> 医療の検索結果

医療 の検索結果

第2特集
「看護婦」はなぜ"エロい"のか?【2】

夏はTバックにインナーなしがマスト!? 現役看護婦が語る「ナース服の内側」

―― この記事では、自身のナース服についてどのようなイメージを抱き、そして実際に着用しているのかについて、3人の現役ナースたちに話を聞いてみました!

夏はTバックにインナーなしがマスト!? 現役看護婦が語る「ナース服の内側」
第2特集
「看護婦」はなぜ"エロい"のか?【1】

Fカップグラドル都丸紗也華ちゃん(20)と一緒に考える!看護婦はなぜ“エロい”のか?

―― Fカップ乳とあどけない童顔で人気のグラドル都丸紗也華ちゃんが、悶絶のナースコスプレグラビアに挑戦!そして本文では、気鋭の女性社会学者による「看護婦の歴史」を展開。看護婦は歴史上なぜ、「母性」と共に性的...

Fカップグラドル都丸紗也華ちゃん(20)と一緒に考える!看護婦はなぜ“エロい”のか?
第1特集
私たちが知ってるコトすべて話しちゃいます!

【ナースによるセキララ告白】モンスター患者から医療格差問題まで――慶応病院は給料がお高め!? 現役ナースが語る病院のウラ側

―― ネット社会で情報過多になり結果死期を早めてしまうがん患者、手術ミスを重ねてしまう外科医師、そしていわゆるセレブ病院の実態まで、現役ナースたちが語るニッポン医療のウラ側をちょっぴりご開帳!

【ナースによるセキララ告白】モンスター患者から医療格差問題まで――慶応病院は給料がお高め!? 現役ナースが語る病院のウラ側
第1特集
扇情的な見出しで煽る医療記事の真贋【2】

川島なお美も訪れていた!セカンドオピニオン・近藤誠外来が賑わう理由

―― 近藤誠医師は14年に慶応大学病院を退職したが、それに先立ち13年に「近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来」を設立し、30分3万2000円という値段でセカンドオピニオンを提供している。15年9月に肝内...

川島なお美も訪れていた!セカンドオピニオン・近藤誠外来が賑わう理由
第1特集
扇情的な見出しで煽る医療記事の真贋【1】

『WELQ』の削除問題は必然だった!?大手週刊誌バトルにも発展――医療系コンテンツが抱える病み

―― ここ数年、読者の高齢化からか、週刊誌では毎号医療特集が組まれるようになった。その多くが扇情的なアオリで読者の興味を引きつける“週刊誌特有”の誌面構成だが、その内容に異論を唱える専門家もいるという。昨今...

『WELQ』の削除問題は必然だった!?大手週刊誌バトルにも発展――医療系コンテンツが抱える病み
第1特集
現役医師がエンタメを鋭く診断【2】

現役医師は見た!神妙な場面が台無し!誤ったトホホな描写

―― こちらの記事で触れた通り、実は医療ドラマには「医療従事者から見ればリアリティを欠く描写」が見られるという。それはドラマのどのような場面に現れているのだろうか? 現役医師の話を軸に、海外医療ドラマとの...

現役医師は見た!神妙な場面が台無し!誤ったトホホな描写
第1特集
現役医師がエンタメを鋭く診断【1】

医療不信が『ドクターX』大門未知子を生んだ!?医療ドラマのリアリティと弊害

―― ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の快進撃が止まらない。主演・米倉涼子が放つ「私、失敗しないので」という決め台詞が視聴者のカタルシスとなる一方で、医療界からは疑問の声もちらほら。本稿では『ドク...

医療不信が『ドクターX』大門未知子を生んだ!?医療ドラマのリアリティと弊害
ニュース
【premium限定ニュース】

ついに閉鎖!デタラメ情報を垂れ流し「WELQ」執筆依頼の殺し文句とは?

―― デタラメな情報を垂れ流していた医療・健康情報サイトの「WELQ」が閉鎖され、12月7日に運営元のDeNAが謝罪会見を開いた。

ついに閉鎖!デタラメ情報を垂れ流し「WELQ」執筆依頼の殺し文句とは?
第1特集
手術動画の奥深き魅力【3】

作り物では表現しきれない不規則さに萌える! 臓器愛好家が語る素晴らしき手術動画の世界

―― 医療技術の向上や患者の選択肢としての利用のために公開されている手術動画。その社会的意義がある動画を、公開者の意図に反した目的で閲覧している人たちもいる。その好事家のひとりで、前項では彼女なりの手術動画...

作り物では表現しきれない不規則さに萌える! 臓器愛好家が語る素晴らしき手術動画の世界
第1特集
手術動画の奥深き魅力【2】

【グロ注意】食事中の閲覧はくれぐれもお控えください。部位別に選定! 萌える手術動画レビュー

―― ここからは、こちらのページに登場いただく臓器愛好家・腸皺ミタ女史に、手術動画を好事家目線でレビューしていただこう。脳、目、口、心臓、尻、そして男性器まで、バラエティに富んだ手術動画の萌えポイントを紹介...

