーガル・ハイ』──堺雅人の顔芸が光る! 古沢良太脚本の“テレビドラマ”らしい快作の誕生
連載
アダルトグッズのすゝめ【5】

【日向琴子】──恋愛が面倒な草食系男子はセフレを作ろう!

―― 愛のあるセックスをサポートするため、アダルトグッズの有効性を提唱するエースゼロワンの担当者が、さまざまな業界の有識者たちと性にまつわるトークを繰り広げる当コーナー。今号は、マンガ家やラブホテル評論家な...

【日向琴子】──恋愛が面倒な草食系男子はセフレを作ろう!
第1特集
五輪と政治の、深くて長いキケンな関係

「オバマの赤っ恥」のウラにあるものは何か? 五輪と政治の関係は「国威発揚」から「プレ外交」へ

―― 「スポーツによる世界平和」という政治的メッセージのもとに始まり、ナチスによるプロパガンダに利用されつくしたベルリン大会、冷戦期の代理戦争としてボイコットが相次いだモスクワ・ロス両大会など、常に政治に翻...

「オバマの赤っ恥」のウラにあるものは何か? 五輪と政治の関係は「国威発揚」から「プレ外交」へ
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第24回

同語反復に過ぎないポストモダン議論などしょうもない! 国家に基づいたお金が流通する本当の理由

―― 個人的な話からで恐縮ですが、私が大学に進学したのは1989年のことです。そのころの人文思想界ではポストモダンが全盛期で、少しでも哲学や思想に興味がある学生はほとんどと言っていいほどポストモダン思想(と...

同語反復に過ぎないポストモダン議論などしょうもない! 国家に基づいたお金が流通する本当の理由
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第67回

国策として邁進されてきた原発の非代替性

―― 7月1日に大飯原発が再稼働を開始した。これに伴い、大飯原発前や総理大臣官邸前をはじめ、全国で反原発デモが巻き起こったことも記憶に新しい。反原発の気運が一層高まる中で、京都大学原子炉実験所の山名元教授は...

国策として邁進されてきた原発の非代替性
第1特集
国籍を変える選手たちの悲哀【2】

Jリーグの国籍問題をあらわにした宮澤ミシェルの悲喜こもごも

―― サッカーのJリーグでは、日本国籍をもたない外国籍選手との契約は、1チーム3人まで。しかし、外国籍であっても学校教育法第一条に定める学校(以下、一条校)を卒業した選手には、この外国人枠とは別に1チームひ...

Jリーグの国籍問題をあらわにした宮澤ミシェルの悲喜こもごも
第1特集
国籍を変える選手たちの悲哀【1】

猫ひろし騒動で露呈した国籍変更問題 五輪出場で国籍を変える選手たちの悲哀

―― マラソンのカンボジア代表権を得るため、国籍を変更した猫ひろしの騒動は記憶に新しいだろう。欧州では五輪が開催されるたびに、多くの選手が国籍を変更するというが、その背景にはどのような問題があるのだろうか?

猫ひろし騒動で露呈した国籍変更問題 五輪出場で国籍を変える選手たちの悲哀
第1特集
薬物に染まった近代五輪の裏面史を紐解く!【3】

サイエンスライターが解説! 筋肉増強にダイエット……僕らも"使える"ドーピング薬

―― 「スポーツ選手がドーピングでメダル剥奪!」と聞くとなにか遠い場所での出来事のようにも聞こえるが、実は、海外の通販サイトを使えば購入できるものもあるのだとか。さらに市販薬の中に同様の成分が入ってるものも...

