サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 隠蔽された日本兵の精神障害【2】/【PTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
第1特集
隠蔽された日本兵の精神障害【2】

タクシー運転手の狂気は戦争のせい? 米兵のPTSDに迫ったアメリカ映画

+お気に入りに追加

前記事では日本兵のPTSDに焦点を当てたが、さまざまなアメリカ映画で心の傷を負った米軍兵士の姿が描かれてきた。その中でも名作と呼び得るのが、以下である。戦争の体験は、このように兵士の精神を破壊していく。
(文/編集部)

1909_P048-051_01-2_230.jpg
DVD『タクシードライバー コレクターズ・エディション』
監督:マーティン・スコセッシ/公開:1976年/価格:1410円(税別)/発売・販売:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)1976 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

単なる“中二病”映画ではない!
【1】タクシードライバー

ベトナムから戻った元海兵隊員のトラヴィス(ロバート・デ・ニーロ)。PTSDによる不眠症で定職に就けず、タクシー運転手として夜のニューヨークを流すが、歓楽街の腐敗を嘆き、孤独と怒りに苛まれていた。そんな中、大統領候補の選挙事務所に勤める女子と親しくなったが、トンデモなデートに誘ってフラれる。すると、闇ルートから銃を入手し、体を鍛え、よりトンデモな計画を企てるのだった。

1909_P048-051_02-2_230.jpg
DVD『ディア・ハンター』
監督:マイケル・チミノ/公開:1978年/価格:1500円(税別)/発売・販売:KADOKAWA
(C)1978 STUDIOCANAL

田舎町と戦場とのギャップ
【2】ディア・ハンター

60年代末、ペンシルベニア州の田舎町の製鋼所で働くマイケル、ニック、スティーヴンがベトナム戦争へ徴兵されることになり、壮行会兼スティーヴンの結婚式が開かれ、親友同士で鹿狩りを楽しんだ。そんな牧歌的光景から一転、話は悲惨な戦場へ。捕虜となった3人は、仲間相手の残酷な拷問ゲーム“ロシアン・ルーレット”を強要され、心に深い傷を負う。本作の主演もロバート・デ・ニーロ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』