サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > ワクチン忌避の歴史【2】/取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
第1特集
ワクチン忌避の歴史【2】

訴訟、副反応、報道、陰謀論……取り沙汰されてきた4つのワクチン

+お気に入りに追加

――時代によって非難されてきたワクチンはそれぞれ違う。ここでは、今に至るまでに忌避されてきた代表的なワクチンを紹介していこう。

2105_vaccine_320.jpg
『感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた』(KADOKAWA)

●大人も感染する百日咳
三種混合(DPT)ワクチン

ジフテリア(diphtheria)、百日咳(pertussis)、破傷風(tetanus)の3つが一緒に入ったワクチン。通称DPT。国内では1968年からDPTワクチンの接種が行われていたが、百日咳の成分による脳症など副反応事故が発生したことから、75年には厚生省によりワクチン接種の中止が指示される。また、アメリカを中心とした欧米でもこの頃から、百日咳のワクチン反応が問題視され始め、ワクチン接種に否定的な報道が増え出す。

●「ワクチン=自閉症」のイメージ
新三種混合(MMR)ワクチン

麻疹(measles)、おたふく風邪(mumps)、風疹(rubella)の3つが一緒に入ったワクチン。通称MMR。国内では1989年から接種が開始されたが、おたふく風邪のワクチンの成分による無菌性髄膜炎が多発。国に対する訴訟が相次ぎ、93年には接種中止。98年には自閉症との関係を主張する医師が登場(のちに不正が発覚し論文は撤回)。世界中でワクチン接種をしなくなり、結果として10年代には欧米でたびたび大規模な麻疹が流行した。

●世界的に日本だけ接種率が低い
HPVワクチン

HPVワクチンは子宮頸がんの原因となる「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染を防ぐもので、WHOも積極的な接種を呼びかけ、日本では2013年から小学校6年生~高校1年生までの女子を対象に公費で接種できる「定期接種」となった。しかし、同ワクチンが引き起こしたとされる副作用がメディアで盛んに報じられるようになると、同年、厚生労働省によって「積極的な勧奨」が中止される。そこから、今に至るまで同ワクチンへの忌避感は続いている。

●ビル・ゲイツがマイクロチップを入れてる?
新型コロナワクチン

ファイザーやモデルナのmRNAワクチンは従来のワクチンと違って遺伝情報を用いるため、「注射することでDNAが変異する」など誤った情報がネット上で広まってしまい、揚げ句の果てには、マイクロソフト社のビル・ゲイツが「人体にマイクロチップを埋め込み、世界の人々からのデータ収集のためにワクチンを利用しようとしている」といった陰謀論が、反ワクチン派以外からも語られるようになった。

日本政府と契約を結んだ新型コロナウイルス感染症のワクチン

●4月現在、日本で唯一打てるワクチン
ファイザー/ビオンテック

mRNAワクチン。筋肉注射で2回接種が必要。日本国内でも承認され、年内に7200万人分供給される予定。米疾病対策センターはこれを2回接種することで、感染を90%予防できると報告している。

●武田薬品が製造・販売予定
モデルナ

mRNAワクチン。筋肉注射で2回接種が必要。日本では9月までに2500万人分供給される予定。米疾病対策センターは前出のファイザーと、こちらのワクチンの有効性は90%と報告している。

●使用を中止する国も多いが……
アストラゼネカ

ウイルスベクターワクチン。筋肉注射で2回接種が必要。日本政府と6000万人分を供給する契約を結んでいるが、血栓ができるリスクから使用停止する国も多数。

なんとなく意味はわかるが……ワクチンの主な種類

[生ワクチン]
[該当する病気]結核、おたふく風邪、麻疹、風疹、水痘など

病原体となるウイルスや細菌の病原性(毒性)を、症状が出ないように弱めたものを原材料として作られる。1~2回の接種で、病気にかかった場合と同じように抵抗力(免疫)ができ、さらに自然感染と同じ流れで十分な免疫を作ることができる。代表的なものにBCGと新三種混合(MMR)などがある。

[不活化ワクチン]
[該当する病気]インフルエンザ、ヒブ感染症、B型肝炎、狂犬病、日本脳炎など

病原体となるウイルスや細菌を完全に殺し、抵抗力(免疫)をつけるのに必要な成分だけを取り出して作られるワクチン。接種しても体内で細菌やウイルスは増殖しないため、その病気になることはないが、1回の接種では免疫が十分につかないため、ワクチンによって決められた回数の接種が必要。代表的なものに三種混合(DPT)やHPVがある。

[トキソイド]
[該当する病気]破傷風、ジフテリアなど

病原体となる細菌が作る毒素の毒性をなくして、毒素の免疫を作る働きだけを残して作られるもの。不活化ワクチンとほとんど同じで、また不活化ワクチンと同様に、数回接種して免疫をつける。

[mRNAワクチン]
[該当する病気]新型コロナウイルス、エボラ出血熱など

ファイザーやモデルナのもので注目を集める、新しい形のワクチン。生ワクチンや不活性化ワクチンのように、ウイルスそのものを使うのではなく、遺伝子組み換えで作られた病原体の遺伝情報(mRNA)を体に注射することで、体内で病原体のタンパク質が作られ、そのタンパク質を体が病原体と認識することで免疫ができるというシステム。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