サイエンスライターが解説! 筋肉増強にダイエット……僕らも
第1特集
薬物に染まった近代五輪の裏面史を紐解く!【2】

選手生命が終わるだけじゃなく、人生もおわる ドーピング使用者の処分とその後の人生

―― 薬物を使用することにより、超人的な筋肉や心肺機能を身につけるドーピング。得られる栄光の代償になるのは、自らの人生のようだ……。

選手生命が終わるだけじゃなく、人生もおわる ドーピング使用者の処分とその後の人生
第1特集
薬物に染まった近代五輪の裏面史を紐解く!【1】

ベン・ジョンソンにジョーンズ、室伏のライバル・アヌシュ……薬物に染まった近代五輪の裏面史

―― 近代五輪で新記録が出るたびに、話題になるドーピング。IOCの対策にもかかわらず撲滅されることはなく、イタチごっこのように新たなドーピング薬が開発されるという。世界的なスポーツ大会の裏で、勝利の栄誉のた...

ベン・ジョンソンにジョーンズ、室伏のライバル・アヌシュ……薬物に染まった近代五輪の裏面史
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.04

巨人を叩きながら、巨人に救ってもらっている清武氏は人間として信用がならない!

―― 今回の原辰徳監督のスキャンダルで、「原監督を脅した元暴力団員K」と報じられた熱海の旅館「ほのか」の川岸会長は、私の古くからの知人である。06年に問題の1億円(ちなみに、原は、約7000万円はすぐに準備...

巨人を叩きながら、巨人に救ってもらっている清武氏は人間として信用がならない!
第1特集
華々しき五輪の元選手に聞く【2】

元ソウル五輪銅メダリスト・山口香が檄! 「選手起用法を誤った日本柔道界の"罪"」

―― 日本選手権10連覇、世界選手権金メダル、そしてソウル五輪銅メダルという偉業を成し遂げた”女三四郎”は、現在の日本柔道界に何を思うのか?

元ソウル五輪銅メダリスト・山口香が檄! 「選手起用法を誤った日本柔道界の
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第58回

ゲイと未亡人の愛憎劇?信じるはローカルな正義

―― テキサス州カーセイジは人口6800人。住民の多くが白人の中産階級の高齢者で、日曜日には誰もが教会に集まる静かな田舎町だ。「アメリカの最も住みやすい町」にランキングされたこともある。

ゲイと未亡人の愛憎劇?信じるはローカルな正義
第1特集
理事会vs.教授会! 大学が五輪選手を輩出できるカラクリ

教授会頼りの大学からは優秀な選手は生まれない!? 理事会vs.教授会の権力争いに揺れる大学経営とスポーツ

―― 五輪選手には、毎大会、多くの大学生アスリートが選出されている。このロンドン五輪においてもそれは同様だ。早稲田大学のやり投げ代表・ディーン元気選手や、立命館大学からのシンクロナイズド・スイミング代表・乾...

教授会頼りの大学からは優秀な選手は生まれない!? 理事会vs.教授会の権力争いに揺れる大学経営とスポーツ
第1特集
五輪商業化で誤審が増加!? 冷遇される審判の悲劇【3】

プロ審判は意外と儲かる? MLB審判は年収1000万円超 プロ審判の成り方と給料事情

―― 審判のプロ化が急がれていることは本文ですでに述べたが、では、プロ審判の待遇やその道のりはどのようになっているのか。日本でもプロ審判制度がある、野球とサッカーを例に、審判の待遇を見てみよう。

プロ審判は意外と儲かる? MLB審判は年収1000万円超 プロ審判の成り方と給料事情
第1特集
五輪商業化で誤審が増加!? 冷遇される審判の悲劇【2】

五輪での審判買収や圧力は当たり前? 7億円で金メダル2つ!? 五輪の"審判買収"事件簿

―― 誤審と並び、毎回のように大きなスキャンダルとして報じられる審判の買収問題。現在までに五輪で騒動となった買収事件とその買収額を、ピックアップして検証する。飛び交う現金の裏には、国からの圧力の影も……。

五輪での審判買収や圧力は当たり前? 7億円で金メダル2つ!? 五輪の
第1特集
五輪商業化で誤審が増加!? 冷遇される審判の悲劇【1】

誤審や買収疑惑で国中からバッシングを受けることも――協会も守ってくれない審判の弱さ

―― 国の代表として、華々しく五輪の地に立つスポーツ選手の陰で、公正なジャッジを下すべくあくせくと働くのが審判たちだ。しかし、そんな”縁の下の力持ち”ともいえる審判には、五輪において誤審や買収疑惑といった騒...

