サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【医療観察法】の知られざる実態

――精神科に通院歴のある犯罪者が裁かれるたびに「責任能力」の有無が問題となるが、触法精神障害者を対象とした医療観察法という法律が成立して今年で17年たつことは、どれだけの人が知っているだろうか? 「刑罰のタブー」と言えるこの処遇をめぐる深い闇とは――。

2002_seisinsyougaisya_200.jpg
『精神障害者をどう裁くか』(光文社新書)

 2019年12月5日。東京高裁で、ペルー国籍の34歳の男性に無期懲役の判決が言い渡された。15年、埼玉県熊谷市で6人を相次いで殺害したナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告。一審のさいたま地裁の裁判員裁判では、死刑判決が下されていながら、高裁では被告は事件当時統合失調症による被害妄想の影響で責任能力が著しく欠けた心神耗弱状態だったと認定し、減刑を行ったのだ。

 この判決を聞いて、事件によって妻子3人をなくした男性は、「やりきれないし、納得がいかない」「家族にどう報告したらいいのか……生きる気力がなくなったというのが今の気持ちです」と会見で悲痛な胸の内を語った。12月19日、東京高検は上告しないことを明らかにし、被告が死刑にならないことは確定となった。

 家族を殺されながら、犯人が精神障害だったという理由で減刑、あるいは無罪になる――。被害者の家族としては、納得できないのは当然だろう。犯罪を行った精神障害者、いわゆる触法精神障害者の問題は、市井の会話ではもちろん、マスコミも避けて通ることの多い、いわばタブー中のタブーと言える。

 触法精神障害者というテーマは、なぜそこまでにタブー性が強いのか。『精神障害者をどう裁くか』(光文社新書)などの著書もある、精神科医の岩波明氏は、次のように語る。

「もともと精神疾患、特に統合失調症については古くからタブー視されてきた歴史がある中で、犯罪となるとより偏見が強くなる。さらに、精神障害者の犯罪となるとその時点で報道がストップしたり、犯人の名前が出なくなったりするので、議論を行う余地もなくなってしまう。偏見が強い上に議論自体ができなくなるということが、触法精神障害者をめぐるタブー性を強めているのではないでしょうか」

 そもそも、精神障害者の罪が無罪になったり減刑されるのは、刑法39条の規定に基づいている。そこには、このように書かれているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』