サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > デタラメ情報を垂れ流し「WELQ」執筆依頼の殺し文句とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

ついに閉鎖!デタラメ情報を垂れ流し「WELQ」執筆依頼の殺し文句とは?

+お気に入りに追加
1612_welq.jpg
DeNAプレスリリースページより。

 デタラメな情報を垂れ流していた医療・健康情報サイトの「WELQ」が閉鎖され、12月7日に運営元のDeNAが謝罪会見を開いた。

 同サイトでは専門知識を持たないライターにマニュアルを渡し、ネットでかき集めた情報を加工して記事にする手法を指示していたと報じられている。そんなWELQに関する悪評が、今年の初め頃から医療系ライターの間で広がっていたというのだ。

 医療情報誌などで活躍する医療系の女性ライターが、その実態を耳打ちする。

「今年になってから編集プロダクションや知り合いのライター経由で、記事を書いてほしいというオファーが届くようになりました。執筆の際には『医療ジャーナリスト』という肩書を使うことを要求されましたが、医者や研究者でもないライターがその肩書を使うのは非常にリスクが高いですし、ギャラも安かったのでお断りしました。どうやら医療系ライターには手当たり次第に声をかけていたようで、殺し文句は『顔出ししてもいい』というもの。駆け出しのライターさんなら顔を売るチャンスだと思って飛びつく人もいたかもしれません」

 医療ジャーナリストの肩書を使った場合、その記事が原因で健康被害が発生した場合、ライター自身が訴訟リスクを負うことになりかねない。WELQの記事には必ず「当社はこの記事について責任を負うものではありません」といった注釈が入っており、記事の責任を執筆者に丸投げする姿勢だったが、執筆依頼の時点ですでに責任を回避する気マンマンだったわけである。

「医療系の記事では必ず専門家の監修を付けるのが常識。たとえ私が得意とする分野であっても、編集者さんのほうで専門家のチェックを通してくれるものです。それが当たり前だと思っていたので、監修なしの記事を依頼してくることに驚きましたね。だから、ほとんどの医療ライターはWELQのことを苦々しく思っていたんです」(前出・医療系ライター)

 記事の執筆者に“医療ジャーナリスト”を名乗らせることで、専門家による監修を装うつもりだったのか。サイト本体はすでに閉鎖されたものの、WELQには執筆依頼の過程を明らかにする義務があるはずだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』