サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > 【ドーピング】が金を生む 薬物まみれの近代五輪
第1特集
薬物に染まった近代五輪の裏面史を紐解く!【1】

ベン・ジョンソンにジョーンズ、室伏のライバル・アヌシュ……薬物に染まった近代五輪の裏面史

+お気に入りに追加

──近代五輪で新記録が出るたびに、話題になるドーピング。IOCの対策にもかかわらず撲滅されることはなく、イタチごっこのように新たなドーピング薬が開発されるという。世界的なスポーツ大会の裏で、勝利の栄誉のため、莫大な金のため、薬物で超人的な肉体を手に入れた選手たち。その栄冠と転落の歴史とともに、ドーピングの現状を探る。

1208_doping2.jpg
海外の通販サイトではドーピング薬が、買えるところもあるとか。

 勝利への欲望やそれに付随する金銭的な理由から、まるで改造人間のように強靭な肉体を手に入れられるドーピング。反面、副作用があり後に身体を壊す選手も多く、さらにもし検査に引っかかればすべての栄冠が失われてしまうのだが、それでも手を出す選手は後を絶たない。なんとしてでも勝ちたい、勝たせたい人々による「ドーピング競争」は五輪の裏面史でもあるようだ。

「選手が国際大会で金メダルを獲得したり、あるいは世界記録を出したりすれば、選手本人だけでなくコーチやスポンサー、所属団体、もっといえばイベントの主催にも、金銭的なメリットがあります。商業主義に傾倒したIOC(国際五輪委員会)が『名誉や金儲けのためにドーピングはするな』と言っても、まったく説得力がない」

 そう語るのは、多くの競技にまたがってドーピング問題を取材してきた作家で、この問題を追いかけた『果てなき渇望』(草思社)の著者・増田晶文氏だ。各国のテレビ放映権料、スポンサー、入場料や記念グッズ販売の収入など、IOCが抱える数々の利権。その拡大は「大会の盛り上がり」にかかっており、ジャーナリストの間では「驚異的な記録を出す、あるいは超人的なパフォーマンスを行う選手が登場する可能性を狭めないため、あえてドーピング検査に抜け道を作っているのではないか」「選手サイドから、多額の献金を伴うロビーを受けているのではないか」との見方すらあったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』