サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 第三次韓流ブームと美容整形の交差点【2】/顔面は現金で買える!【韓国整形】How much?
第1特集
第三次韓流ブームと美容整形の交差点【2】

週末の夜中にも即レスが返ってきた!(大丈夫か?)――実録!韓国整形外科LINEカウンセリング

+お気に入りに追加
1809_K_column02_moz_250.jpg
週末の深夜0時にもかかわらず返事をくれるザ・プラスさん。スタンプまで交えて気軽に答えてくれた。(猫の兵隊スタンプをチョイスするところ、さすが兵役のある国の人である)

「BLACK PINKみたいな顔になりたいんですけど!」そんな無茶ぶりに、果たして韓国の整形外科クリニックは答えてくれるのか? 本稿の女性ライターが実際に日本語窓口に突撃してみた!

 韓国には、LINEアカウント経由で顔写真を送ればカウンセリングをしてくれる美容整形外科があるという(ちなみに日本のクリニックでLINEカウンセリングをやっているところはほとんどない)。そこで、筆者が鼻整形を受ける想定で1週間やり取りを試してみることに。

 日本でのプロモーションも盛んに行っている「ザ・プラス美容外科」「エイペックス美容外科」「FromB美容外科」の3カ所に連絡してみると、金曜深夜にもかかわらずザ・プラス美容外科から即レスが! しかも日本語が流暢!(後で聞くと韓国人らしい)さっそく翌土曜日の朝にこちらの顔写真と、なりたい鼻の写真としてBLACK PINKのロゼの写真を送ると、昼には医師によるカウンセリング内容が送られてくる。手術時間や通院回数、提携ホテルなどの必要な情報もその日中に提示してくれる手際の良さ。施術内容は、「鷲鼻矯正」「骨切幅寄せ」「鼻孔縁下降術」で800万ウォン(約80万円)。80万円でBLACK PINKの仲間入りができると思えば安いものか。

 土曜日には、エイペックス美容外科とのやり取りも開始(担当者は恐らく日本人)。夕方、顔写真を送ると月曜日には返事が。施術内容は、「小鼻矯正」「鷲鼻矯正」で473万ウォン(約47万3000円)。50万を切るなんて……。預金残高を確認して心が揺らぎ始める。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載