サイゾーpremium  > 特集2  > 【須田慎一郎】が喝破「三木谷は経団連のペット」
第2特集
楽天・三木谷浩史は日本経済を変えるのか?【4】

"経団連"のペット三木谷が画策する維新の会とのタニマチ関係――経済ジャーナリスト・須田慎一郎

+お気に入りに追加

1208_suda.jpg

須田慎一郎(すだ・しんいちろう)
1961年、東京都生まれ。経済ジャーナリスト。経済紙記者を経て、現職。政財界に精通しており、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日)の火曜コメンテーターとしても活躍。近著に『暴力団と企業 ブラックマネー侵入の手口』(宝島社新書)がある。


──今回は「三木谷浩史が日本を変えるのか」というテーマですが、まず、現在までの三木谷氏の功績についてはどうお考えでしょう?

須田慎一郎(以下、) 正直なところ、功績が思いつきません。もちろん、ネット通販という事業をいち早く立ち上げて、業界トップに育て上げたわけですから、ビジネスセンスがあったのは間違いない。でも、楽天というビジネス形態は、三木谷がやらなかったとしても、ほかの誰かがやっていたはずです。

 しかも、楽天は登場時こそ日本の流通に変化をもたらしたのかもしれませんが、それで終わり。その後は、ユーザーを囲い込んで減らさないための施策しか行っていません。

──とはいえ、三木谷氏はIT企業として経団連に加盟するなど、財界での存在感は小さくないですよね?

 彼はなんだかんだ言って、日本興業銀行出身のピカピカのエリートですから。財界人にしてみれば、自分たちと同じ側の人間なんです。

──そんな典型的な財界エリートともいえる三木谷氏が、11年経団連を脱退。今年6月には「新経済連盟(新経連)」を立ち上げ、いわば反旗を翻したわけですが、これはなぜでしょうか?

 大きなきっかけは、TBS買収の失敗でしょう。確かに三木谷は経団連という日本のインナーサークルに名前を連ねるようになりましたが、そこでの彼はしょせん、財界重鎮のペットのような立場でしかなかったわけです。その立場に甘んじるなら経団連も悪くはないのですが、彼の場合、財界でのし上がろうという野心があった。そのひとつの発露がTBSの買収だったと思います。三木谷からすれば通信と放送の融合というのは必然の流れですし、財界は味方になってくれると踏んでいた。ところが、結局最後はその財界からもハシゴを外されてしまった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』