【グロ注意】食事中の閲覧はくれぐれもお控えください。部位別に選定! 萌える手術動画レビュー
第1特集
手術動画の奥深き魅力【1】

資料動画? それともリアルグロ動画? 本物の脈打つ内臓が見放題!? 医師自ら投稿する手術動画の意義

―― 動画サイトで「オペ」「手術」と検索すると山のように出てくるのが、医療現場の関係者がアップする「手術動画」だ。モザイクなし、R指定なしの生々しい動画たちは時に、医療関係者の教材として、好事家にとってのエ...

資料動画? それともリアルグロ動画? 本物の脈打つ内臓が見放題!? 医師自ら投稿する手術動画の意義
ニュース
生活保護受給者を利用した不正事件

関係者らが告発!ホームレスへと広がる貧困ビジネス医療の闇

―― 9月3日、厚生労働省は、医療保険や公費から支払われた2014年度の概算医療費が、およそ40兆円に上ったことを発表した。もちろん、高齢化の進行や治療方法の高度化による医療費の増加が占めるところが大きいの...

関係者らが告発!ホームレスへと広がる貧困ビジネス医療の闇
第1特集
厚労省を巻き込み営利に走る製薬会社【2】

石油の副産物から薬を生成?野口英世も関与した!? ロックフェラーと医療

―― ――陰謀論の裏でいつも名前が挙がるロックフェラー財団。世界をまたにかけた巨大財閥がゆえにそうした話題が上がってきてしまうのだが、医療の分野でもそれは同じようで……。

石油の副産物から薬を生成?野口英世も関与した!?  ロックフェラーと医療
第1特集
厚労省を巻き込み営利に走る製薬会社【1】

医療技術の進歩は幸か不幸か? 患者不在の新薬開発の実態

―― ――遺伝子や細胞の解析が進む昨今、これまでのような細胞全体に影響する薬ではなく、病気の患部に直接効く薬が海外では開発されている。だが、これに乗り気ではないのが、製薬会社。もちろん薬でボロ儲けできなくな...

医療技術の進歩は幸か不幸か? 患者不在の新薬開発の実態
第2特集
現代医療とビジネス【5】

地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会

――  ここまでは、医療業界に渦巻く金や利権の構図を見てきたが、では実際に現場で働くお医者さんたちは、どう感じているのか? ここではさまざまな立場の医師に集まってもらい、金や医者、患者について聞いてみた!

地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会
第2特集
現代医療とビジネス【4】

製薬会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス

――  精神科に対する理解が深まる一方で、その中には、効能の薄い薬を高額で処方している医師などもいるようだ。では、実際にどんな薬が金儲けに使われているのか? 医師に処方された薬を飲んでいれば間違いないという...

製薬会社の利権渦巻くイガクムラの実態 患者を薬漬けにする不可解な薬ビジネス
第2特集
【プレミア限定ロングver.】現代医療とビジネス【3】

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境

――  2004年に起きた「福島県立大野病院産科医逮捕事件」以降、医療業界で最も人手不足が叫ばれているのが、産婦人科界だ。しかし、出産に限らず、昨今需要が高まっている不妊症治療など、ほかの科に比べて自由診療...

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境
第2特集
現代医療とビジネス【2】

医科歯科大の医者は東大・慶大が大嫌い!? これがジッツと系列病院のカンケイだ!

―― ――関東・東海・関西の三大地区に君臨する有名大学と、その大学が人事権(ジッツ)を持つ系列大学をまとめて眺めてみよう!

医科歯科大の医者は東大・慶大が大嫌い!? これがジッツと系列病院のカンケイだ!
第2特集
【無料試し読み!】現代医療とビジネス【1】

利権追求ばかりで患者は置いてけぼり!? 「病院経営」から見た現代医療のウラ側

―― ──学閥に基づく人事権支配、利権の拡大と医療費抑制にしか興味がない厚労省、製薬会社の思惑と薬使用の実態、そして自由診療で問題が噴出する不妊症治療のウラ側──。ニッポンの大病院が抱える”病巣”をえぐる!