誤審や買収疑惑で国中からバッシングを受けることも――協会も守ってくれない審判の弱さ
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第50回

自力で手法を編み出してこなかった ネット広告業界がスマホで不振にあえぐ

―― スマートフォン向けの広告が伸び盛りとされている。値下げ戦争に疲弊して頭打ちになっているネット広告業界はここに期待をかけているが、まだ広告効果の根拠は薄い。ソーシャルメディア広告も同様だ。

自力で手法を編み出してこなかった ネット広告業界がスマホで不振にあえぐ
第1特集
参加企業の技術力と政治力【2】

レーザー・レーサーはどうなった!? ロンドン五輪大会スポーツメーカー事情に迫る!

―― スポーツ器具と五輪といえば、前回の北京五輪では、スピード社の開発した高速水着「レーザー・レーサー」の採用をめぐって、日本選手団と協会がもめた事件が話題になった。今大会の注目点はどこだろうか?

レーザー・レーサーはどうなった!? ロンドン五輪大会スポーツメーカー事情に迫る!
第1特集
参加企業の技術力と政治力【1】

パナソニックのTOPパートナーはもはや意地!? 科学技術の祭典としての五輪"参加選手"企業の技術力と政治力

―― 近年のオリンピックは「ハイテクオリンピック」「科学技術オリンピック」と別称されるように、世界各国の電機メーカーやIT企業が技術の粋を競う、ショーケース的側面を持つ。世界スポンサーを務めるパナソニックを...

パナソニックのTOPパートナーはもはや意地!? 科学技術の祭典としての五輪
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「報じられないレバ刺しのリスク」

―― 7月1日から生食用牛レバーの販売・提供が禁止となり、焼き肉店の人気メニュー「レバ刺し」が食べられなくなってしまいました。消えゆくレバ刺しを惜しみ、食べ納めと称してあちこち食べ歩く人も……。厚生労働省は...

人気エントリー定点観測@はてな 「報じられないレバ刺しのリスク」
連載
脱力ニュース・ジャパンNo.80

【今月の教訓】夢も愛もあきらめが肝心

―― 「願い続ければ夢は叶う」みたいなことを真顔で言う(書く)人がいる。まあ、あながちウソではないと思うけど、願ってるだけで具体的な行動してなきゃ叶うはずないし、いくら頑張っても叶わないこともあるわけで、そ...

【今月の教訓】夢も愛もあきらめが肝心
第1特集
スポンサー依存のマラソンがメダルを穫れなくなった理由【3】

天才ランナーの中山竹通が辛辣な苦言を呈す「実業団依存のマラソン界は、もう勝てるわけがない!」

―― かつて、ダイエーに所属し、2度のオリンピックを経験した天才ランナーは、実業団とマラソン業界の関係をどう見るのか?

天才ランナーの中山竹通が辛辣な苦言を呈す「実業団依存のマラソン界は、もう勝てるわけがない!」
第1特集
スポンサー依存のマラソンがメダルを穫れなくなった理由【2】

藤原新に女医のスポンサードあり 実業団陸上選手たちの不満が爆発! 実業団選手の"本音"座談会

―― では、実際に実業団陸上部で日々五輪を目指すマラソン選手たちは、それぞれのスポンサーである企業からの待遇をどう感じているのだろうか? 本音と不満を語ってもらった──。

藤原新に女医のスポンサードあり 実業団陸上選手たちの不満が爆発! 実業団選手の
第1特集
スポンサー依存のマラソンがメダルを穫れなくなった理由【1】

マラソン界はジレンマだらけ……企業に依存して勝てない! 駅伝に殺されたマラソン界

―― ロンドン五輪の選考会で話題となった”ニートランナー”藤原新。彼の出現により露呈した実業団選手たちの低迷は、現在の日本のスポーツ全体におけるスポンサー依存の副産物だった──!?実業団チームの選手たちの声...

