サイゾーpremium  > 特集  > スポーツ  > 日本の【競輪選手】が五輪で活躍できない理由
第1特集
「サイゾーpremium」限定ニュース

日本発祥のケイリンで惨敗! 競輪選手たちが五輪で結果を残せない深刻な理由

+お気に入りに追加

1209_keirin_news.jpg
『よくわかる競輪のすべて』(三恵書房)

 五輪三連覇の偉業を達成した女子レスリングの吉田沙保里、伊調馨の金メダルを始め、10日(日本時間)までに実施された競技を終え金メダル5個、銀メダル14個、銅メダル16個を獲得した日本選手団だが、「隠れた金メダル候補」として注目されていたのが自転車競技のトラックレースの種目である「ケイリン」だったという。

「日本発祥の公営競技・競輪を元に作られた競技で、それと区別するため『ケイリン』と表記されている。あまり話題にならなかったが、現在、日本生まれの五輪種目となっているのは柔道とケイリンのみで、ケイリンは00年のシドニー五輪から正式種目として採用され、08年の北京五輪で永井清史が銅メダルを獲得し、同種目で日本人初のメダリストとなった。北京後は本格的に五輪で金メダルを狙うため強化体制が改善され、11年春、ついに“ミスター競輪”こと中野浩一が選手強化委員に就任しレベルアップを図り、関係者も『金メダルに手が届くレベル』と太鼓判を押していた」(スポーツ紙デスク)

 トラックの代表として男子はいずれもトップクラスの競輪選手である渡邉一成、中川誠一郎、新田祐大の3選手が出場。前哨戦となる4月の世界選手権で、日本は団体戦のチームスプリントで4位、渡邉がケイリンで5位とメダル射程圏内かと思われていたが、フタを開けてみれば、チームスプリントは予選8位で、1回戦で開催国のイギリスに敗れ、ケイリンでは渡邉が1回戦で同組最下位と惨敗。敗者復活戦で勝ち上がり準決勝に進出したものの、またも同組で最下位に沈み、7~12位決定戦に回ったものの、11位に終わった。

 その結果、アテネではチームスプリントで銀、北京ではケイリンで銅と、2大会連続でメダルを獲得していたが、自転車のトラックレースは今大会でメダルが途絶えてしまったが、勝てないのにはそれなりの理由があるという。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』