利権追求ばかりで患者は置いてけぼり!? 「病院経営」から見た現代医療のウラ側
第1特集
スティーブ・ジョブズも犠牲に? マクロビに潜む落とし穴【3】

アメリカがん協会が「科学的根拠ナシ」と断言! 医学界が危険性を指摘!米国でのマクロビ”批判”

―― 一部のハリウッド・スターにも親しまれているマクロビだが、その食事法はアメリカでどう受け入れられ、そして”批判”されてきたのだろうか? マクロビが日本人によって持ち込まれた時代からたどってみよう。

アメリカがん協会が「科学的根拠ナシ」と断言! 医学界が危険性を指摘!米国でのマクロビ”批判”
第1特集
スティーブ・ジョブズも犠牲に? マクロビに潜む落とし穴【2】

ストイックに実践したら体を害する? 浸透中のナチュラルな食事法たち

―― これら3つの食事法は、どれもオーガニックかつヘルシーなものに見える。では、それぞれどう違うのか? 特徴をかいつまんでみた。

ストイックに実践したら体を害する? 浸透中のナチュラルな食事法たち
第1特集
スティーブ・ジョブズも犠牲に? マクロビに潜む落とし穴【1】

ストイックなマクロビ女子は生理が止まる!? オーガニックな食事法に潜む落とし穴

――  その意味は詳しく知らなくても、”マクロビ”という言葉自体は耳にしたことがあるだろう。あるいは、”ヴィーガン”や”ローフード”といったワードも聞いたことがあるかもしれない。それらの食事法はヘルシーなイ...

ストイックなマクロビ女子は生理が止まる!? オーガニックな食事法に潜む落とし穴
第1特集
各業界の"本職"に聞く「オレたちのタブーを破った映画」【4】

精神科医・岩波明が注目する 閉鎖病棟独特の”閉塞感”をリアルに描いた映画

―― 病気や医療現場の実際をよく知らずに表面的に扱っている作品はインパクトを感じられません。その点『クワイエットルームにようこそ』は、精神病院の内部がかなり克明に描かれており、精神医療の実態に迫った作品とい...

精神科医・岩波明が注目する 閉鎖病棟独特の”閉塞感”をリアルに描いた映画
ニュース
安倍政権と製薬業界の蜜月

生活保護費カットに潜む「巨大利権」 製薬メーカーがウハウハに!

―― 2012年12月に誕生したばかりの自民党・安倍晋三政権が、「生活保護費の大幅引き下げ」を打ち出した。これにより1100億円ほどの予算を浮かせる計算だという。その一方で、借金をいとわず10兆円規模の補正...

生活保護費カットに潜む「巨大利権」 製薬メーカーがウハウハに!
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.05

厚労省主導で進む健康情報の電子化は 「究極の殺人者」を生む可能性さえある!?

―― 昨今、病院で治療を受けた際、診療内容の明細をプリントアウトされて受け取ることが普通になった。一見便利になったかにも思われるこの状況の背景には、「医療データの電子化」という”国策”があった。

 厚労省主導で進む健康情報の電子化は 「究極の殺人者」を生む可能性さえある!?
ニュース
“出生前診断”は本当に必要なのか?

出生前診断騒動が欠く”普通に生きる”ダウン症の人たちの実態

―― 母親の血液を解析するだけで、妊娠中の胎児に「ダウン症」などの染色体異常があるか否かが、99%の確率でわかる出生前診断。この秋から日本国内の約10施設で、新しい検査法の臨床研究が始まろうとしているが、そ...

出生前診断騒動が欠く”普通に生きる”ダウン症の人たちの実態
第1特集
医療業界の"闇"精神病院のタブーはなぜ生まれたのか?【2】

突然死は約28倍、自殺も約15倍のリスクがあるとも……精神病患者に処方される薬の副作用

―― 精神病の治療には薬が欠かせないが、その一方で、これらの薬物はさまざまな副作用を身体にもたらすことが明らかになっている。

突然死は約28倍、自殺も約15倍のリスクがあるとも……精神病患者に処方される薬の副作用
第1特集
医療業界の"闇"精神病院のタブーはなぜ生まれたのか?【1】

半世紀にも及ぶ長期入院患者やついには暴行による死亡事件まで……精神病院のタブー

―― 症状は落ち着いているのにもかかわらず、退院することができず、一生を精神病院の中で終える──。精神病患者のそのような不幸な状況を生み出し続けてきた背景には、この国独自の精神保健政策の歴史があった。

半世紀にも及ぶ長期入院患者やついには暴行による死亡事件まで……精神病院のタブー
第1特集
医療破綻を食い止める気鋭のドクター

疲弊しきった医師たちと、行き詰まる病院医学界に風穴を開ける救世主は現れるか?

―― ──かつては世界トップレベルの技術を誇った日本の医師たち。だが、医療費抑制政策に...

疲弊しきった医師たちと、行き詰まる病院医学界に風穴を開ける救世主は現れるか?
第1特集
新時代を切り開く"革命児"たち【医療】

医学ジャーナリストが選ぶ革命家──日本でたったひとりの心臓のロボット手術医

―― ──医療支援ロボットの認可が遅れる日本。この状況を打破すべく戦い続ける医師を、医...

医学ジャーナリストが選ぶ革命家──日本でたったひとりの心臓のロボット手術医
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第18回

進まぬ日本の医療のIT化 阻むは医療関係者のウェブ嫌い

―― ──現在、アメリカで導入が進んでいる医療のソーシャルメディア化。PHRと呼ばれる...

進まぬ日本の医療のIT化 阻むは医療関係者のウェブ嫌い
サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】