マラソン界はジレンマだらけ……企業に依存して勝てない! 駅伝に殺されたマラソン界
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.04

大リーガーに必要なスキルは、”データ分析”IT全盛でスポーツ界の情報戦が詳細化!

―― ITの発達により、情報戦が激化しているスポーツ界。中でも世界最大のプロ野球リーグである米MLBでは、データ分析に基づいた戦略展開は常識になっている。さらに、そうしたデータ統計に、選手や監督、コーチだけ...

大リーガーに必要なスキルは、”データ分析”IT全盛でスポーツ界の情報戦が詳細化!
第1特集
五輪銀メダリストの恋バナ対談

野球の日本代表選手たちとの一夜の事件も告白!? 宇津木妙子と安藤美佐子が語る女性アスリートの恋愛

―― 最近、なでしこJAPANの川澄奈穂美選手に同性の恋人発覚と噂されたり、オリンピックの元メダリスト有森裕子さんや田中雅美さんの離婚が発覚したりと、女性オリンピアンたちの恋愛模様が何かと騒がしい。

野球の日本代表選手たちとの一夜の事件も告白!? 宇津木妙子と安藤美佐子が語る女性アスリートの恋愛
ニュース
痴漢に強制わいせつ、賭博などなど……

編集者の不祥事から出版社の危機 再編進む出版業界の噂を徹底検証!

―― 凋落が止まらぬ出版業界。市場の低迷に対して、大手出版社では11年頃から、従業員の給与引き下げに着手し始めている。

編集者の不祥事から出版社の危機 再編進む出版業界の噂を徹底検証!
連載
コッソリ教えて!! ギョーカイ(秘)座談会 第2回

NHK・石原真プロデューサーとの癒着発覚!?エイベックスと組んだAKB48と音楽業界の行方

―― まったくCDが売れずに四苦八苦している音楽産業にあって、好調を維持するAKB48とその関連グループ。ランキングや売り上げ、テレビ番組への露出をほぼ独占しているAKB48頼みの現状を、業界の人たちはどう...

NHK・石原真プロデューサーとの癒着発覚!?エイベックスと組んだAKB48と音楽業界の行方
第1特集
アイドル路線をひた走るジャニーズ頼みのロンドン五輪中継

櫻井翔と中居正広は既定路線? ジャニーズのポチと化したテレビ局が挑む五輪中継

―― バレーボールワールドカップの放映のみならず、いまや、スポーツの祭典に欠かせなくなったジャニーズの存在。今回のロンドン五輪でいえば、民放、NHK6局のうち、実に3局が公式キャスターとしてジャニーズのタレ...

櫻井翔と中居正広は既定路線? ジャニーズのポチと化したテレビ局が挑む五輪中継
ニュース
日本の通信社がお粗末なミスを連発

共同通信&時事通信が"不敬"に"盗用"!? 二大報道機関の赤っ恥「配信事件」の裏

―― 日本を代表する2大通信社が、思いも寄らない”配信事件”を引き起こし、会社存続を危うくしかねない深刻な事態に見舞われているという。

共同通信&時事通信が
インタビュー
サイゾーのウェイティングガールズはNMB48のみるるんだ!

【白間美瑠】絶滅寸前の黒髪美少女が見せた“おもしろさ”への渇望

―― AKB48選抜総選挙で、64位以内に入れなかったメンバーに光を当てる「ウェイティングガールズ」。本誌には、NMB48の白間美瑠ちゃんが登場だ!

【白間美瑠】絶滅寸前の黒髪美少女が見せた“おもしろさ”への渇望
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第27回

第4回AKB48選抜総選挙を考える

―― 6月6日、AKB48の第4回総選挙(の開票イベント)が行われた。今回は初めて全国フジテレビ系列でこの開票イベントの中継が行われたため、過去最大の反響を呼んだ。今回の総選挙のポイントは3つある。

第4回AKB48選抜総選挙を考える
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』